中島裕翔×新木優子 映画『僕らのごはんは明日で待​ってる』 女子中高生限定試写会に新木優子登壇!

 10日、都内にて 映画『僕らのごはんは明日で待​ってる』女子中高生限定試写会が開催され、本作のヒロイン・小春を演じた新木優子登壇が登壇した。

イベントでは新木と会場に集まった女子中高生たちが映画や恋愛にまつわる質問を〇×形式で答えるトークセッションを実施。まずは本作の主人公・葉山亮太(中島裕翔)のような”無口なネガティブ系男子”は彼氏として付き合いたいか?という質問が飛ぶと、女子中高生たちからは『×』の判定が多くみられ、これには新木も思わず「最近草食系男子が増えているけれど、みんな肉食系が好きなのかな?(笑)」とうけこたえ、『×』を選んだ女子中高生に理由を聞くと「優柔不断な人が嫌だからハッキリしてる人がいいです。グイグイ来てほしい!」という意見や、『〇』を選んだ女子中高生からは「自分はたくさん話をするタイプだから話を聞いてくれるだけでいい」という理由が飛び交う中、同じく『〇』を選んだ新木に理由を聞くと「草食系男子ではあるけれど、だからこそ人の意見を飲み込んで考える人なのかなという感じもするし、一途で七年にも渡って自分のことを思ってくれる人ってなかなかいないと思うので、そういうところにすごく魅力を感じましたね。あとは私も喋るのが好きなので、聞いてくれるひとがいいなと思いました」と笑顔でコメント。

新木演じる小春は、そんな無口でネガティブ男子な亮太とは打って変わって、太陽のように超ポジティブで自ら亮太に告白するなど積極的な一面もあることから、自分も小春のような”グイグイ系女子”だという方はこの中にいますか?という質問に対しては、女子高生たちからまたしても多くの『×』の回答が!この結果には新木も「”グイグイ”っていうのは、小春ほどじゃなくてもいいんですよ?」と笑いつつも理由を聞くと「なんか恥ずかしい!」というシンプルな意見が多数みられた。一方、『〇』を挙げた女子中高生に意見を聞くと「結構自分からご飯とか誘っちゃいます」とコメントし、これには新木も「積極的!すごいですね!」と驚どろいた様子。そんな新木も『〇』と回答し、「私も”グイグイ系女子”ですね。ご飯とかはあまり誘えなかったけれど、同じ人に3回告白したことがあったりとか(笑)フラれても諦めきれない気持ちを伝えたりとか、そういうタイプの”グイグイさ”はあります。今はもうできないですけど(笑)、皆さんくらいに若かった頃は自分の気持ちをアピールするほうでした。後悔はしたくないので。3回フラれてますけど(笑)」とコメントし、会場からの笑いを誘った。

続いて、本作では小春が好きだからこそ言えない【秘密】を亮太に抱えていたが、みなさんも『好きな人だからこそその人には内緒にしたい秘密や、言えなかった秘密』はありますか?という質問に対しては、会場の多くが『〇』の回答に!『〇』を選んだ女子中高生の中からは「あんまり好きじゃなかったのにちょっと付き合っちゃったりとかしました」などの理由が飛び、場内が笑いに包まれる場面も。さらに『×』を選んだ女子中高生からは「好きな人の前だと素が出ちゃって、なんでも話しちゃいますね」という素直な意見も飛び交う中、新木は『〇』と回答。「ちょっとしたことなんですけど、好きな人が好きな映画を、別に好きじゃないのに『あの映画好き!』って言っちゃったりとか(笑)好きだから故の、そういうちょっとした小さい嘘をついちゃったりしてましたね」とコメントすると、会場から「可愛い!」の声が飛び交った。

最後の質問では、本作を観終えたばかりの女子中高生たちへ、”うるキュン”しましたか?という質問が飛ぶと、満場一致で『〇』の判定が!理由として「デパートの屋上で泣いてる小春に”うるキュン”しました」という答えが返ってくると、対する新木は「亮太(中島裕翔)とのシーンって言ってくれるのかと思っていたんですが(笑)、私の泣き顔に”うるキュン”していただいたということで嬉しいです」とコメント。さらに「体育祭でのシーン」を挙げた女子中高生からは「実はあのシーンにエキストラとして参加していて。こういう形で映像になるんだって思ったら”うるキュン”しちゃいました」という理由が飛び、これには新木も驚きながらも「あの時はありがとうございました!あの日の撮影は朝から雨で本当に大変だったんですよね。皆さん(エキストラの方)来てくれるかなってすごく不安だったんですけど、無事撮影も終了して。すごく素敵なシーンになってよかったです」と笑顔でコメントした。

そして最後に「この作品は、好きな人がいたりだとか、仲良くしているお友達がいるということだったりとか、そういった普段日常の中で当たり前だと思ってることが奇跡のように思える温かい作品です。皆さんのような若い方々にもたくさん観ていただきたいですし、七年越しのラブストーリーということで、うるっとするシーンもキュンとするシーンもたくさん詰まった映画なので、ぜひまた劇場で観ていただきたいなと思います!」とアピールし、その日のイベントは大盛況のうちに終了した。

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』は、2017年1月7日(土)TOHOシネマズほか全国ロードショー!詳細は『僕らのごはんは明日で待ってる』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る