‪ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』ゲネプロ・記者会見に、‬小池徹平、三浦春馬、ソニン、‪玉置成実‬、勝矢、ひのあらた ジェリー・ミッチェル(演出・振付)が登壇!

‪15日、東急シアターオーブにて、16日より初日開幕を迎えるブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が、ゲネプロ公演・記者会見を行い、‬小池徹平、三浦春馬、ソニン、‪玉置成実‬、勝矢、ひのあらた/ジェリー・ミッチェル(演出・振付)が登壇し、開幕直前の心境を語った。

‪3年ぶりの再演の心境を聞かれたジェリー・ミッチェル(演出・振付)は、「3年前に日本において、家族を作りました。その家族が3年後に全員戻ってきてくれたことは、それはある意味この作品をそれほど愛してくれたこと、そして、このショー自体が「相手をそのまま受け入れる」という事がテーマになっていますので、その信頼関係があってこその再演だと思います。」とコメント。‬

‪三浦春馬は、「素晴らしい稽古ができたと思います。もう一度やっているので、みんなのチームワークそのままに、今回は、それぞれがこの3年間成長し学んで来た事も多くあったので、それをみんなでシェアしながら練習できたと思います。」とコメント。‬

‪小池徹平は、「本当に3年たったんだってみんなの顔を見た時に思うような安心感のあるカンパニーで、非常に『キンキーブーツ』再演をみんな心待ちにしていたんじゃないかと思うぐらい凄くまとまっていて、みんなの絆の深まって、ようやくみなさんに観ていただけるので、本当楽しみにしています。」とコメント。‬

‪三浦春馬は、以前にも増して堂に入ったドラッグクイーン姿についてたずねられると「この扮装ができる事に喜びがありますし、そして、自分の誇りに思います。今回は、半年前から筋肉を作ってきました。」と自信をみせた。‬

‪ジェリー・ミッチェル(演出・振付)は、そんな三浦春馬の身体づくりの成果について「エクセレント!」と笑顔でコメント。‬

‪ソニンは、「春馬とエンジェルスは、一番身体に気をつけて食事、トレーニングを稽古前、稽古後にもしてたのを見ていたので、これをようやくお客様に見せてお客様が「キャー!」と言うのを私たちも聞きたいです!」とエールを贈った。

「前回とは違うトレーニングをしたんでしょ?」とソニンにたずねられた三浦春馬は、「以前はドラッグクイーンとして大きな身体づくりを目指していたのですが、ドラッグクイーンの魅力としては、やはり美しい肉体がお客様に魅せる為には、必要不可欠と思いましたので、今回は美を追求して、曲線を奇麗に見せる身体づくりをしてきたつもりです!みんなも発声が大事なのでそれぞれに筋肉を鍛えてきました。」と仕上がりに自信満々。

‪小池徹平は、「チャーリーも結構体力を使いますので、今回、体重を増やして臨んだのですが、この1ヶ月半の稽古で4Kg減ってしましました。稽古に入って栄養を取るように食事を変えたりして、なるべく減らさないように努力をしています。」とコメント。ご家庭ができたので安心ですねと記者からの問いかけにも「そうですね。ありがとうございます。」と笑顔で答えた。‬

‪平成最後の舞台で、令和最初の舞台を大阪で迎える心境について、小池徹平は「こんなタイミングで舞台に立てる事は滅多にないことなので、巡りあわせが本当いいタイミングの舞台です。」とコメントすると、ソニンが「凄くハッピーでいい影響を観客のみなさんに与えられる舞台なので、本当、それに相応しい舞台と思います。」と続けた。‬

‪チームワークについては、ひのあらたが「カンパニー自体が、最初会った時から家族みたいに、顔見ただけでハッピーになれるような舞台なので、みんなで裏にいってもイエーィみたいな感じで、チームワークはバッチリです!」とアピール。‬

‪三浦春馬は、自身の演じるドラッグクイーンについては、「徹底的に調べたこともありますし、後は、ブロードウェイのチームが細かく手ほどきしてくれるので、それを丁寧に追っていけば大丈夫かなと思っていました。」と率直に語った。‬

‪二丁目に行くとモテるのでは?と聞かれた三浦春馬は、僕よりマネージャーがモテますねと謙遜。勝矢が「二丁目は、僕が、木村拓哉さんよりモテる言われています!」と語り会場の笑いを誘った。‬

‪玉置成実は、「私は、みんなと違うシーンが多くて、みんなを客観的に観ていることが多いのですが、凄くパワーがあって、誰が観ても本当に楽しんでいただける舞台です!」と6万枚のチケットが即完売となった本公演に太鼓判を押した。‬

