演劇集団・演人の夜 第2回公演「イツモノコト」 出演!てるてるさんインタビュー

劇団K助presents「ドブ恋」シリーズ常連出演のてるてるさんが、8/12 より笹塚ファクトリーにて、金子健太朗さん主宰、演劇集団・演人の夜 第2回公演「イツモノコト」初日を迎える。物語は、児童自立支援施設を舞台に愛情、躾の是非を問う作品。現在舞台稽古真っ最中、また、8月15日には、自身の誕生日。今年は誕生日を舞台で迎えられ、役者冥利につきると意気込むてるてるさんに、舞台「イツモノコト」についてのお話をうかがいました。

—てるてるさん、ご出演おめでとうございます。今回は、大変シリアスな作品ということですが、どんな役どころでいらっしゃいますか。

今回は、出演の升望さんのお母さん役ということで、升さんとのからみも多い役どころです。一緒に芝居をやっていく上では、凄いやりやすいです。実際の芝居に入る前に、こうやっていこうと思うみたいな、お互いの演劇プランの探り合いみたいなところが、最初のうちはあるのですが、芝居の呼吸が、とにかく凄いやりやすい方で、主宰の金子賢太朗さんが、升望さんに主役をお願いしたかった意図のわかる素敵な女優さんです。

IMG_3243

—てるてるさんは、主宰の金子賢太朗さんの作品は、初出演ですか?

はい、そもそもの出演のきっかけは、「ドブ恋」の舞台を金子賢太朗さんが観にいらしていて、今回の作品「イツモノコト」への出演オファーをいただきました。実際に、自分の芝居を観ていただいてのオファーだったので、本当にありがたかったです。今までコミカルな役どころのボケ役が多かったので、初のシリアスな作品になります。

—新境地の開拓ですね。そこがみどころでもいらっしゃいますよね。

はい。私を知っている方には、きっと、出てきた瞬間に、「あっ、出てきた!」みたいに笑ってしまうかもしれませんが、そこから後は、180度、印象を変えてみせますので、是非、楽しみにしていらしてください!みなさんの見終わった後の作品に対する意見、また、笑いの一切ない私の演技をみていただいた感想を聞くのを、今からとても楽しみにしています!もちろん、私の芝居を初めてみた方も、ロビーに出ておりますので、気軽に声をかけてください!よろしくお願いします!

演劇集団・演人の夜 第2回公演「イツモノコト」は、2015/08/12(水) ~ 2015/08/16(日) 笹塚ファクトリーにて、全9公演。

0812_F0812_B

詳細は、劇団公式サイトへ
http://ameblo.jp/enjinnoyoru/

演劇集団・演人の夜
第2回本公演
『イツモノコト』あのときの答えは間違っていた。
最良の選択はなかったかもしれない。
けれども私の選択は明らかに誤答だった。
この子達には私と同じ未来を歩んでほしくない。
黒く汚れたキャンパスにはどんなに色を塗りたくっても永遠に一枚の絵として完成されないのだから。ほら、また聞こえてきた。「あいつは親殺しだ」児童自立支援施設を舞台に愛情、躾の是非を問う演人の夜第2回公演。
●会場
笹塚ファクトリー
(〒151-0073 渋谷区笹塚1-56-7 京王笹塚ビルB2)

●日時
2015年8月12日(水)19:00
13日(木)14:00★/19:00
14日(金)16:00★/19:30
15日(土)14:00/19:00
16日(日)11:00/16:00

●料金
前売 3300円
学割 3000円
★平日昼割 3000円
当日 3500円

●キャスト
升 望(プロ・フィット)
升野紗綾香
庄田侑右(翼クリエイト)
雪乃 唯(Cadis Entertaiment)てるてる
たちばなことね
寺島八雲(芝居企画TECALL)
清水敏夫
村木華子
来栖 愛
松葉聖奈(シーグリーン)

三浦仁(劇団畝傍座)
伊藤亮太(メディアゲート)
畠山さやか
伊藤 涼(ワイスプロダクション)
早美林紅(aniworks/劇団超ダッシ)
琉嘉稀 鞘(Still Wood Garden)

●スタッフ
作・演出 金子賢太朗
演出助手 吉沢在玉
舞台監督 木原 歩(StagingTeam Spirytus)
照明 今中一成
音響 天風歩斗
美術 はじり孝奈(obbligato)
宣伝美術 高見 綾(ayasui)
制作 佐藤りお
制作補 わっさん
企画・製作 演劇集団・演人の夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る