歌姫・miwa・坂口健太郎W主演!映画『君と100回目の恋』豪華出演キャスト発表!各キャストコメントも到着!!

10代を中心に男女問わず圧倒的な支持を得る時代を繋ぐシンガーソングライター・miwaと、映画『ヒロイン失格』・NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など話題作への出演が続く今最も注目される俳優・坂口健太郎のW主演、オリジナル映画『君と100回目の恋』(2017年2月公開)の第2弾キャストが明らかになった。

本作は、miwa演じる大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、坂口健太郎演じる幼なじみの陸(りく)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした一途男子を坂口が、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女をmiwaが演じる。

葵海(miwa)と陸(坂口健太郎)と同じ大学に通い一緒に組むバンド内でベースを担当し葵海に片思いをする松田直哉(まつだなおや)役に主演映画『シマウマ』の公開を控える竜星涼(りゅうせいりょう)・ドラムを担当し仲間内でのムードメーカーでもある中村鉄太(なかむらてった)役にドラマ「表参道合唱部!」等の泉澤祐希(いずみさわゆうき)、葵海の親友で常に彼女を応援しながら自身は直哉への密かな想いを秘める相良里奈(さがらりな)役に、映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー首都決戦』等の真野恵里菜(まのえりな)、幼い頃から二人を見守ってきた陸の伯父・長谷川俊太郎(はせがわしゅんたろう)役には、田辺誠一(たなべせいいち)。さらには、陸の学部の先輩であり指導をする院生・遥(はるか)に太田莉菜(おおたりな)、葵海の母・圭子役には堀内敬子(ほりうちけいこ)、大学教授役に大石吾朗(おおいしごろう)が決定。

本作のもう一つの魅力は音楽。劇中で彼らが組むバンドの演奏も見どころのひとつで、ギターの坂口・ベースの竜星・ドラムの泉澤は、猛練習中。それぞれ、指導者が驚くほどの上達ぶりです。アーティストmiwaが登場人物の葵海として書かきおろすラブソングとともに、豪華キャストたちの化学反応に加え魅力的な音楽が全編を彩る作品となっている。

撮影は5月初旬にクランクイン。オールロケにてダイナミックな海辺の街を舞台にした風景をバックに、日々、眩いばかりの青春の恋が織りなす光と、その光がうき彫りにする運命という名の影に立ち向かっていく二人と仲間との撮影が進行中。

また、映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」も始動中。 「週刊ヤングジャンプ」では、同タイトルの漫画「君と100回目の恋」(原作:Chocolate Records構成:イナバセリ 漫画:よしづきくみち)が絶賛好評連載中。秋以降には、集英社オレンジ文庫にて、本作の関連小説の出版も決定。miwaの劇中でのラブソングをはじめ、音楽での様々な展開も予定されている。映画・音楽・出版・メディア・WEBと広がっていく(君100)プロジェクトの今後が期待される。

キャストから発表されたコメントは以下のとおり。

◆発表キャストコメント/プロフィール

松田直哉(まつだなおや)役:竜星涼(りゅうせいりょう)

竜星涼コメント:この度『君と100回目の恋』に出演します。今回自分にとって最大の挑戦でもあるベースで、仲間たちと今までに味わったことのない、「音楽のチカラ」で青春し、一生懸命爆発して、燃え尽きたいと思います。

PROFILE:
1993年生まれ、東京都出身。10年「素直になれなくて」(CX)で俳優デビュー。「獣電戦隊キョウリュウジャー」(EX/13)にキョウリュウレッド(桐生ダイゴ役)としてテレビドラマ初主演。その他、主な出演作に、ドラマでは「GTO」(CX/14)、「ごめんね青春!」(TBS/14)、映画では、『桜蘭高校ホスト部』(12)、『大奥~永遠』(12)、『俺たち賞金稼ぎ団』(14)、『orange-オレンジ-』(15)など。公開待機作に、主演を務めた5月21日公開『シマウマ』や『Bros.マックスマン』(16)がある。

相良里奈(さがらりな)役:真野恵里菜(まのえりな)

真野恵里菜コメント:完全オリジナル脚本ということで、とてもワクワクしています。初めて台本を読んだ時、どうなるの?どうなるの?という気持ちが強くて、ページをめくる手がどんどん進みました。一途な恋、ステキです。また、月川監督とは何度かご一緒させていただいてるのですが、今回のようなピュアな恋愛作品を創り上げるのは初めてなので、それもとても楽しみです。

PROFILE:
1991年生まれ、神奈川県出身。2008年ハロー!プロジェクトよりソロ歌手としてデビュー。2013年にハロー!プロジェクトを卒業。バラエティに加え、テレビドラマ、映画、舞台、と女優として活躍。主な出演作に、映画では、ヒロインを務めた『THE NEXT GENERATION-パトレイバー-』(14・15)、『リアル鬼ごっこ』(15)の他、『わが母の記』(12)、『劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇/爻の篇』(13)、『orange-オレンジ-』(15)ドラマでは、「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(12/TBS)、「みんな!エスパーだよ!」(13/TX)、「結婚式の前日に」(TBS/16)舞台では「悼む人」(12)、「ベター・ハーフ」(15)、「グランドホテル」(16)など。今後の出演作に、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)がある。

中村鉄太(なかむらてった)役:泉澤祐希(いずみさわゆうき)

