川島海荷、テレ東SPドラマ「琥珀」で工藤阿須加と初共演。

朝の人気情報番組『ZIP!』で総合司会も務める、川島海荷が、蜃気楼の町・魚津(富山県)で繰り広げられる人生模様を描く、浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』(テレビ東京系)に出演することが明らかになった。

同作は、浅田次郎原作のドラマ最新作で、主演・西田敏行演じる定年間近の刑事・米田勝己と、西田と同年齢である寺尾聰演じる殺人逃亡犯・荒井敏男を中心に、サスペンスフルな展開が時に切なく迫る、大人のヒューマンドラマ。

川島海荷は、町の田舎の洋品店の店員で、仕入れなどを任されているしっかり者・敦美を演じる。工藤阿須加演じる、魚津の交番勤務の巡査で、地元を愛する好青年・依田悟志の恋人役。

2人は珈琲が苦手にも関わらず、噂の広がりが早い、この小さな町・魚津で堂々と会えるのはここだけと、殺人逃亡犯・荒井(寺尾聰)が店主を務める喫茶店「琥珀」でデートを重ねる、喫茶店と店主の荒井を敬愛してやまない可愛いカップル。

今作は川島と工藤の初共演作。熟年の世界とは対照的な無邪気な2人の存在がドラマにアクセントを施す。

川島は、本作について「西田さんと久しぶりの共演でとても嬉しかったです。優しく話しかけてくださって、空き時間にはところてんを工藤さんと3人で一緒に食べながら談笑したりしました。私、そのときが人生で初めてのところてんだったんです!美味しかったです!「琥珀」は、このドラマ独特の空気感があるなぁと思います。その雰囲気に馴染むような子でいられるように意識しました。時間がゆったり流れているような気もするし、都会とは違う素朴な部分を持っていたり、普段とはちょっとずつ全部が違った気がします。魚津でのロケは、とても充実していて、空気も気持ちよく最高でした。美味しいものもあって、蜃気楼も見ることができて、堪能しました。初共演の工藤さんは、常に自然体な方だなと思いました。そのおかげで、私もリラックスすることができました。なんだか初めてお会いした感じがせず、すごく馴れ馴れしく喋ってしまった気がします。過去から目を背けているということは、今と向き合えていなかったり、そんな中での人の心の葛藤が、この静かなドラマに隠されていると思います。そして、人間関係の奥深さ、ぜひ感じてほしいです。」とコメント。

“蜃気楼”で有名な北陸・魚津を舞台に、不器用な大人たちが織りなす、心に迫るヒューマンドラマ『琥珀』は、9月15日(金)夜9時より放送。

詳細は、スペシャルドラマ『琥珀』公式サイトへ

浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』
http://www.tv-tokyo.co.jp/kohaku/
放送予定:2017年9月15日(金)夜9時〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る