1800人が来場!平間壮一さん 初写真集 「平間壮一1st PHOTO BOOK『♯』刊行記念握手会開催!

IMG_8906

29日(日)、東京・福家書店新宿サブナード店で、ミュージカル『レディ・ベス』『オーシャンズ11』『RENT』で活躍の人気若手俳優の平間壮一さんが、初写真集「平間壮一1st PHOTO BOOK『♯(シャープ)』刊行記念握手会」を開催。会場には、写真集購入者1800人のファンが来場、初写真集発売の喜びを熱い握手でファンとわかちあった。

IMG_8908

本作の撮影は、今秋、東京とニューヨークで慣行。

平間壮一 1st PHOTO BOOK『#』
ワニブックス刊
平間壮一写真集『#』
得意分野とするダンスシーンや自然体で飾らない姿はもちろんのこと、写真集ならでは、肉体美のセクシーショットにも挑戦。平間壮一さん自身も見たことのない自分にチャレンジしたという意欲作。

hirama_002

また、生い立ちや、恋愛観、現在の想いなどを語ったロングインタビューも収録。オリジナル映像45分のDVDに特大[A2] 版も付いた豪華仕様。

hirama_004

PRE☆STAGEでは、同日、会場で行われた平間壮一さん囲み記者会見の様子をお届けします!

IMG_8896

—1st 写真集、出来上がりましたがいかがですか?

平間壮一さん
「そうですね。今日みたいな機会をいただけると「こんなにいい物ができたんだなぁ」と、後は、「自分の写真集がついにできるんだ」っていう嬉しさと楽しさとで、今、いい事しか思い浮かばないですね。」

—写真集のタイトルの『♯(シャープ)』にはどういう意味があるのですか。

平間壮一さん
「音楽の楽譜で言うと、半音1つ上げるって意味があることから、自分も稽古とか日々取り組んでる中で一歩ずつ、少しでもやって行こうって意味を込めてこれにしました。」

—お気に入りの写真のところを是非、見せていただきたいのですが。

平間壮一さん
「スケートボートのあたりですね。自然な感じで、一番自分に近い感じがするんです。普段、こういうスケボー乗ってたりとかするんですよ。写真集のものは自分の物ではないのですが、本当に同じ型のもの持ってるんです。いつもこれに乗ってその辺にいます。」(笑)

【お気に入りショット(1)】
hirama_003

「後、N.Y.の(地下鉄でジャンプしているショットを指して)これかな。飛んだ瞬間を撮ってもらいました。これ、電車の駅のホームなんですけど、たまたま人が通ってないところがあって、跳ばしてもらいました。」

【お気に入りショット(2)】
hirama_001

【お気に入りショット(3)】
「後は、幼馴染の青柳塁斗くんが写りこんでいるちっちゃい頃の写真ですかね。これ、塁斗って書いておいて欲しかったですね。」

—結構、モノクロでカッコイイ感じになっていると思うのですが、いつもの感じとは違って、ファンの方も喜んでくれるのでは? 今日は、1800人いらっしゃるんですよね。どんなお気持ちですか?

平間壮一さん
「今は、本当に来て下さって、プラスに考えられるんですけど、作るってなった時に、自分が、自分の写真集を見ても癒しでもなんでもないじゃないですか。」(会場笑)「でも、これを見て、みなさんの支えになれたり、これを見て、辛い時に、辛い事を失くせたりしたら嬉しいですし、写真集を欲しいと思って下さる方がこんなにいて下さって、本当によかったなぁと思っています。後は・・・本当に嬉しいです。」

—N.Y.のシーンは、モノクロが多くて、若干もったいないような気がしますが、これは意図とされていることがありますか。

平間壮一さん
「もったいないですね。意図されてるんでしょうかね。多分、これから大きな作品とかに出させていただく時に、大人っぽかったりとか今までのやんちゃな少年ってところをちょっとずつでも、大人の壮一を見せれるように、頑張っていきたいって想いから大人っぽくしたかったんです。だから白黒なんだと思います。」

—あえて、色はつけずに、何色でも染まりますみたいな感じで?

平間壮一さん
「ぐらいな感じで。(笑)カラーの写真もすごく良かったんですよ。本当に本当に良かったですよ。ここの木々の緑とかも綺麗なN.Y.ならではの風景とかあるんですけど、十分色がなくても絵になる光景で、本当にN.Y.で撮れて良かったなと思います。」

—この写真集出やりたかったことはありますか。

平間壮一さん
「踊りとかやりたいってもちろん言ったんですけど、「写真集作るから、こういうのも撮りましょう」って言う話になって、「これは(セクシーショット)、俺じゃないでしょって。」(会場笑)「話になってたんです。っていうか、俺自身が恥ずかしがっちゃって。(苦笑)でも、挑戦しなきゃっていうのがあって、これが一番挑戦でした。それが、今、こういう素敵な写真集という形になって本当に感謝しています。」

平間壮一さん
「これ(カラフルなニットでのショット)とは楽しくやってますね。」

平間壮一さん
「このシーン(シャワーシーン)が一番緊張しましたもん。「じゃぁ、次、シャワー行きますか?」になった時、「できるかなぁ・・・」って。」(会場笑)「これで、「壮一やっぱダメだねぇー」って言われたらどうしようかなぁって。」(会場笑)

—パンプアップとかやりましたか?

