1月19日(火)夜10時スタート 関西テレビ・フジテレビ系 ドラマ『お義父さんと呼ばせて』制作発表会見に、W主演 遠藤憲一&渡部篤郎、蓮佛美沙子、和久井映見、新川優愛、中村倫也、中村アン登壇!

前列左より:蓮佛美沙子、遠藤憲一、渡部篤郎、和久井映見 後列左より:中村倫也、新川優愛、中村アン

17日(日)都内にて、1月19日(火)夜10時スタート(初回15回拡大)関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の第1回の試写会後、制作発表会見が行われ、W主演の遠藤憲一&渡部篤郎、蓮佛美沙子、和久井映見、新川優愛、中村倫也、中村アンの7人が登壇した。

物語は、51歳独身、これまでの結婚とは縁のない人生を送ってきたまま、28歳の年下の女性と運命的な出会いをした大道寺保(遠藤憲一)が、会社にシステムエンジニアとしてやってきた花澤美蘭(蓮佛美沙子)と結婚を決意。自分と同年代の彼氏の登場に美蘭の父、花澤紀一郎(渡部篤郎)は猛反対。”彼氏”遠藤憲一VS”父親”渡部篤郎 オッサン2人が、”彼女”であり”娘”の蓮佛美沙子を巡っておりなす爆笑必須の痛快ホームコメディー。遠藤憲一は、プライムタイム初の主演作となる。

脚本は、『医龍』、『BOSS』シリーズの林宏司。演出は、『チーム・バチスタ』シリーズ、『素敵な選TAXI』の星野和成、『白い春』『まっすぐな男』の植田尚と人気実力を兼ね備える制作陣が集結した。オープニングテーマは、HY『極愛』(※ゴクアイ)、主題歌は、超特急11stシングル『Yell』。超特急、初のWedding Song がドラマを盛り上げる。

関西テレビ杉本なつみアナウンサーの呼び込みにより、現れた遠藤憲一、渡部篤郎のW主演の2人が、壇上で握手を交わす華やかな制作発表記者会見のスタートとなった。
IMG_9845

◆舞台挨拶

関西テレビ安藤和久プロデューサー
「今回、小説、漫画ではなく、オリジナルでやろうということで、オリジナルに徹底的にこだわりました。また、いつもですと世の中の流行りを追いかけたり、マーケティングをやるのですけども今回、一切やめました。今回は、今、一番一緒に仕事がしたい俳優さんに声をかけさせていただきまして、ご賛同いだきまして本日登壇いただいている出演者のみなさんに出演していただけることになりました。観ていただきましたように、脚本の林宏司さんが非常に緻密に作りあげられまして、ここにいる出演者のみなさんが、本当に素晴らしい演技をしていただいておりますの自信を持っておススメできます。もし、この中で40歳、50歳の方で、独身の男性がいらっしゃいましたら、もしかしたらこのドラマを観て、蓮佛さんような素敵な彼女ができるかもしれませんし、見つかったときに両親にどういったら良いのかわかるかもしれませんので、みなさん周りの方に是非、すすめていただければと思います。また、娘さんをお持ちのお父さんは、ある日突然、自分と同い年の男を連れてきた時にいかに相手の男を蹴散らすかというノウハウがわかると思います。独身の女性の方は、遠藤さんのように年の離れた人もOKかなという風になると絶対思います。彼氏を見つける方法とかつ両親を説得する方法もよく出ておますので、続けて見て頂きますと自分の事のようにみていただけると思いますので、是非、みなさんのお力を借りて広めていただければと思います。今日はありがとうございます。」

主演 大道寺保(だいどうじたもつ)役
遠藤憲一
IMG_9889

「ちょっと先の話になりますけども、先日、隣にいる蓮佛ちゃんを抱きしめて「愛してる」っていいました。30何年やってきて、「愛してる」って女性にまともに言ったのは初めてですね。しかも若い時もらってた役は、「ぶっ殺してやる。」とか「俺じゃねぇ!」が大半だったので、「愛してる」が新鮮でした。女房にも結婚して言ったこと一言もないと思うんですね。まさかこの年になってこんな役をやらせてもらうとは思いませんでした。幸せな時間です。ドラマ中、スタートからカットまで蓮佛ちゃんを愛しぬいて、渡部さん演じるお義父さんになんとか了解を取ってもらえる日が来るのを信じて演じていきます!」

W主演 花澤紀一郎(はなざわきいちろう)役
渡部篤郎
IMG_9906
「遠藤さんとは、もう10数年前からのつきあいをさせていただいておりまして、今回遠藤さんが主演という形で、この作品が出来たことは私にとっても感動的なことです。とても作品に対して真面目な方で、今まで元気に結果がこの作品に結びついたと思っています。そんな記念すべき作品に、素敵なキャストのみなさんとやらせていただいています。どうぞよろしくお願いします。」

