第一回 日本舞踊 未来座「賽=SAI=」公開舞台稽古囲み取材に、松本錦升(市川染五郎)・中村梅彌 登壇!

14日(水)、松本錦升(市川染五郎)出演作品 第一回 日本舞踊 未来座「賽=SAI=」公開舞台稽古が行われ、囲み取材に市川染五郎、「水ものがたり」の演出を担当した中村流八代目家元・中村 梅彌の二人が囲み取材に答えた。

日本舞踊協会の3年ぶりの新作上演となる、新たなシリーズの第1弾、日本舞踊未来座『賽 SAI』は、日本舞踊への固定概念を打破すべく、松本錦升(市川染五郎)をはじめとする第一線で活躍する日本舞踊家たちが三津五郎の遺志を継ぎ、新たなシリーズを立ち上げた。

IMG_9840

今回は「未来座」と銘打ち、楽しく、解りやすい、しかしながら伝統をしっかりと継承した作品に仕上がっている。今回の『賽=SAI=』では、“水”をテーマに4つの演目を上演。古典楽器による音楽に、現代語の唄で踊る「水ものがたり」、

IMG_9631

古典を新演出で作られた「女人角田~たゆたふ~」、
IMG_9886

踊り手たちが猫に扮し、津軽三味線・上妻宏光の音楽で踊る「当世うき世猫」、
IMG_9999

市川染五郎が演出・振付・出演という一人で三役担う、“はにわオールスターズ”の仙波清彦氏による音楽で激しく踊る「擽-くすぐり-」を上演する。
IMG_0194

演目の一つ目「水ものがたり」を演出を担当した中村梅彌は「3年ぶり公演で、みんな満を持して稽古しています。色んな色合いのものが作品になっていますので是非ご覧いただいきたいと思います。『賽』というのは、「革新と伝統」を両方織り交ぜてこれから、作品のテーマでもあるように水が流れるように日本舞踊が永遠に続くようにと願いがこもっています。」とコメント。

IMG_9819

松本錦升(市川染五郎)は、「『未来座』は、日本舞踊の古典をしっかり継承してく、そして一方では新しい可能性を探っていくという両輪でやっていくのが大きな柱となっています。色々な可能性、進化があるのではないかとチャレンジしていく公演となっています。」と意気込みを語った。

松本錦升(市川染五郎)の演技について中村梅彌は、「絵本を観るよう名作品にしたいと思っています。それに出てくるヒーローで、また、綺麗な男性ですし、みなさんに喜んでいただける作品になっていると思います。」と自信の笑みを見せた。

IMG_9801

中村梅彌のコメントを受け、松本錦升(市川染五郎)は、「舞踊劇ですので、身体で全て演技するというのが多かったですので、そういう面白さがありました。ファンタジーの世界ですので自分自身がなりきる「いい男」になっています。」と答えた。また、普段の歌舞伎と比べて言葉を発しない舞踊劇についてたずねられると、「色々な表現の仕方があると思いますが、舞踊劇の武器と言うのは踊りで全てが進められます。言葉では一瞬で終わる言葉も感情を膨らませることができます。言葉だけではなく色んな方に楽しんでいただける可能性がある改めて感じました。」とコメント。続けて「今回、4つの作品の中の「擽-くすぐり-」という作品の演出と公演をやるにあたっての演出をやらせていただきました。「擽-くすぐり-」という作品では、台本を書いて、演出をして出演させていただきました。また、梅彌ねぇさんの作品にも「いい男」で出演させていただいています。(笑)どんだけ出たがりかって感じですが楽しいです。」と語った。

IMG_9745

今後、第二回、第三回公演に妹の松たか子等の出演の可能性をたずねらると、松本錦升(市川染五郎)は、「ないとは言えないですね。日本舞踊協会の会員ですので、ないとは言えないないです。」とコメント。これに続けて中村梅彌は「勘九郎達は協会員でないので、弟の福助は会員なので、出させていただけばと思います。」と語り、弟・中村福助さんのか近況について「一生懸命毎日リハビリをしております。一日でも早く皆様にお目にかかれるよう楽しみにしております。ありがとうございます。」と語り、記者陣に頭を下げた。

最後に本公演に対する意気込みをたずねられ、松本錦升(市川染五郎)は「第一回目ではりますが、一回目が成功するかで二回目、三回目があるかを判断されますので、とにかくこの公演で結果を出したいです。また、この公演で四色の新しい日本舞踊が完成したと思っています。日本舞踊をご存知の方には新しい日本舞踊をご覧いただきたいですし、まだ、日本舞踊をご存知ない方にも感覚的に観ていただける作品になっていると思いますので是非、みなさん足を運んでいただきたいと思います。」と呼びかけ、中村梅彌は「4種類違った作品がありますので、私はこれが好き、私はこれが苦手好きとみなさん色々なお気持ちがあると思いますが、こんなにバリエーションのある日本舞踊というものを是非観ていただきたいです。若い方で一度も観ていらっしゃらない方は損すると思いますので是非この機会に日本舞踊観ていただけたらと思います。」と笑顔で呼びかけた。

IMG_0181

日本舞踊未来座『賽 SAI』は、6月15日(木)~18日(日)国立劇場小劇場にて絶賛上演中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る