倫理や道徳を超える、少年たちの美しき悪夢 映画『エヴォリューション』2016年11月26日(土)公開日決定!

「初期クローネンバーグを思わせる!」「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」等、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭等、各映画祭で大きな反響を巻き起こし、フランス映画祭2016でも来日を果たしたルシール・アザリロヴィック監督最新作、映画『エヴォリューション』の公開初日が2016年11月26日(土)で決定!渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開される。

本作は、ギャスパー・ノエの公私にわたるパートナーであり、秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督が10年の歳月をかけて完成させた異色作。スペイン・カナリア諸島のランサローテ島で撮影された自然の風景と濃密な世界観が圧倒的な映像美で織り成す、少年のイマジネーションと成長の物語。

エヴォリューション_ティーザー_s-1

【STORY】
ある島、少年だけに施される奇妙な医療行為。
秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督による、
まるで悪夢のような、禁断のダークファンタジー。

少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳のニコラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めたニコラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』から10年。原始的な感情を呼び覚ます圧倒的な映像美でルシール・アザリロヴィック監督が描く、倫理や道徳を超えた81分間の美しい“悪夢”。エヴォリューション(進化)とは何なのか…?

トロント国際映画祭 正式出品
サン・セバスチャン国際映画祭 審査員特別賞・最優秀撮影賞受賞
ストックホルム国際映画祭 最優秀撮影賞
ナント・ユートピア国際SF映画祭 最優秀撮影賞
ジェラルメール国際ファンタスティック映画祭 審査員賞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脚本&監督:ルシール・アザリロヴィック『エコール』(2004)『ミミ』(1996)
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ 他
撮影監督:マニュエル・ダコッセ/美術監督:ライア・コレット
配給・宣伝:アップリンク

最新情報は、各公式サイトへ

【公式サイト】http://www.uplink.co.jp/evolution/
【公式Twitter】https://twitter.com/evolution_movie
【公式Facebook】https://www.facebook.com/evolutionmovie.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る