映画『君と100回目の恋』 miwa、坂口健太郎に寄り添う胸キュンポスタービジュアル解禁!

10代を中心に男女問わず圧倒的な支持を得る時代を繋ぐシンガーソングライター・miwaと、映画『ヒロイン失格』・NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など話題作への出演が続く今最も注目される俳優・坂口健太郎のW主演で贈る、歌姫と一途男子のオリジナル恋愛映画『君と100回目の恋』(2017年2月4日公開)。この度、コミュニケーションディレクター/アートディレクターとして活躍する森本千絵がデザインを手掛けた、胸キュンなポスタービジュアルが本日解禁!

本作は、miwa演じる大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、坂口健太郎演じる幼なじみの陸(りく)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした一途男子を坂口が、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女をmiwaが演じる。また脇を固めるのは、葵海や陸と同じ大学に通い一緒に組むバンド内でベースを担当する松田直哉役に竜星涼、ドラムを担当し仲間内でのムードメーカーでもある中村鉄太役に泉澤祐希、葵海の親友・相良里奈役に真野恵里菜、幼い頃から二人を見守ってきた陸の伯父・長谷川俊太郎役には、田辺誠一。W主演の二人に呼応する、フレッシュなキャストたちの化学反応が期待される。

今回解禁されたのは、夢もバンド活動も恋も、何事にも一生懸命に真っ直ぐに挑む葵海が、完璧でクールに見えながら、葵海の運命を変えるためにタイムリープを繰り返す一途男子・陸に寄り添う、胸キュンなポスタービジュアル。写真は、本作の撮影地でもある岡山・牛窓にて撮影。

1014_03

撮影期間中に1日だけあった撮休日に1日かけて撮り下ろされた。「あなたを好きになる。たとえ、どんな運命でもー。」という葵海は、運命に身をゆだねるかのようにそっと陸に寄り添うが、「君を守る。何度、時を巻き戻してもー。」という坂口からは運命を変えようとする確固たる意志が伝わる。愛する彼女の悲しい運命を変えようとした彼と、愛する彼の未来を守ろうとした彼女。時を駆け巡りながら究極にお互いを想いあう二人の姿に、感涙必須のラブストーリーを予感させる。

また、映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」も始動中。「週刊ヤングジャンプ」にて、同タイトルの漫画「君と100回目の恋」(原作:Chocolate Records構成:イナバセリ 漫画:よしづきくみち)も大人気連載中。秋以降には、集英社オレンジ文庫にて、本作の関連小説の出版も決定。miwaがボーカル、坂口がギターを担当する劇中バンドThe Stroboscorp(ザストロボスコープ)の楽曲はじめ、音楽での様々な展開も予定されている。

映画『君と100回目の恋』は、2017年2月4日(土)ロードショー!

映画『君と100回目の恋』

ストーリー
彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女―。
歌姫と一途男子が奏でるラブソングに感涙!時をかけめぐる純愛映画。
7月31日の誕生日。うまくいかなかったライブの帰り道。大学生の葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は大学の教室にいた。日付は事故から1週間前、7月24日―。動揺する葵海に、陸は告げる。自分が葵海の運命を変えるために、時を巻き戻したのだと。想いが通じ合った二人は幸せな日々を送るが、葵海の運命を変えるためのタイムリープには、陸の重大な秘密が隠されていた―。

出演:miwa 坂口健太郎 竜星涼 真野恵里菜 泉澤祐希 太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』 「1リットルの涙」)
製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース
(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る