主演:松本潤 × ヒロイン:有村架純 × 監督:行定勲 禁断の純愛物語、「ナラタージュ」 映画化!

累計発行部数35万部、2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝き、第18回山本周五郎賞候補にも選ばれるた島本理生(しまもとりお)恋愛小説「ナラタージュ」が、松本潤、有村架純出演、行定勲監督で待望の映画化されることが明らかになった。二人は行定監督とは共に初タッグ、映画初共演。恋愛映画史上最大のセンセーションともいえる、3人が織りなす化学反応が期待される。本作は7月初旬にクランクイン。劇場公開は2017年秋予定。

原作は、第25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本理生(しまもとりお)が、20歳の若さで執筆。狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちる二人を描いた恋愛小説「ナラタージュ」。

“ナラタージュ”(映画や演劇において人物の語りや回想によって過去を再現する手法)というタイトルの意味通り、ヒロインの回想によって構築されたこの小説は、スキャンダラスな内容ながらその文芸的評価も高く、第18回山本周五郎賞候補にも選ばれ、発売当時の文学界に大きな衝撃を与えた作品。

narratage_bunko_s

発売から11年。原作に出会ってから長年にわたり映画化を熱望し、企画・構想を温めてきた、行定勲監督(『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』)によって、満を持しての映画化が実現した。

物語は、高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる―。眩いばかりのふたりの想いが放つ光と、思いあうほどに濃くなる純愛の陰影を、同時に紡ぎ出す。

主人公:葉山貴司(はやま たかし)役には、高視聴率をたたき出したドラマ「99.9 -刑事事件専門弁護士―」松本潤(まつもと じゅん)。『花より男子F』や『陽だまりの彼女』など、これまでの恋愛映画で見せてきたまっすぐな青年役とは違う、許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山を演じる。

葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉(くどう いずみ)役には、『映画 ビリギャル』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を受賞し、2017年にはNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の主演にも選ばれた有村架純(ありむら かすみ)。

キャストコメントは以下のとおり。

葉山貴司(はやま たかし)役: 松本潤(まつもと じゅん)

「僕が君を必要としていたのは本当で――君が僕を救ってくれたんだ」

社会科の高校教師で演劇部の顧問。学校になじめない泉を演劇部に誘う。生徒思いだが、ある過去の出来事によって、逃れられない影を背負っている。

松本潤 コメント:行定監督がこの映画で描きたいと仰ったテーマに強く共鳴し、ただいま撮影に参加させてもらっています。恋愛というのは、感じ方や受け取り方が人それぞれ違うモノだと思います。でも人の心が人の心を動かす瞬間は誰もが共感してもらえるモノだと信じています。有村さんと一緒に、清らかであるのと同じ程、苦しい心模様を表現していきたいです。キャスト含む、全スタッフ一丸となって頑張ります。

PROFILE: 1983年8月30日生まれ。東京都出身。嵐のメンバーとして、音楽・テレビ・舞台・映画・CM と多方面に活躍。2001年「金田一少年の事件簿」(NTV)でテレビドラマ初主演。その後も「ごくせん」(02/NTV)、など話題のドラマに出演。「花より男子」(05/TBS)、「花より男子2(リターンズ)」(07/TBS)は社会現象になるほどの大ヒットとなった。そのほかのテレビドラマの代表作は、「きみはペット」(03/TBS)「バンビ~ノ!」(07/NTV)、「ラッキーセブン」(12/CX)、「99.9-刑事事件専門弁護士-」(16/TBS)。映画の代表作に『東京タワー』(04/源孝志監督)、『僕は妹に恋をする』(07/安藤尋監督)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(08/樋口真嗣監督)、『花より男子ファイナル』(08/石井康晴監督)、『陽だまりの彼女』(13/三木孝浩監督)などがある。映画出演は2年振りとなる。

工藤泉(くどう いずみ)役: 有村架純(ありむら かすみ)
「先生、私には、あなたでした。居場所のなかった私を、救ってくれたのは、あなただったんです。」

孤独に苛まれていた高校生活を、葉山によって救われる。大学進学後、葉山からの誘いにより、後輩の卒業公演に参加することに。再会によって、忘れようとしていた葉山への想いが抑えられなくなる。

