岡田准一×役所広司×有村架純、原田眞人(監督・脚本)司馬遼太郎 原作 映画『関ヶ原』 第二弾キャスト発表!

世代を超えて熱烈なファンを数多く持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎原作「関ヶ原」。現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が580万部を超える、大ベストセラーが、巨匠原田眞人監督の手により、待望の初映画化。昨年8月のクランクイン前には主演の岡田准一と役所広司、有村架純のメインキャスト3名が発表され、大いに盛りあがりを見せた本作。無事に撮影も終わり、完成に向けて鋭意進行している中、第2弾となる主要キャストが本日発表!平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬 という個性あふれる、演技派俳優陣が集結した。

石田三成の右腕として、影日向に主君を支え勇猛果敢に戦う島左近には、数々の映画や舞台で強い印象を残し、活躍の幅を広げる平岳大。天下分け目の決戦の命運を握る小早川秀秋には相次ぐ出演映画それぞれで違った個性を見せる東出昌大。島左近の妻であり、優秀な看護師でもあった花野にはドラマ、映画、ナレーションなど多岐に渡る活躍を見せる中越典子。対する東軍では、徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将井伊直政に、映画・舞台などでは欠かせない演技を見せる北村有起哉。初芽と同じく「伊賀の忍び」として家康に仕え、次第に側近となっていく蛇白には、数々の作品で記憶に残る演技ぶりをみせつける伊藤歩。そして、三成憎しの思いから家康を支持する武断派の武将福島正則を演じるのは、TEAM NACSのメンバーにして映画への出演も続く音尾琢真。同じく7人衆の黒田長政には、本年度も映画・ドラマ・舞台と出演作が続く若手演技派の和田正人が演じる。

また、三成を取りたてた豊臣秀吉には、2016年に6本もの映画に出演、今最も勢いのある実力派滝藤賢一。その妻にして徳川方を支持する北政所に、名バイブレイヤーとして数々の映像作品に出演する女優・キムラ緑子。三成と家康の間で強烈な存在感を発揮する前田利家には、日本映画界を代表する名優・西岡徳馬が扮する。

その他、西軍には、三成の盟友・大谷刑部には大場泰正、左近の息子・島信勝に山村憲之介、三成の腹心・八十島助左衛門に堀部圭亮、五大老宇喜多秀家に生島翔、五奉行増田長盛に中村育二、安国寺恵瓊に春海四方、島津維新入道に麿赤児、島津豊久に三浦誠己、上杉景勝に辻本晃良、初芽と同じ伊賀忍者・赤耳に中嶋しゅう。

東軍には本多正信に久保酎吉、本多忠勝に天乃大介、松平忠吉に吉村界人、加藤清正に松角洋平、細川忠興に関口晴雄が扮する。
待望の第2弾キャスト!新たな出演者たちのコメントは以下のとおり。

西軍

●平岳大・・・島左近役
三成の右腕として、時に励まし、時に叱咤しながら影日向に支える猛将。戦場では誰もが恐れる獅子奮迅の活躍を見せる

コメント
今まで経験したことのない様な現場の緊張感の中、俳優の真価を問われるような作品でした。その戦いっぷりを是非劇場でご覧ください。

●東出昌大・・・小早川秀秋役
豊臣秀吉の養子になり、寵愛された。家康の策略により三成を憎み、西軍にいながらも東軍に加担する約束をする。

コメント
「いつかご一緒したい」と願っていた原田眞人監督のもと敬愛する司馬先生の作品に出演できたことが本当に嬉しく、また、一司馬ファンとしても映画の完成をとても楽しみにしています。

●中越典子・・・花野(はなの)役
島左近の妻。夫を支え2人の息子を育てる。合戦では看護師として西軍方で負傷者の手当てを引き受ける。

コメント
撮影時のあの活気、男達の戦い、女達の生き抜き方、どうスクリーンに映るのか、楽しみです。熱い夏になるはずです。

東軍

●北村有起哉・・・井伊直政役
家康の側近にして、息子・忠吉の後見人を務める。政治的策略にも長け、戦では「伊賀の赤鬼」と恐れられる。

コメント
時代劇は大好きなので今回お話をいただいた時はとにかく嬉しかったです。
初めて馬に跨り疾走したのも良き思い出です。
関ヶ原の大絵巻の映画を私も早く見て、またアドレナリンをグツグツさせたいです。

