綾野剛×白石和彌監督 映画『日本で一番悪い奴​ら』ポスタービジュアル&特別映像本日解禁!

やらせ捜査が発覚し「日本警察史上、最大の不祥事」といわれる実際の事件を題材に、警察へ忠誠を誓いすぎた男の歪んだ正義が暴走する激ヤバエンターテインメント『日本で一番悪い奴ら』。本作のポスタービジュアル、さらに、映画コメンテーター赤ペン瀧川が解説する特別映像が本日解禁となった。

ポスタービジュアルでは、制服に身を包み手錠を掴む綾野剛。己の信じる正義を貫きとおす警察官の強固な意思を感じるが、特別映像ではインパクト大な<悪>顔を披露。綾野は、北海道警察本部の刑事・諸星のたどった26年を演じきり、年齢にあわせて体重を10キロ増減させるなど、外見も大きく変貌させながら己の信じる正義を貫きとおすアンチ・ヒーローを誕生させた。

さらに、異色の犯罪チーム“チーム日悪”のヤバさにも注目。

nichiwaru_B5_flyer_H4_OK_0119_ol
諸星の捜査協力者で“S”と呼ばれる裏社会のスパイを演じるのは、中村獅童、YOUNGDAIS、お笑い芸人デニスの植野行雄。中村は、実録ヤクザ映画の登場人物と思わせる強面と優形を併せ持つヤクザを怪演。諸星に心酔し、献身的に仕える“S”に扮するYOUNG DAISは絶妙の舎弟感で寄り添う。うってつけの適役とすでに絶賛と爆笑を集めているのが、盗難車バイヤーのパキスタン人に扮する植野行雄。そして、先輩刑事役のピエール瀧が、不敵な笑みで諸星が悪に手を汚すきっかけを与えるキーパーソンを演じる。

原作は、稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)。服役後の本人による著書がベースとなっている。

映画『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日(土)より全国公開!!
詳細は、映画『日本で一番悪い奴ら』公式サイトへ

【STORY】
日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?
大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、“S”(“エス”=スパイ)をつくれ。」というものであった。村井に言われた通り裏社会の“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが――。

映画『日本で一番悪い奴ら』
監督:白石和彌  脚本:池上純哉  音楽:安川午朗
出演:綾野剛 ・ YOUNG DAIS 植野行雄(デニス)  ピエール瀧
配給:東映・日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 企画協力:フラミンゴ
製作:『日本で一番悪い奴ら』製作委員会(日活 東映 木下グループ カルチュア・エンタテインメント ぴあ GYAO ポニーキャニオンエンタープライズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る