主演・渡辺謙×北川景子×二階堂ふみ×麻生祐未、大石静脚本、MBS開局65周年記念 新春ドラマ特別企画「しあわせの記憶」放送決定!

新春、MBSは、開局65周年記念番組として、新春ドラマ特別企画「しあわせの記憶」を放送する。借金 を抱え離婚し、家を去った「風来坊」が、しばらくぶりに舞い戻り、別れた妻の再婚話や悩める二人の娘の生活に首を突っ込んでいく。時に迷惑がられ、波乱を巻き起こす男の愚直な行動に、家族や周囲の 人々は、やがて自分の本当の気持ちに気づかされ・・・。

主演は、映画にミュージカルに、国内外の最高峰で活躍を続ける渡辺謙。共演は、最新主演連続ドラ マも大ヒットを記録した北川景子、今や日本映画界で欠かせない若手演技派女優・二階堂ふみを姉妹役 に、コミカルからシリアスまで幅広い役柄を演じる麻生祐未を母親役にと豪華キャストが集結した。飛ぶ 鳥落とす勢いの若手人気俳優・千葉雄大、三浦貴大ほか、旬なキャストも続々と集まり、スペシャルドラ マを彩る。

「家族って何?」。家族はいつしか離ればなれになるものかもしれない。人気脚本家・大石静の手によ る本作は、ホームドラマの王道とも言えるテーマにあらためて挑み、ユーモアとペーソスたっぷりに現代 家族の姿を描く。年初めにふさわしく、清々しい爽やかな気持ちを届けるドラマ。

キャスト・スタッフコメントは、以下のとおり。

<主演・渡辺謙>
「新春ということで、脚本を読んだとき、こんな「ダメ男」の話でいいのかと不安になりました(笑い)。 ドラマを作り上げていく段階で、今はいろんな形態の家族が世の中に存在しているので、逆にすごく リアリティを感じるのかもしれないという気がしています。現代版の寅さんのような感じで演じていま すが、今までにない不思議な形のドラマになっていると思います。ほっこりして笑えるところもあり、 シリアスに家族を振り返るところもあり、家族で観られるほんわかしたドラマです。(ドラマの中にでて くる家族を見て)「うちはまだましかな?」と思って頂けると思います(笑い)」

<プロデューサー・志村 彰>
「俯瞰で家族を見られるホームドラマをやりたいという思いの中で、自由人な一方、どこか家族思い という父親役は、何としても渡辺謙さんにやって頂きたいと考えました。女性陣含め、キャストのみな さんからアイデアを頂き、プロデューサーというよりも一観客として笑ってしまったり、ジーンとしてし まったりして、とてもいい雰囲気になっていると思います」

<プロデュース・演出・竹園元>
「放送局の開局記念ドラマということで、テレビドラマの原点である“ホームドラマ”にこだわり、かつ 原作に頼らない“テレビ発”のオリジナルの物語を作りたいと思い、企画しました。今回豪華で素敵 なタイプの違う芸達者なキャストのみなさんに恵まれ、現場ではどんどん物語が膨らみ、これからの 新しい家族の形を提示します。堂々の自信作となっていますので、是非ご覧下さい」

【放 送】 TBS-MBS系全国ネット 1月8日(日)午後9時~2時間SP

【出 演】 渡辺謙 北川景子 二階堂ふみ 麻生祐未/千葉雄大 三浦貴大 山崎樹範 菅原大吉
【スタッフ】 脚本:大石静(『長男の嫁』『 『ふたりっ子』『セカンドバージン』『家売るオンナ』)
音楽:吉俣良
プロデューサー:志村彰(The icon) 関川友理(The icon) 竹園元(MBS) 演出:竹園元
制作:The icon 製作著作:MBS

■あらすじ
太郎(渡辺謙)が事業の失敗から離婚し、家を出てから早や五年。元の家には、長女・夏波(北川景子)、次女・冬 花(二階堂ふみ)、母・純子(麻生祐未)が暮らしている。娘たちは、久しぶりに口紅をつけて外出する母の動向が気 になる。そんな折、家賃滞納で金策に苦しむ太郎が、夏波の会社を訪ねてくる。ネット販売ビジネスが好調の夏波に 金の無心に来たのだ。父の代わりに一家を支えてきた夏波は、彼の相変わらずの風来坊ぶりに激怒する。
結局、太郎はかつて暮らしてきた家に転がりこむ。共同経営者の友人・吉岡(三浦貴大)との関係がぎくしゃくする 夏波、アルバイト先のコンビニでチーフの田島(千葉雄大)に厳しく当たられ、落ち込みがちの冬花。別れた妻・純子 は、恋の相手・尾方(菅原大吉)を見つけ、太郎が手放した懐かしい家では、それぞれが新しい人生を歩み始めてい た。幸せだった頃の思い出を胸によぎらせながら、太郎は不器用にそれぞれの葛藤に関わっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る