映画『キング・オブ・エ​ジプト』エジプト考古学者・吉村作治、 吹替え声優にまさかの初挑戦!

9月9日(金)より全国超拡大公開!映画『キング・オブ・エジプト』。主人公の盗賊の青年ベック役にKis-My-Ft2の玉森裕太、ベックの恋人ザヤ役には女優の永野芽郁が、そして、中村悠一、小山力也、沢城みゆき、中井和哉、菅生隆之、田中真弓ほか、超豪華声優陣が脇を固める本作に、エジプト考古学者の吉村作治が、吹替え声優に初挑戦したことが明らかになった。

エジプト考古学研究の第一人者としてエジプトの素晴らしさを広く世に伝えてきた吉村は、古代エジプトが舞台の本作で、字幕監修を担当したことから、吹替え声優まで務めることになった。

残虐な暴君と化した砂漠の神・セト(ジェラルド・バトラー/吹替え:小山力也)の陰謀によって囚われの身となっていたベック(ブレントン・スウェイツ/吹替え:玉森裕太)の恋人・ザヤ(コートニー・イートン/吹替え:永野芽郁)。ベックとともに冒険の旅に出るはずだったザヤは、セトの手下により死者の世界に。吉村が演じるのは、死後の世界に行けるかの裁きをかける最後の門番。死後の世界にいけるかは捧げ物次第。解禁された映像では、「前へ進め」「捧げものを出せ」という吉村の低音ボイスが響き渡り、捧げ物の価値によって裁かれる者の姿が映し出される。捧げ物を持たないザヤを、ベックは救い出せるのか…!?

作治②

吉村はナレーションをはじめ“声”の仕事はほとんどしたことがなく、緊張を隠せない様子で収録に挑んだ。しかし、初挑戦とは思えないほどの 表現力を発揮し、収録はほぼ1発OK。耳慣れない自分の声に照れ笑いを浮かべていた。吉村は「今回字幕監修をさせて頂きましたが、まさか声優に挑戦する機会まで頂けるとは思っていませんでした。非常に難しかったですが、努力の成果をスクリーンでご覧頂けたら嬉しいです。 この映画は、エンターテインメントとして楽しめるだけでなく、古代エジプトの神話がベースになっていますので、エジプトをより好きになっていただけるきっかけになる映画となるのではないかなと思っています。」とコメントを寄せる。

『キング・オブ・エジプト』は、9月9日(金)TOHOシネマズスカラ座ほか全国超拡大公開!
詳細は、『キング・オブ・エジプト』公式サイトへ

goe_hon_poster_sai4_ol_caswoのコピー

監督: アレックス・プロヤス『アイ、ロボット』
出演:ブレントン・スウェイツ『マレフィセント』、
ニコライ・コスター=ワルドー「ゲーム・オブ・ストーンズ」シリーズ、
コートニー・イートン『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、
エロディ・ユン『G.I.ジョー バック2リベンジ』、
チャドウィック・ボーズマン『ブラックパンサー』、
ジェラルド・バトラー『300 <スリーハンドレッド>』、
ジェフリー・ラッシュ『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ
配給:ギャガ
©2016 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る