古川雄輝主演「僕だけがいない街」Netflixオリジナルドラマ化決定!

三部けい原作の大人気コミック『僕だけがいない街』が原作完結後初の映像化としてNetflixで制作、2017年冬に世界190カ国にて配信される。

主演は、イケメンで帰国子女というルックス&経歴ともに“高スペック”な俳優として、日本のみならずアジアで絶大な人気を誇る古川雄輝が抜擢。

連続テレビ小説『べっぴんさん』では実年齢より一回り以上も若い役を演じてきた古川が、今回は実年齢と同じ29歳の主人公・藤沼悟を演じる。

さらには優希美青、白洲 迅、 内川蓮生、柿原りんか、江口のりこ、眞島秀和、戸次重幸、黒谷友香という、高い演技力を持つ実力派のキャストが顔をそろえる。

また、本作は、原作と同じ舞台の苫小牧でクランクイン。作品のリアルな季節感や空気感を描く為、真冬の北海道での4K撮影を敢行。

本作キャスト、スタッフのコメントは以下のとおり。

◆原作:三部けいコメント
原作で描いた少年期と同じ街(苫小牧)・季節に撮影が行われていると聞き、
自分がイメージした空気感がそのままの形で味わえるのでは、と楽しみにしています。
配信がとても待ち遠しいです!

◆主演:古川雄輝コメント
世界中に発信されるということで、日本だけでなく、世界中の方々に見て頂けることを嬉しく思います。役柄は自分と同じ29歳。
口数が少なく無気力だった悟が、リバイバルを繰り返すことによって憧れていた「ヒーロー」、気力に満ちた自分に成長していく姿を見せられるように頑張ります。
久しぶりの主演ドラマなので楽しみながら、原作ファンにも、新しく『僕街』に触れる方々にも満足して頂ける悟を演じたいと思います。

◆監督:下山天コメント
『僕街』を映像化する上で主に心掛けた事は3点。
まずはキャラクターとロケーションの再現。次に三部先生が張り巡らした見事な伏線をどう観客に<映像の記憶>として埋め込むか。
そしてアニメや映画版もなし得なかったあのクライマックスの完全映像化です。現在、NETFLIXでの世界配信へ向けて、作品のリアルな季節感や空気感を描く為、真冬の北海道での4K撮影が続いています。日米のスタッフが満場一致で選んだ主人公・悟を演じる古川雄輝さん、他のキャストの皆さん、下山組スタッフとが一丸となって、主人公のように『未来を変える』全世界に向けたジャパンオリジナルのドラマを目指します。

Netflixオリジナルドラマ「僕だけがいない街」は、2017年冬、Netflixにて世界190カ国配信スタート!

詳細は、Netflixへ

Netflixオリジナルドラマ「僕だけがいない街」
出演: 古川雄輝、優希美青、白洲 迅、内川蓮生、柿原りんか、江口のりこ、眞島秀和、戸次重幸、黒谷友香 他
原作:『僕だけがいない街』三部けい(KADOKAWA/角川コミックス・エース)
監督:下山天(『SHINOBI』『L-エル-』他)
脚本:大久保ともみ(『アンフェア the special ダブルミーニング』他)
制作プロダクション:関西テレビ放送 コクーン
製作:ドラマ『僕だけがいない街』製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る