‪アメリカに行った三浦春馬が、この舞台に惚れこみ3年前に初上演となった本作、改めて再演を迎えた心境を聞かれた三浦春馬は、「本当に、心から嬉しいと思いましたし、キャストはどうなるかはわからないですが、『キンキーブーツ』素晴らしい舞台なので、このまま日本で上演し続けさせていただければと思います。」と意欲を見せた。‬

‪そんな三浦春馬の思いにこたえて、演出・振付のジェリー・ミッチェルが、「『キンキーブーツ』の素晴らしいところは、「自分が変われば、世界が変わる」という希望がメッセージです。そのメッセージ自体は世界のどこに行っても通じるメッセージなので、それを届け続けて行きたいと思います。」と本作の魅力を語った。‬

‪また、主演二人の良いところをたずねられたジェリー・ミッチェルは、「なんと言っても信じられれないくらい素晴らしい人たちです。もちろん、彼らは、素晴らしい俳優であり、素晴らしい歌い手であり、素晴らしいダンサーなのですが、何より人として素晴らしい人たちなのです。」と称えた。‬

‪これを聞いた小池徹平は、「うれしいですし、ジェリーの言葉は、重みがあって心に響いてくるので、直接聞くとより本当に嬉しく思います。」とコメント。三浦春馬は、「感謝してます。そして、ジェリーだけじゃなく『キンキーブーツ』と走り続けて来たキャスト、スタッフのみなさんに大きく感謝したいですし、日本のスタッフのみなさんにも本当に大きく感謝したいです。」とコメント。‬

‪チケット即完売で、早くも再再演が待たれる本公演について三浦春馬は、「こういう機会がいただけているのも、お客様の関心とエネルギーが大きいです。お客様がいなければ僕たちも毎公演、力強く公演できないので、この再演もお客様のご支援あってこそですので、そこはすごく感謝したいと思います。」と語った。‬

‪3年ぶりのお互いについて、小池徹平は、「変わってないですよ。本当に、役に対する向き合い方や身体の作り方だったりストイックさそのままだし、人柄もより仲良くなった事で見せてくれる一面も増えて、より絆が深まったように思います。」とコメント。‬

‪これに対して三浦春馬は、「『キンキーブーツ』があったからこそオープンになったことはあると思います。色々シェアしたいし、受け入れたいですし、受け入れた先に何があるのか色々みんな考えながら舞台に立っていると思いますので、その行為がみなさんに広まっていったらいいなと思います」‬と答えた。

‪公演期間中に気をつけたい点をたずねられた小池徹平は、「体調管理しかないですね。」とコメント。三浦春馬も同意し、「毎公演凄く楽しみにして下さるお客様がいらっしゃるので、絶対穴はあけられないです。頑張ります!」と力強く答えた。‬

‪最後に、観客のみなさんへのメッセージを‬ジェリー・ミッチェルは、「とにかくみなさんにありがとうございました!私たちは、ここでストーリーを語っていますが、お客さんがいなければ語る相手がいません。このストーリーを聞きに来て下さい。そしてシェアして下さい。この『キンキーブーツ』は家族の物語を互いにシェアすること、そして、私はブロードウェイで他にもヘアスプレーもやってきましたが、この『キンキーブーツ』が一番再演回数が多いです。それはやはり多くの人が求めて下さっていると思いますので、それで世界中に『キンキーブーツ』のファミリーがいます。ここにもファミリーがいます!ありがとうございます!」と笑顔で語った。‬

‪小池徹平は、「ストーリーも最高ですし、歌もダンスも本当にハッピーになれる作品なので、チケットが完売しているというのもありますが、来られる方には、本当に楽しんでいただけるステージになるように僕らも一生懸命頑張りますので是非、楽しみにして下さい!僕のみどころは春馬です!僕はいいです。」と謙遜し会場を笑わせた。「二幕は、工場の人、二コラ、ローラとバトルもあったり、芝居の見せるシーンもたくさんありますので、そこも見ていただければと思います。」とコメント。‬

‪三浦春馬は、「僕たちもこの再演を心待ちにしていました。作品のテーマ「互いを受けれいる」という大切なテーマがふんだんに込められたストーリーとなっています。素晴らしい音楽と共にストーリーを楽しんでいただけたらと思います!是非是非、会場に足を運んで下さい!よろしくお願い致します!」‬と締めくくった。

‪ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』は、本日初日開幕!詳細は、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』公式サイトへ‬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る