息子・阿部寛×母・樹木希林 映画『海よりもまだ深く』 本編抜粋映像・メイキング写真が到着!!

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品、映画『海よりもまだ深く』。カンヌ映画祭公式上映では、約7分間にもわたるスタンディングオベーションを受けたことでも話題の本作。本日、阿部寛演じる息子・良多と、樹木希林演じる母・淑子の息のぴったりあった掛け合いに、思わずクスリとしてしまう本編抜粋映像・メイキング写真が公開された。

元家族だった、良多、響子(真木よう子)、真悟(吉澤太陽)の三人が、久しぶりに集まったことを喜び、淑子が自慢のカレーうどんを振る舞う様子から始まる本映像。良多は久しぶりの母の味に舌鼓を打つも、食べたカレーが半年前のものだったことが発覚すると、途端にニガ~い顔をみせる。

掛け合いシーン

さらに良多のシャツにカレーがとんでいる事に気づき、淑子が自分の唾をつけた布巾でその汚れを取ろうとすると、「今舐めたろ。汚ぇなぁ」と思わずツッコム良多。しかしそんな風に言われても母の愛は変わらないようで、「いくつになっても誰かがついていてあげないと・・・」と息子を心配する様子をみせる淑子の姿が映し出されている。

メイキング写真①

2度目の親子共演となる阿部と樹木。その姿は本当の親子のようで、息のぴったり合った絶妙の掛け合いが笑いを誘う。

阿部は樹木との共演について「演技の合間に作品のことだけではなく、色々なお話をしてくださって、そういう時間を一緒に過ごすうちに、自然と親子の空気が生まれていきました。樹木さんは、もともとそれを考えて下さったのかな、とも思います。」とコメントを寄せている。

メイキング写真②

映画『海よりもまだ深く』は、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国公開中!
最新情報は、『海よりもまだ深く』公式サイトへ

海よりもまだ深く_ポスター

【ストーリー】
台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”
夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。

15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、
周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。

元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、
彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。
そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。

ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真吾は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。
こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――

『海よりもまだ深く』
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 (『海街diary』『そして父になる』)
主題歌:ハナレグミ「深呼吸」(Victor Entertainment / SPEEDSTAR RECORDS)
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
配給:ギャガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る