舞台「-ブラックコメディー‐ 見えない人たち」 今井康揮さんインタビュー

imai

2月25日(水)築地ブディストホールにて初日開演、是枝正彦さん主宰 パン・プラニング 舞台「-ブラックコメディー‐ 見えない人たち」に出演今井康揮さんに、2月初旬、稽古場での様子を伺いました。

—今回の舞台の今井さんの役どころは、どういった感じですか?

今回、第3話「現実逃避」に僕は、出演させていただきます。家族の話しで、家族4人しか出てこない話です。キャストは、パパ役は、劇団民藝山本哲也さん、ママ役、相原愛さん、娘役の森彩音ちゃん。そして、息子役の僕になります。

—稽古がはじまって、共演者のみなさんとのお芝居は、いかがですか?

山本さんは、リアリズムのお芝居をされるので、すごい自然で、かつ重々しくて、さすが民藝の方だなぁって思います。そこが、見どころでもあります。共演させていただるのも貴重です。愛さんも山本さんもすごいベテランで、ついて行くのだけで、せーいっぱいですが、頑張ってやっています。仕上がりは、ものすごく早くて、今、4回くらいしか稽古やってないですけど、結構仕上がってきてます。後は、進めていくだけです。

—「見えない人たち」は、再演を重ねられている作品ですよね。

はい。この「見えない人たち」は、1980年代から、パンプラニングさんが、上演し続けていて、今回は、多分、何十回目かになると思います。台本も変わってきていて、要らない部分は、どんどんカットされて行くし、 ここは、もっと深くしていったらいいんじゃないかなってところは、どんどん深く、脚本家の是枝さんが、何十年も育てきた作品になります。パン・プラニングの3本の指に入る代表作と言えるような名作です。その作品にまた、出演させていただける事は、本当光栄な事です。

—それでは、舞台に対する意気込みをお願いします!

僕自身この役をやるのは、2回目なので、この話のテーマの深い部分まで、表現できている実感もありますので、是非、「見えない人たち」観に来ていただきたいと思います。よろしくお願いします。

舞台「-ブラックコメディー‐ 見えない人たち」は、2月25日(水)~3月1日(日) 築地ブディストホールにて上演。
詳細は、パン・プランニング公式サイトへ
http://www.punplanning.jp/

舞台「-ブラックコメディー‐ 見えない人たち」

hfhb
dfdb

作・演出:是枝正彦
透明人間をモチーフに三つの異なる切り口で、スチュエ―ションコメディ・不条理劇・悲劇、と3つのジャンルに描きわけたオムニバス

第一話「自業自得」
インテリアデザイン会社の社長大室は、義父から引き継いだ会社を、片腕と信頼する神保専務の助けもあって、なんとか10年間無事経営してきた自分へのご褒美と称して、キャバクラ嬢理沙とアリバイ工作して、ハワイ旅行を企む。
計画はうまく行ってると思ったがナント…!

第二話「奇々怪々」
生まれつき何故か目立たない男、鈴木一郎は、中年になった近頃、その目立たなさ加減ひどくなって行く様な気がする。
そしてとうとう…!

第三話「現実逃避」
自分では透明人間なれると思っているパパと、仕方なくそれに合わせて見えないフリをするママや息子・娘の、滑稽で悲しい物語。

期間:2015年2月25日 (水) ~2015年3月1日 (日)
会場:築地ブディストホール

公演日・開演時間:
2月25日(水)14:00(ハート)/19:00(ダイヤ)
2月26日(木)14:00(ダイヤ)/19:00(ハート)
2月27日(金)14:00ハート)/19:00(ダイヤ)
2月28日(土)13:00(ダイヤ)/17:00(ハート)
3月1日(日)13:00(ハート)/17:00(ダイヤ)
※上演時間 約2時間

チケット料金:
全席指定(前売):5,500円
当日:6,000円(税込)

出演:
【ハ―ト】
片岡五郎
南原健朗
市川博樹
茂野由之
牧本泰山
日下結斗
吉田哲也
宮内翼
八尋洋理
福嶋勇太
逢坂空
藤田峻輔

瀧本瞳
見方あゆ実
中馬さくら
小嶋佳代子
古川愛子
尾形遥
竹内真菜
今田萌
菊川史織
井上聖巳
夏子りか
伊藤みはる
大河内美玖

【ダイヤ】
神道明
山本哲也
町田正則
江口信
藤本忠正
米山雄太
蛇澤多計彦
光永聖
ハベ
嶋田朋義
今井康揮
島崎晋之介
逢坂空

相原愛
玉木文子
三咲順子
中原日菜
尾崎なつ
田中杏奈
神崎沙織
今田萌
安永真樹
森彩音
花凜
大森百花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る