26日(水)初日開幕!舞台「DIABOLIK LOVERS」山崎大輝さん、橋本祥平さん、井深克彦さん、高橋歩未さん、末原拓馬さん、安里勇哉さん、髙﨑俊吾さん、土井一海さん、雨宮優さんゲネプロ記者会見レポート!

舞台「DIABOLIK LOVERS」が、26日(水)東京・六行会ホールにて初日開幕!同日公開ゲネプロが行われ、終了後の囲み取材に、山崎大輝さん、橋本祥平さん、井深克彦さん、高橋歩未さん、末原拓馬さん、安里勇哉さん、髙﨑俊吾さん、土井一海さん、雨宮優さんが出席した。

本作品は、大人気アニメ「DIABOLIK LOVERS」の舞台化、2015年10月より「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」の続編O.Aも決定、チケットは即時完売の人気を誇る話題作。

脚本はミュージカル「AMNESIA」(脚本)の太田ぐいやさん、演出はハンサム落語(脚色・演出)のなるせゆうせいさん。

メインキャストのド S のヴァンパイア・逆巻 6 兄弟には、ミュージカル「AMNESIA」出演の山崎大輝さん、ミュージカル「薄桜鬼」出演の橋本祥平さん、「マルガリータ~戦国の天使たち~」出演の井深克彦さん、パフォーマンスユニット「TOKYO 流星群」メンバーの安里勇哉さん、「ハマトラ THE STAGE」に出演の髙﨑俊吾さん、舞台【BASARA 第 2章】出演の土井一海さん。ヒロイン小森ユイ役には、舞台「忍たま乱太郎」高宗歩未さん、コーデリア役「モンスターハンター」雨宮優さん。

ゲネプロ直後の記者会見には、メインキャスト一同が勢ぞろいし、本公演についてそれぞれの想いを語った。

—演じる役や舞台「DIABOLIK LOVERS」の魅力についてお願いします。

逆巻アヤト役 山崎大輝さん
0826_02
「逆巻アヤト役の山崎大輝です。逆巻アヤトは、とても乱暴なところもあるのですけれども非常に根の部分は愛されたい願望がすごい強いんですね。それを乱暴ながらにも心の中にそういうものが潜んでいるのを表現していけたらいいなと思います。」

逆巻カナト役 橋本祥平さん
0826_03
「逆巻カナト役の橋本祥平です。「DIABOLIK LOVERS」魅力と言うのは、ドSな6人兄弟達なんですけれども性格はバラバラで、バラバラな6人のドS感がありまして、噛み方とかそういうところにそれぞれの良さが出てるので、観て下さる方はそういうところに注目してみんな見ていただければうれしいと思っております。」

逆巻ライト役 井深克彦さん
0826_04
「逆巻ライト役 井深克彦です。自分の演じるライトという役はですね、巷では粘着質ドSと言われているような役柄なのでわりとそうですね。2.5次元として表現する時に、まぁ、色々恥じらいだったりとか、普段したことないような事だったりが多くて、初躊躇もあったんですけども、やっぱりこの原作ファンの方は、その粘着質ドSの姿が観たいんだろうと信じて(場内爆笑)僕は誇りを持ってユイちゃんを吸血させていただいているのんでそこを見所にしたいなと思っています。」

小森ユイ役 高宗歩未さん
0826_05
「小森ユイ役、高宗歩未です。小森ユイちゃん、すごく可愛くて、でもすごく逞しくてっていう、本当素敵な少女、女性、女子を演じさせていただいているんですけれでも、この「DIABOLIK LOVERS」という作品はお客様が主人公のなので、いかにお客様に共感してもらえるか。ユイちゃんと同じ気持ち、ユイちゃんが一番お客様に近い距離にいるので、いかにお客様と一番近い距離で演じられるかを意識してやってきました。本当に楽しめる作品になっていると思いますので、おススメです!」

コーデリア役 雨宮優さん
0826_08
「コーデリア役、雨宮優です。「DIABOLIK LOVERS」は、本当にもうひとりひとりのキャラクターが魅力的で、個性が際立っているので、その中でコーデリアとしての存在というのを息子達のドSぶりに負けないくらい、コーデリア様のすごいベースだと思うので、そういう強い気持ちで、強い女性を演じられたらなと思ってコーデリア様を頑張っております。是非、観に来て下さい!よろしくお願いします!」

逆巻スバル役 土井一海さん
0826_09
「逆巻スバル役の土井一海です。スバルって役は、6兄弟の中で一番、人間味があるというか、物壊したりとかするっていうのは、「強い自分を見せて弱い自分を隠したい」みたいな人間的な部分があるんですけれども、そういうところを舞台上で表現できるようがんばりますので、よろしくお願いします。」

逆巻レイジ役 髙﨑俊吾さん
0826_11
「逆巻レイジ役、髙﨑俊吾です。今日は来ていただきありがとうございました。僕が演じてるレイジという役は、この6人の中では一番しっかりしてるとか羊系、真面目系ドSというカテゴリーに入っているのですけれど、その中でも、同じ母を持つシュウとの溝の深さであったりとか闇の部分を抱えていたりして、そういう内面的なとこまでみなさんに見せていけるように、シュウとの話ももっともっと深めていけたらいいなと思っています。ありがとうございます。」

逆巻シュウ役 安里勇哉さん(TOKYO流星群)
0826_10
「逆巻シュウ役、安里勇哉です。シュウという役は6兄弟の長男なんですけども無気力系ドSということで(場内笑)、どんだけめんどくさがりさを出すかを稽古からずっとやってきたんですけども、演出家さんから「それだとちょっと見てらんない、めんどくささ出すぎてる」ってのがあって、そこをどのぐらいまで出すのかが難しかったですね。そういう所をがんばりました。ありがとうございます。」

リヒター役 末原拓馬さん(おぼんろ)
0826_07
「舞台「DIABOLIK LOVERS」の魅力は、ゲームの原作がやっぱりもの凄い長いものがあったものを80分にキュっと縮めることで色んなことが起きたと思うんです。それとやっぱり我々が常に舞台上にいるし、呼吸もしてるし、目線も常に上段に寄ってるし、色んなものがはみ出るなぁと思ったんです。我々がこの舞台でしかないメッセージ性というかエッセンスは、もちろん出ていたと思います。

そして、僕が、リヒター役の末原拓馬です。(場内爆笑)

この役が実は、もの凄い繊細な人間らしい愛情を持っている。生き返えらせることが可能なので、すごい夢を持ってしまって、強がってる部分とか弱い部分があって、人間より強い存在のバンパイヤーなのに、人間よりグズグズの泥沼っぽいところに、ズブズブ入っていくところが、まぁ、心地よかったり、ここはこういう世界観だから、渡せるもの伝えられる世界観があるんだろうなと思います。観て下さい。どうもありがとうございました。」

引き続き記者会見の様子は、続編をお届けいたします。お楽しみに!

舞台「DIABOLIK LOVERS」は、8月26日(水)~8月30日(日)全9公演。

詳細は、舞台「DIABOLIK LOVERS」公式サイトへ
http://stage-dialover.com/

(C)Rejet・IDEA FACTORY/DIABOLIK LOVERS PROJECT
(C)舞台「DIABOLIK LOVERS」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る