●伊藤歩・・・蛇白役
初芽と同じく伊賀の忍び。家康の側で数々の謀略を図り、絶大的な信頼を得る。のちに「阿茶(あちゃ)」と名を変える。

コメント
家康公の側近でありながら忍者の概念にまったく捕らわれない蛇白は、
場面ごとに使命を達成する楽しみがあり、
原田監督のもと、いい緊張感の中でさまざまな経験ができた最高の現場でした。

●音尾琢真・・・福島正則役
豊臣家の譜代大名。天下に広く武名を轟かせながらも直情的な性格を利用され、三成を憎み家康に率先して加担する。

コメント
原田監督のもとで2作目の出演となりますが、毎度この現場は刺激的で楽しいです。
物語の重要な一端を担う役柄として、加藤清正や黒田長政らと共にシーンを盛り上げることが出来て、楽しく過せました。多くの人に見てもらいたいです。

●和田正人・・・黒田長政役
名軍師黒田官兵衛の息子。正則と同じく家康に加担し、謀略を巡らせて西軍武将を切り崩していく。

コメント
石田三成憎しの思いで結束を強めた、福島正則、黒田長政を始めとする我ら七将。
戦乱の世を暴れ回るちびっ子ギャング達の団体芸は、まさに本作の見所の一つ。
原田組に賭ける七人の想いを熱く感じて欲しいです。

豊臣家

●滝藤賢一・・・豊臣秀吉役
戦国時代に終止符を打ち、天下統一を成し遂げた。晩年は家康を恐れながら、三成にすべてを託す。

コメント
俳優の道を志した時から豊臣秀吉という人間を演じるのが夢でした。
『クライマーズ・ハイ』から10年。
僕にとって原田組は独特の緊張感が張り詰めている希有な現場。
あぁなんて幸せな俳優人生なんだろう…感無量です!

●キムラ緑子・・・北政所役
秀吉の正室。郷里・尾張出身者の正則など武断派の武将を贔屓し、三成たちを疎んじる。家康を非常に信頼している。

コメント
日活撮影所での初の顔合わせ
あのような広い空間であのような大人数での本読みは初体験でした。
原田監督がニコニコ優しく話しているのに、ものすごい緊張感!
北政所の三河弁は、とても難しくて何度も何度も、方言テープを聞きました。

●西岡徳馬・・・前田利家役
家康に次ぐ五大老の重鎮。秀吉死後、息子秀頼の後見人として家康の牽制役となり、三成が最も頼りにした大名。

コメント
何しろ一度ご一緒したいと思っていた原田眞人監督の映画だったので、オファーがあった時は喜んでお受けしました。
適当の緊張感のある良い現場で、イケイケになる気持ちをセーブして、力の入らない抑えた演技を目指しました。

その他の配役

西軍:

大場泰正・・・大谷刑部 (三成の盟友・関ヶ原では獅子奮迅の戦いぶりを見せる)

山村憲之介・・・島信勝(島左近の息子)

堀部圭亮・・・八十島助左衛門(三成の腹心)

生島翔・・・宇喜多秀家(五大老のひとり・関ヶ原では吉継と共に最後まで戦う)

中村育二・・・増田長盛(五奉行のひとり・日和見主義)

春海四方・・・安国寺恵瓊(毛利軍の外交顧問)

麿赤児・・・島津維新入道(薩摩国の大名・関ヶ原では戦いに参加せず)

三浦誠己・・・島津豊久(維新入道の甥)

辻本晃良・・・上杉景勝(五大老のひとり・忠臣直江兼続を通じて家康を狙う)

中嶋しゅう・・・赤耳(初芽と同じ伊賀忍者)

東軍:

久保酎吉・・・本多正信(家康の腹心で共に謀略を練る)

天乃大介・・・本多忠勝(家康の腹心)

吉村界人・・・松平忠吉(家康の四男・関ヶ原が初陣となる)

松角洋平・・・加藤清正(豊臣家の譜代大名)

関口晴雄・・・細川忠興(豊臣家の譜代大名)

映画『関ヶ原』は、8月26日(土) 全国ロードショー!
詳細は、映画『関ヶ原』公式HPへ

『関ヶ原』ストーリー

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。

豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた! そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。

様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

クレジット

出演:岡田准一 有村架純/役所広司

監督・脚本:原田眞人

原作:司馬遼太郎「関ヶ原」(新潮文庫刊)

製作:「関ヶ原」製作委員会

製作プロダクション:東宝映画/ジャンゴフィルム

配給:東宝 アスミック・エース

公式HP:http://
©2017「関ヶ原」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る