黒澤明監督『七人の侍』へのオマージュ作品、映画『マグニフィセント・セブン』全米初登場No.1大ヒットスタート!

世界の名だたる巨匠が師と仰ぐ黒澤明監督の1954年の代表作『七人の侍』。その舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされた1960年の名作ウェスタン『荒野の七人』。これら最高峰の名作たちを原案としてリメイクされた『マグニフィセント・セブン』。日本公開に先駆け、9月23日(金)から全米3,674館で封切られた本作が、週末3日間(9/23~9/25)の興行収入約35億2800万円(35,000,000ドル ※Box Office Mojo調べ/1ドル=100.8円換算)となり【全米初登場1位】を獲得する大ヒットスタートとなった。

主演は、『トレーニング デイ』『イコライザー』のデンゼル・ワシントン、『ジュラシック・ワールド』のクリス・プラット、『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホーク、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』イ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが集結。デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、アントワーン・フークア監督は『トレーニング デイ』以来、実に15年ぶりのタッグとなる。

1951年に黒澤明の『羅生門』が金獅子賞を受賞し、黒澤が世界に見出され、「世界のクロサワ」となる契機となったヴェネツィア国際映画祭では、本年のクロージング作品に本作が選ばれ、大絶賛を浴びた注目作。さらに、アカデミーの行方を占う映画祭として、世界中のマスコミが大挙して押し寄せるトロント国際映画祭では、オープニング作品として本作のワールドプレミア上映を実施。早くも2017年度アカデミー賞最有力候補との呼び声が高まっている。日本公開は、2017年1月27日(金)。

映画『マグニフィセント・セブン』

【STORY】
アントン・フークア監督が古典映画のストーリーを、現代の視点をもって描いた『マグニフィセント・セブン』。バーソロミュー・ボーグ(ピーター・・サーズガード)の支配下で、ローズ・クリークの町の人々は絶望的な日々を送っていたが、エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)を中心としたギャンブラー ジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを雇った。町を守るために立ち上がった彼らは、いつしか自分たちの目的が金だけではなくなっていることに気付く。

監督:アントワーン・フークア   
全米公開:9月23日 公式サイト:Magnificent7.jp
キャスト:デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』『イコライザー』)、クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド』)、イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)、イ・ビョンホン(ターミネーター:新起動/ジェニシス』)、ヴィンセント・ドノフリオ(『ジュラシック・ワールド』)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る