有村架純 コメント:映画「ナラタージュ」に出演させていただく事が決まり、出演が決まってからとても楽しみにしていました。新しい環境での撮影に「刺激的な夏になる」と感じております。この作品は普遍的な愛を描いていきます。大人とか子供とか関係なく一人の女性として一人の男性に愛を注いでいくのですがそのとても繊細な恋愛模様を大切に大切に演じていきたいと思います。観終わった後に皆さんの心に何か残せるよう、キャスト、スタッフ皆で精一杯頑張ります。

PROFILE:1993年生まれ。兵庫県出身。2010年に女優デビュー。主な出演作は、ドラマでは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13/NHK)、主演を果たした「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16/CX)

映画では、『阪急電車~片道15分の奇跡~』(11/三宅喜重監督)、『JUDGE/ジャッジ』(13/古波津陽監督)、『女子―ズ』(14/福田雄一監督)、『思い出のマーニー』(14/米林宏昌監督)、『ストロボ・エッジ』(15)など。『映画 ビリギャル』(15/土井裕泰監督)で、第58回ブルーリボン賞主演女優賞、第39回 日本アカデミー賞優秀主演女優賞、新人俳優賞をダブル受賞した。2016年は、『僕だけがいない街』(平川雄一郎監督)、『アイアムアヒーロー』(佐藤信介監督)、『夏美のホタル』(廣木隆一監督)、『何者』(三浦大輔監督)が公開。また、2017年にはNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の主演を務める。

監督:行定勲(ゆきさだ いさお)

心憂い男と女の深淵を描いた島本理生さんの原作小説を手にして十年、念願の企画が始動します。不確かな愛に揺れる二人を松本潤さんと有村架純さんに狂おしく演じてもらうことに私自身、胸が高鳴ります。恋することがこんなに辛いのならしなければよかったと思えるような、恋愛映画の金字塔を目指してスタッフ・キャスト一丸となって挑みたいと思います。

PROFILE:1968年生まれ、熊本県出身。2000年、監督2作目の『ひまわり』が、第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、演出力のある新鋭として期待を集め、01年『GO』では、第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞を始め、数々の映画賞を総なめにし、一躍脚光を浴びる。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』は社会現象となり観客動員620万人、興行収入85億円の大ヒットを記録し、ヒットメーカーとなる。以降、『北の零年』(05)、『春の雪』(05)、『クローズド・ノート』(07)、『今度は愛妻家』(10)、『パレード』(10/第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門・国際批評家連盟賞受賞)、釜山国際映画祭のプロジェクトで製作されたオムニバス映画『カメリア』の中の一作『kamome』(11)を監督し話題となった。近年も『円卓 こっこひと夏のいまじん』(14) 、日中合同作品『真夜中の五分前』(15)、16年は『ピンクとグレー』など、精力的に作品を製作しつづけている。また、「フールフォアラブ」(07)、「パレード」(12)、「趣味の部屋」(15)等の舞台演出も手掛け、「ブエノスアイレス午前零時」(14・15)、「タンゴ・冬の終わりに」(15)で、第18回千田是也賞を受賞するなど、多岐に渡って活躍中である。

ストーリー

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。

葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。

やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

原作者:島本理生(しまもと りお)
1983年生まれ、東京都出身。1998年、「ヨル」で「鳩よ!」掌編小説コンクール第二期10月号当選(年間MVP受賞)。高校在学中の2001年に「シルエット」で第44回群像新人文学賞優秀作を受賞。03年、第128回芥川賞候補となった『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞を同賞史上最年少受賞。15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞を受賞。芥川賞候補となった『生まれる森』(04)、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』(07)、『夏の裁断』(15)、直木賞候補となった『アンダスタンド・メイビー』(10)のほか、『クローバー』(07)、『波打ち際の蛍』(08)、『あられもない祈り』(10)、『よだかの片想い』(13)、『イノセント』(16)などの著書がある。

<原作者コメント>
私にとって『ナラタージュ』は、思春期の恋愛のすべてを書いた小説でした。青春はけっして明るいものではなく、むしろ孤独な季節だからこそ、主人公たちは恋をせずにはいられなかったのだと思います。刊行から十数年経った今、行定監督の手によって、最高のメンバーで映画化するとの知らせを受けて、大変興奮しています。一映画ファンとして完成が待ち遠しいです。

出演:松本潤 有村架純

監督:行定勲(『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』『ピンクとグレー』)

脚本:堀泉杏

企画プロデュース: 小川真司 (『ジョゼと虎と魚たち』『陽だまりの彼女』『ピンクとグレー』)

原作:「ナラタージュ」(角川文庫刊)

配給:東宝 アスミック・エース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る