本日午前9時半から受付開始!舞台「この熱き私の激情」×朝日カルチャーセンター新宿!霧矢大夢と翻訳家・松本百合子がネリー・アルカンの特別講義に登場!

六人の女優と一人のダンサーで、一人の女性の人生を描く舞台『この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』が、今年11月に銀河劇場で上演されることを記念して、9月25日(月)朝日カルチャーセンター新宿にて『ネリー・アルカンの世界~愛と激情に生きた作家』と題した特別講義を行なう。

たった8年間で、心の内側に秘めたその怒りを爆発させ、強烈で目をそらしてしまいそうな作品を執筆、大胆かつ悲劇的に去って行った小説家ネリー・アルカン。

PARIS – SEPTEMBER 03: (FILE PHOTO) Canadian author Nelly Arcan poses while in Paris,France to promote her book on the 3rd of September 2004. (Photo by Ulf Andersen/Getty Images)

ネリーの書いた小説には、モントリオールで高級コールガールだった時代のこと、これまでの人生、自分が「女」であること、あるいは家族の中でつねに感じていた疎外感など、自身の生涯を赤裸々に小説の中に綴っている。

今回は、ネリー・アルカンの4作品の小説をコラージュし舞台化した『この熱き私の激情』の出演者の一人である、元宝塚月組トップスターで、退団後も数多くの舞台で活躍中の霧矢大夢とネリーのデビュー作である小説「Putain」を翻訳した松本百合子さん(9月下旬にパルコ出版から改訂翻訳版が発売)が、ネリーの作品像、女性と表現をめぐって語り合います。また、霧矢さんのこれまでのターニングポイントとなった舞台作品などの俳優人生について語る予定。

参加者募集開始は、2017年8月22日(火) WEB・窓口は午前9時半から。電話受付は空席がある場合のみ、午前10時半から。

【イベント概要】
講座タイトル:ネリー・アルカンの世界~愛と激情に生きた作家
日時:2017年9月25日(月)19:00~20:30
会場:朝日カルチャーセンター新宿 朝日JTB・交流文化塾(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル10階)
講師:元宝塚月組トップスター 霧矢大夢、翻訳家 松本百合子
お問合せ:03-3344-1945または03-3344-1941(月~土 10時半~18時半)
詳細URL: https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/345a9848-63aa-7ebd-9754-5973f6a38a66

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る