大人計画初の海外公演!日本総合悲劇協会 vol.6「業音」15年ぶりに再演決定!作・演出 松尾スズキ、主演 平岩紙よりコメントも到着!!

2017年8月10日(木)より日本総合悲劇協会 vol.6『業音』が15年ぶりに再演されることが明らかになった。“悲劇”をテーマとした作品を描く、松尾スズキが作・演出をするプロデュース公演、「日本総合悲劇協会」。『業音』は、2002年にその日本総合悲劇協会の三作目として初上演された。

IMG-0001

荻野目慶子を主演女優として迎え、人間の業や執念、情念を描き、現代の日本人の生々しい感情をさらけ出した人物造形が大きな話題となった。15年ぶりの本作主人公役には、初演時【粥】役として出演した平岩紙が挑む。

IMG-0012

また、本作は、東京・名古屋・福岡・大阪・松本の地方公演後、2013年、「マシーン日記」にて高い評価を得たパリでも上演!そして今回、フランスにおいてはアヴィニョン演劇祭と双璧をなす舞台芸術祭・フェスティバル・ドートンヌへの参加が決定している。

IMG-0008

初演では、介護、宗教問題、エイズ…現代社会が抱える問題を余すところなく描き、悲劇性と喜劇性を見事に融合させた松尾スズキ。

IMG-0010

本作の再演について、『“わかっちゃいるけどやめられない”という人間の持つ“業”を、悲劇性と喜劇性が一緒くたになったような混沌の世界の中で描きます。“神とは何か”という壮大なテーマになっていきますが、笑いの中でそれをどう見せていくかということにチャレンジしてきます』と語る。

IMG-0002

再演では固有名詞をはずし、より普遍性を高めた物語へ改訂していくという。人間の「業」は、音が鳴るとしたらどんな音なのかという着想から生まれた本作。松尾スズキの濃密な世界を、個性豊かで熟練された大人計画劇団員の確かな演技で魅せる、2017年版『業音』は、どんな音が鳴り響くのか、大いに期待される。

IMG-0014

主演の平岩紙のコメントは以下のとおり。

─再演で主人公役を演じることについて
前から松尾さんから『業音』の再演をするというお話は聞いていました。初演の時、荻野目慶子さんが演じていた役を演じることを現実的に考えられる年齢に、自分がやっとなったかなと思います。役者として重ねてきた年月を経て、ようやく向き合える役だと思います。

─『業音』は平岩さんにとってどんな作品ですか?
松尾さんの作品の中でも、とっても特殊で、特別な作品だと思います。1つだけ浮いている感じします。荻野目さんの存在がとても大きい舞台で、荻野目さんの空気の中で演じていた感じがします。不思議なふわふわした作品というか、特別ですね。

─初演時の『業音』の思い出を教えてください。
初演時、私の演じた粥の台詞のなかで「いっぱいいっぱいで生きてるし」と言うシーンがありました。当時からこの台詞は自分に響いて、不思議なことに、未だに忘れられません。
また、この作品でギターを弾くシーンがありまして、ギターを弾くのは初めてだったので、もの凄く緊張しました。
宮藤さんが先生になってくれて、稽古以外の時間に宮藤さんがわざわざ来てくださって、教えていただいたんです。当時、宮藤さんもよく時間があったなと思います(笑)
でも、ゲネプロぎりぎりまで弾けなかったんです…。初日の日に、えい!やんなきゃいけない、びくびくして失敗するよりも、思いっきり弾いて失敗するほうがいい!と覚悟を決めて弾きましたね。

─大人計画初の海外公演について
パリの方々からどういう反応が返ってくるのか楽しみですね。
15年経っても、介護の問題をはじめとした今でも変わらない社会問題が描かれていて、それがどう伝わるのか。
また、繊細な松尾さんの台詞が、どういう風に訳され、海外の方々に伝わるのかが楽しみです。

─意気込みとPRメッセージをお願します。
いつも私たちをテレビでしか見ていない新しいお客様にも、毎回大人計画の作品をご覧頂いる昔からのお客様にも、みんなに観て頂きたいです!
昔、松尾さんが書かれた作品と、今の松尾さんが書かれた作品はまた違いますし、『業音』は重いというイメージがありますが、松尾さんの中にある原点をのぞき見してもらいたいな、と。松尾さんにとっても、この作品は特別な作品だと思います。
また、久しぶりに劇団員の先輩方とやれるので、大人計画という劇団がどういったところで、どんな作品を上演するのか、ということを知っていただき、いろんな視野のお客様に観て頂きたいです。

日本総合悲劇協会 vol.6「業音」は、8月10日東京公演を皮切りに、名古屋・福岡・大阪・松本・パリ公演にて上演!

詳細は、日本総合悲劇協会 vol.6「業音」公式サイトへ

《公演情報》

日本総合悲劇協会 vol.6「業音」

作・演出:松尾スズキ
出演:松尾スズキ、平岩紙、池津祥子、伊勢志摩、宍戸美和公、宮崎吐夢、皆川猿時、村杉蝉之介、康本雅子+エリザベス・マリー (ダブルキャスト)

東京公演 2017 年 8 月 10 日(木)〜9 月 3 日(日)東京芸術劇場 シアターイースト
名古屋公演 2017 年 9 月 13 日(水)〜14 日(木)青年文化センター アートピアホール
福岡公演 2017 年 9 月 16 日(土)〜18 日(月・祝)西鉄ホール
大阪公演 2017 年 9 月 21 日(木)〜24 日(日)松下 IMP ホール
松本公演 2017 年 9 月 29 日(金)〜30 日(土)まつもと市民芸術館 実験劇場
パリ公演 2017 年 10 月 5 日(木)〜7(土)パリ日本文化会館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る