松坂桃李さん、囲み取材会見に登場!10月20日(火)スタート 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』制作記者会見!

4日(日)東京・砧スタジオにて、10月20日(火)スタート 松坂桃李さん、ゴールデン・プライムタイム 民放連続ドラマ初主演  関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』毎週火曜夜10:00~10:54 ※初回 夜9時スタート 2時間スペシャル)制作記者会見がおこなわれ、その後の松坂桃李さんが、関西テレビ制作スタッフと共に再登場。記者40名近くによる囲み取材がおこなわれた。(※注)

※注:囲み取材時には、写真撮影はおこなわれなかった為、写真は、直前の制作記者会見での様子となります。

松坂桃李さん
「よろしくお願いします。こんなに囲まれたのは初めてです。」

—今回、いちばんきつかったアクションシーンはどこですか?

松坂桃李さん
「一番きつかったのは、予告でもあったのですけれども、二階から飛び降りて、トラックに乗って転がってかけていくところは、あれは、僕、吹き替えだとずっと思っていたんで、本当やらされるんだって、今回のサイレーンの現場のなんて言うんですかね、勢いというか、本気度って言うのが伝わりましたね。これで身体が最後まで持つかどうかは、僕次第ですね。」

—結構、やり直しがあったんですか?

松坂桃李さん
「あれは、何回も何テイクもやり直しとかできないで、2回ぐらいですかね。」

—アクションは、MOZUで結構、過酷なやつやりましたよね?

松坂桃李さん
「ありましたねー恐怖感みたいなものは、確かに免疫はついたりしましたね。MOZUとはアクションのテイストが違うんで、今回、攻撃なアクションというのは、人を制するアクションメインで、やはり予告でも出ていたように、投げたり、抑えたり、カッとしめたりというのがメインなので、そのアクションは、僕自身初めてなので、色んなアクションやらせていただいてますけど、すごく新鮮でとても楽しいですね。」

—予告で出てましたけど、投げる時は、右なんですか?

松坂桃李さん
「あぁ、右ですね。左利きなんですけど。初めてやることになったので、どっちでも。」

—癖みたいものはなく?

松坂桃李さん
「そう言えば、入れましたね。しっかりと。」

—クランクイン前は?

松坂桃李さん
「やりましたね。アクション練習も何回かありつつ、ジムでもトレーナーの方に、『こういった作品があって、こういった動きがあるんですよ。』『わかりました松坂さん。そういうように身体が動けるように仕上げましょう。』ジムとかで、バランスボールを半分切ったやつにお尻だけをのせて、足を浮かせてバランスを取りながら、トレーナーの方が3Kgぐらいのボールを投げてくるんで、それをキャッチして返す。体感というか、その時その時の集中力をつけることをメインにやっていますね。」

—今、脱いだら自信が・・・

松坂桃李さん
「いやいやいやいや」(笑)「全然ですよ。脱ぐなんて、もう、お見せできるような。」(笑)

—そういうシーンは出てこないのですか?

松坂桃李さん
「そういうシーンは、もしかしたらあるのかもしれないし、ないかもしれない・・・どうなんでしょうね?」

松坂桃李さん、番組制作スタッフの方を見ながらたずねた。

番組制作スタッフ
「あるかもしれませんね。」

松坂桃李さん
「あるかもしれないということです。」(会場笑)

—今、聞いて、もうちょっと鍛えないととか。

松坂桃李さん
「そうですね。がんばろうと思います。」(会場笑)

—撮影で二人の女性、木村さんと菜々緒さんが多いと思いますけど、どっちの方が悪女っぽいなと思われます?
役柄じゃなくて、普段。

松坂桃李さん
「えーっ、どっちの方が悪女か。いやぁーお二人共、なんでしょう。世間のパブリックイメージとは違って、結構、男っぽくサバサバしてフランクな感じなんで、なんかそのギャップに男性スタッフなんかは、転がされてる感じがしますね。」(会場爆笑)「だから、甲乙つけ難いというか。無意識的な魅力が現場でもあふれでてくるんで、僕が話す時と監督とかもそうなんですけど、毎回顔のほころび具合が違うんですね。だいぶ垂れ下がる。」(会場爆笑)

—松坂さん自身は、悪女どう?

松坂桃李さん
「いやぁー。そうですね。僕、姉と妹に間に挟まれて育ってますからね。姉からは、『こういう女には気をつけろ。』的な事を言われつづけているので、いかに悪女が怖いものなのかって言うのを、今まで27年間姉の姿を見て育ってきたので。」(会場笑)

—タイプじゃない?

松坂桃李さん
「そうですね。距離を置きたいというか。」

—では、悪女に引っかかったこともなく、騙されたこともなく健全に?

松坂桃李さん
「僕自身、本当に鈍いんで、もしかしたら騙されて、騙されてることにも気づかず終わっている可能性もあるかもしれませんね。気をつけてるつもりが。」

—松坂さんが、この時間帯の民放初連ドラって凄い意外な感じがしますが、ご自身がそれについて考える事とかありますか?