平間壮一さん
「やりました!やってる人聞くよなぁと思いましてやっときました。」(笑)

—カメラマンさんとのコミニュケーションとかは?

平間壮一さん
「いっぱいしたと思います。以前、お世話になったカメラマンの方で、「じゃぁ、今日は、休日で、ゆっくりした感じで撮ろうか」って感じで撮れたんで、ただの写真じゃなくなった感じがして良かったです。」

—腹筋が凄かったのですが、写真集の為に準備とかしましたか?

平間壮一さん
「普段踊ってて、自然とこんな感じなんですよ。だから、写真を撮る前にちょっとやっただけなんですよ。」

—鍛えた成果が凄いですよね。

平間壮一さん
「いやいやいや。何にもしてないです。」(笑)

—ご家族のみなさんからの感想はいかがでしたか。

IMG_8977_00

平間壮一さん
「お母ちゃんは、もう、何でもいいっていってくれるタイプのお母さんなんですけど、喜んでました。こう小学校4年生からダンスとか色々こういう世界でやりたいって言ってたのを一番よく知ってくれているので「壮一が、写真集なんか出す子になったの?!」って一番お母さんが驚いていたと思います。」

—もし、この写真集ですが、自分で点数をつけるとしたら何点ですか?

平間壮一さん
「あーいいですか?180点!本当に、何回も何回も出すつもりではやれてなくて、今回で出させてもらうのを大事に、今あるものは全部を出し切った感じです。これからまた、色んなものを吸収して、次にまた、出せるって時になった時に、まったく違うような「こんな表情が出せるようになったんだ」ってものが出せたらいいなっと思っています。」

—今回DVDも45分で豪華なものだと思うんですけど、主にメイキング入ってる感じですか。

平間壮一さん
「はい。素を出しすぎてヤバイ。」(会場笑)

—見どころ的にはいかがですか。

平間壮一さん
「やっぱり踊ってるところとかじゃないですかね。あの動きが(写真集で)こうなったみたいなところが、見て欲しいなって思います。」

—今回、N.Y.で撮影されていますが、ロケ中の思い出はありますか。

平間壮一さん
「現地の方が、「何やってるんだ?一緒に撮ろうぜ!」みたいな。」(会場笑)「さすが、N.Y.だなぁと思いながら、緊張もしたんですけど、スタッフ陣がみんな現地で活躍している日本人の方で、「N.Y.ではこうやって撮るんだよ」とか、「もっと、こういうポーズしたら、こっちの人はこういう風にやるんだよ」とか、「日本では割とこういうポーズする俺カッコイイなんとかとかやるけど、こっちではわりと変な顔っていうか、キメとかでなくても絵になるから」って教えてもらったりとか、場所とか、その時の空気、天気とかも考えて、写真とか撮られるんだって、めっちゃ勉強になりました。」

—N.Y.では、何か舞台は観ましたか?

平間壮一さん
「観ました。『キンキーブーツ』とか観に行ったりとか、後は主にダンスレッスンをずっと。1日1回は受けるようにしてやってました。」

—N.Y.で鍛えられたわけですね。

平間壮一さん
「英語しゃべれないんで、ボディランゲージで日本語と身体で。(笑)ただ。怖かったぁ。」(会場笑)

—撮影時期は今秋ですか?

平間壮一さん
「はい。日付はちょっと覚えてないんですけど、東京、N.Yとも1日で撮りました。」

—写真集の見どころをファンのみなさんに言うとしたら。

平間壮一さん
「セクシーショットもそうなんですが、本当に全部入ってるんですよ。素の感じもあり、キメてるのもあり、なかなか何年か前までは決めた顔が恥ずかったりとか、こんな自分撮ってもなぁって気持ちがあったんですが、割と自然のまま、何かの役になるというわけでもなく、「平間壮一」のまま入れた気がするんで、「あっ、普段こういう顔するんだ。」とか、「一部、「これは、ないなぁ」ってのもありますけどね。」(会場爆笑)「インタビューとかも嘘なく本当にしゃべったので、そういうところも見てもらえたらいっぱいわかってもらえると思います。すごい「平間壮一」がわかる写真集になったと思っています。」

—第二弾があるとしたら次は、どんな写真集がいいですか。

平間壮一さん
「もっと撮ってみたかったのと思うのは、向こうの人達と踊ってる姿とか、ダンススクールに通ってる姿とかも撮れたらよかったねっていう話はしたんで、もうちょいダンス系、自分がどんな風にパフォーマンスに向き合って、生きてるっていうのを撮れたらいいと思います。」

平間壮一 1st PHOTO BOOK『#』は、ワニブックス刊より絶賛発売中!

詳細は、各公式サイトへ

平間壮一 1st PHOTO BOOK『#』ワニブックス刊
https://www.wani.co.jp/event.php?id=4878

平間 壮一 – アミューズ オフィシャル ウェブサイト
http://artist.amuse.co.jp/artist/hirama_soichi/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る