花澤美蘭(はなざわみらん)役
蓮佛美沙子
IMG_9918
「すごく幸せな日々を過ごさせていただいています。と言いますのも私は個人的にオジサマが大好きでして、最初に企画書を読ませていただいた時に、私の趣味がそのまま載ってるような、ドンピシャな役で幸せな役を過ごさせていただいています。撮影をやっている中で、遠藤さんが彼氏で、篤郎さんがお父さん役で両手に花です。私の役名が美蘭(みらん)でエンケンさんに「みーちゃん」って言われるんですけど、私、家族からも「みーちゃん」って呼ばれているので、「みーちゃん」って呼ばれると、ついつい素の美沙子で返事をしてしまいそうになる時があるくらいキュンキュンしながらやっています。先ほども遠藤さんおっしゃられていましたが、「愛してる」が初めてかもしれないという話を聞いて、なんて光栄なことなんだろうと思いながら日々撮影しています。オリジナルという事で私たちも結末を聞いていないのでやっているのですが、結婚したいなぁと思います。よろしくお願いします。」

花澤真理乃(はなざわまりの)役
新川優愛
IMG_9922
「キラキラ女子なので、お姉ちゃんが、お父さんと同じ51歳の彼氏を連れてきたので、おもしろがったりとかからかったりする部分もあるのですが、第1回観ていただいて、みなさんたくさん笑っていただけたと聞きました。笑えるところは面白いですし、家族との絆だったり恋人と深い関係だったりを感じられるので、台本読んでいると笑ったり泣いちゃったりするこもあるのですけども、それをみなさんにたくさん届けていけるようにがんばりたいと思います。私も結婚したくなるのわかります。キュンキュンするところありますし、女性は特に、こみ上げてくるものがあるのではないかと思います。よろしくお願いします。」

花澤葉理男(はなざわはりお)役
中村倫也
IMG_9944
「葉理男は、クールな人です。結婚を巡って、ワタワタとした面白可笑しい人間のドラマが繰り広げられる中、常に一歩引いたキャラクターで、少しだけ秘密もあったりして、それが追々わかってくるようになっていて、花澤家と大道寺さんとどういう風に絡まりあって広がっていくのかを僕自身楽しみにしながら毎日に撮影しております。笑って温かい気持ちになれるドラマだと思います。僕は意識してなかったのですが、どうやら結婚へのハウツードラマらしいので、僕もこれを機に勉強して、そしてキュンキュンしたいなと思います。本日はありがとうございます。」

愛川希和(あいかわきわ)役
中村アン
IMG_9964
「私は、渡部篤郎さん演じる紀一郎の秘書役を演じさせてもらっています。いつもほとんど渡部さんとご一緒させていただいて、本当色んなことを学ばせていただいています。」

IMG_9968
「もしかして、すごく高いレッスン料を払ってもいいくらいの相手の方で、「あの渡部篤郎に演技を教えてもらっている!」って気分でして、自分でも家に帰って「あれをこうできたらなぁー」ってのもあるのですが、本当にありがたいです。お話もみなさんおっしゃってますよう本当に面白いです。私、28歳なんですけれども28歳年上、51歳ないなぁーと思うのですが、お二人(遠藤憲一・蓮佛美沙子)の関係性を見ているとすごく羨ましくなってきて、同年代で恋愛するより凄く楽しそうで、ありなんじゃないかなと思いはじめてます。よろしくお願いします。」

花澤静香(はなざわしずか)役
和久井映見
wakui
「お母さんとしては、一家の中でとても大らかな立ち居地にあるように見えますが、1話でも「誰にでも秘密の1つや2つはある」みたいな事と口走っております。お母さんの秘密は2話で見えてきたりもします。1話だけではなく、その先のみんなの秘密も一緒にご覧になっていただきたいです。娘、息子達の人生のことももちろんですが、この2人の(遠藤憲一・蓮佛美沙子)の結婚も気になりますが、この2人の関係(渡部篤郎・中村アン)の関係も気になります。静は気がついているのか、そういうところを楽しみに、凄くドキドキしながら見ております。よろしくお願いします。」

引き続き、1月19日(火)夜10時スタート 関西テレビ・フジテレビ系 ドラマ『お義父さんと呼ばせて』制作発表会見の様子は続報でお届けします!

ドラマの最新情報、詳細は、ドラマ『お義父さんと呼ばせて』公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る