松坂桃李さん
「今回、この話をいただく前に、マネージャーさんと『今年、主演がゴールデンタイムでできるように頑張ろうね。』って言うことで、仕事をやってきたので、お話をいただいた時、すごく嬉しかったですし、マネージャーにも凄いはっぱをかけられたというか。」(会場笑)『しっかりやりないさいよ。』と、「まぁ、でも、僕の不安なんか簡単に取り除くぐらい、みなさん今回ご覧いただいたように、凄く個性的で魅力的な皆さん達が出られているので、キャラクターもしっかり際立ってますし、だから、僕が何にも心配しなくても自然といいものが出来上がっていくものだなって、凄く今実感してますね。」

—これから里見の役が、高級会員制クラブに潜入したりとか、カラを追い詰めていくというか、真相に迫っていくと思うのですが、松坂さん的に話がこうなって行くんじゃないとか先の話を伺いたいのですが。

松坂桃李さん
「先の話。暫定ではボヤッと聞いているのですが、あの原作と違う終わり方をするとしか今は言えないですね。これは、本当、ネタばれにつながるので。でも、今回は、脚本が佐藤嗣麻子さんなので、あっと驚くような終わりを書いていると聞いているので、僕自身も楽しみにしながら台本を待ちながら現場に臨んでいる状態です。」

—アクションもさることながら、菜々緒さんと木村さんの間で、かなり・・・。

松坂桃李さん
「振り回されますね。」

—そういう役どころが、ものすごくみどころになるんじゃないかと思いますが。

松坂桃李さん
「そうですね。でも、基本が里見偲という男は、愛する者を守ることに対しては、凄く強い想いを持っているので、そこの気持ちをやっぱり大事に、怪しい人物、犯人に迫りつつ、いかに彼女である夕貴ちゃんを守れるかというこを前提に作品に入っていけたら一番いいのかなとは思っていますね。」

—サスペンスということですと、やっぱりどこを見ていくと面白いでしょうか。

松坂桃李さん
「今回、船越さんもおっしゃっていたように、『こいつが明らかに怪しい』というのは、もう、わかるんですね。でも、登場している僕らサイドの人間は、知らない状態で、その犯人に迫っていくのでこの距離感とか、僕自身は、カラのこと怪しいんじゃないかなと思うんですけど、夕貴自体は、すごく親しくなっていて「そんなことないよ。また、推理ごっこでしょ?」なんて言われるんですけど、証拠がないから強いことも言えず、でも、犯人に迫る為には、証拠をつかまなきゃいけないので、ある程度夕貴ちゃんをカラと接触させておかなければいけない。泳がせておかなければならないこともあって、そんな中、愛する人間を助けなきゃいけない。どんどんどんどん距離が近くなればなるほど、自分の大事な人が危なくなっていくというところがみてる人に伝わると非常にハラハラするんじゃないかと思いますね。」

—このサイレーンってタイトル。刑事×彼女×完全悪女と3つのタイトルで非常に内容をよくあらわしていると思いますけども、このゴールデン・プライム座長を務める松坂さんにとってサイレーンの現場を松坂さんにとって3つの要素を表すとすると何になりますか?

松坂桃李さん
「えーっ!何になるかなぁ。刑事×彼女×完全悪女、現場を3つで表すということですよね。えっーと。ちょっと待って下さいね。あるんですけど・・・。」(しばし考える様子の松坂さん)「高揚感×緊張×やり過ぎ注意」。

—それぞれ説明いただいていいですか?

松坂桃李さん
「やはり、なんでしょうね。僕自身、刑事もののアクション初めてですし、つきあってることも内緒にしながら真相にせまっていかなければならないという、自分自身のハラハラもありつつ、どこか犯人を追い詰めていく証拠のピースがはまっていく、そこに対する「高揚感」もあれば、現場自体もいい絵が取れると、僕自身もスタッフさんもやっぱり士気が上がりますし、「高揚感」とそこを撮る「緊張感」。そして、連続殺人が次々起こってきますので、その描写がどこまでできるか。「やり過ぎ注意」せめぎ合いですよね。色々あると思うので、どこまでやっていいのか。カラがなかなかの殺しっぷりを発揮するので、脚本の嗣麻子さんもそれで一話の中でも何人人が死ぬんだろう。ト書きの中でも何人も何人も人が死んでいくんですね。それを読んでいくと、どこまで映像でそれを表現できるのかそれを監督やプロデューサーの方達の中で、非常にこう『どこまでやっていいのかな?』って言うのを話し合いながら楽しんでやっている感じですね。」

ここで、会見の方は時間いっぱいとなり、番組スタッフの方より囲み取材終了の声がかかった。

—お時間になりましたので、今日はありがとうございました。

松坂桃李さん
「どうもありがとうございました。よろしくお願いいたします!」

IMG_6645

関西テレビ・フジテレビ系全国ネット 「サイレン 刑事×彼女×完全悪女」は、10月20日(火)より<毎週火曜 午後10時~10時54分放送> ※初回 午後9時スタート 2時間スペシャル

詳細は、「サイレン 刑事×彼女×完全悪女」公式サイトへ
http://www.ktv.jp/siren/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る