泉澤祐希コメント:中村鉄太役の泉澤祐希です。(劇中の)バンドでは、ドラムを担当させていただくのですが、今まで触ったことも叩いたこともありません。しかも、ボーカルが元々ファンで良く曲を聴いていたmiwaさんと言うのもプレッシャー。嬉しい反面、不安が大きくありますが、猛特訓で頑張っています。ドラムの練習自体はめちゃくちゃ面白くて今後も続けたいとも思っています。鉄太という役も、今まで自分が演じてきた役とは少し違い、プライベートの自分と近い感じがして楽しく演じることが出来そうです。月川監督にも泉澤くんに会ってから鉄太のイメージが湧いてきた!と言っていただけたので、期待に応えられるよう精一杯演じたいと思います。

PROFILE:
1993年生まれ、千葉県出身。8歳より子役として活躍。「東京が戦場になった日」(NHK/14)でドラマ初主演。主な出演作にドラマでは「白夜行」(06/TBS)、「モテキ」(TX/10)、「赤い指~「新参者」加賀恭一郎再び」(11/TBS)、「花燃ゆ」(15/NHK)、「マッサン」(15/NHK)、「表参道合唱部」(15/TBS)、「ちゃんぽん食べたか」(15/NHK)、映画では『超能力研究部の3人』(14)、『過ぐる日のやまねこ』(15)など。公開待機作に『秘密-THE TOP SECRET』(16)

長谷川俊太郎(はせがわしゅんたろう)役:田辺誠一(たなべせいいち)

田辺誠一コメント:これから撮影に入りますが、あらゆる事が楽しみです、楽しみすぎます!海辺のカフェ、エネルギーに溢れている若者達。キラキラしている大切な時間、季節。大空に奏でられる音楽。僕はもうかなり大人なので、目を細めながら若者達の溢れる生命感を温かく見守りたいと思います。「いま」という時間を生きる全ての世代の方々の心に響く映画になるのではないかと思っています。

PROFILE:
1987年、メンズノンノの専属モデルとしてデビュー。02年『ハッシュ!』で報知映画賞主演男優賞ほか数々の賞を受賞。主な出演作に、映画では『ハッピーフライト』(08)、『ライアーゲーム』(10)、『紙の月』(15)など。ドラマでは、「撃てない警官」(WOWOW/16)、舞台では「キレイ」(15)など。映画監督としても、ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式招待作品となった『dog-food』(99)、『ライフ イズ ジャーニー』(03)などの作品を手掛ける。最近ではイラストレーター・絵描きとしても各所で活躍。

小原遥(おばらはるか)役:太田莉菜(おおたりな)

PROFILE:
1988年生まれ千葉県出身。01年にモデルデビューし、その後数々のファッション誌などで活躍。04年には映画『69sixty-nine』のヒロインでスクリーンデビュー。以降は女優としても、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍主な出演作に、映画では『ユモレス 逆さまの蝶』(06)、『脳男』(13)、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』(全7章&長編劇場版・14)、『ホットロード』(14)、『海月姫』(15)、『テラフォーマーズ』(16)、テレビドラマでは「私という運命について」(14/WOWOW)、「ロング・グッドバイ」(14/NHK)、舞台では「怪獣の教え」(15)など。

大学教授役:大石吾朗(おおいしごろう)

PROFILE:
1946年生まれ神奈川県出身。GS黄金期にミュージシャンとしてデビュー後、伝説の音楽オーディション番組「国旗―ポップ」の司会で人気を博す。以後、多くのテレビドラマ・映画で俳優としても活躍。主な出演作に、テレビドラマでは、「遅咲きのヒマワリ~僕の人生リニューアル~」(12/NTV)、「本日は大安なり」(12/NHK)、「下町ロケット」(15/TBS)、「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」(15/WOWOW)、映画では『春を背負って』(14)、『マエストロ』(15)など。

日向圭子(ひなたけいこ)役:堀内敬子(ほりうちけいこ)

PROFILE:
1971年生まれ東京都出身。劇団四季退団後、舞台・映画・TVと幅広く活躍し、第15回読売演劇大賞女優賞、第33回菊田一夫演劇賞を受賞。05年、三谷幸喜監督の『THE 有頂天ホテル』で映画初出演。主な出演作に、映画では『宇宙兄弟』(12)『映画ひみつのアッコちゃん』(12)『アゲイン28年目の甲子園』(15)、ドラマでは「ショムニ2013」(13/CX)「マッサン」(15/NHK)「ようこそ、わが家へ」(15/CX)「表参道高校合唱部!」(15/TBS)「44歳のチアリーダー!!」(15/NHK)「99.9-刑事専門弁護士-」(16/TBS)「コントレール~罪と恋~」(16/NHK)などがある。 公開待機作に、『高台家の人々』(16)、『永い言い訳』(16)、『疾風ロンド』(16)など。

映画『君と100回目の恋』

ストーリー
彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の物語。感涙のラブソングにのせて贈る、時をかけめぐるラブストーリー

7月31日、誕生日の夜。ライブの帰り道に、大学生の葵海は事故にあってしまうしかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1週間前―。動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられない幼なじみの陸が言う。「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も時を戻していたのだ。「運命を変えられた。葵海はもう死なない。絶対に」想いが通じ合った二人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る二人だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた―。「葵海のいない未来なんて、俺には意味がない」陸が自分の未来すべてをかけて自分を愛していることを知る葵海に、再び7月31日がやってくる―。

出演:miwa 坂口健太郎 竜星涼 真野恵里菜 泉澤祐希 太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』)
プロデュース:井手陽子
製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る