キャリー・マリガン、メリル・ストリープ、ベン・ウィショー出演、映画『未来を花束にして』邦題決定&ポスタービジュアル解禁!

suff_chirashi

キャリー・マリガン、メリル・ストリープ、ベン・ウィショー実力派俳優陣が贈る、実話を基にした感動のヒューマン・ドラマ『Suffragette (原題)』の邦題が、『未来を花束にして』に決定し、2017年1月下旬TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーが決定!ポスタービジュアルが本日解禁となった。

物語は、1912年、イギリス・ロンドン。24歳のモード・ワッツ(キャリー・マリガン)は、洗濯工場で働く同僚の夫と幼い息子と3人で暮らしていた。ある日“サフラジェット(女性参政権運動の活動家)である友人の代わりに、公聴会で証言をすることになる。緊張しながらも質問に答えるモードが、“今とは異なる生き方があるのでは?”という疑問を生まれて初めて持った瞬間だった。それを機に彼女は、WSPU(女性社会政治同盟)のリーダーである、エメリン・パンクハースト(メリル・ストリープ)の演説を聞き、デモにも参加するようになる。しかし、このような活動を不満に思う男性が多いのも事実だった。夫から家を追い出され、息子に会うことまで禁止されたモードは、さらに工場長からクビを宣告されてしまい……。

女性参政権が成立していない時代——権利もなく、主張する機会もない。女性にとって困難の多い時代に、階級を超えて連帯した女性たちの願いはやがて大きなムーブメントとなり社会を変えていった——。実話に基づいた本作は、迷い傷つきながら、自分の信じた道を進もうとした女性たちの勇気に心揺さぶられる感動のヒューマン・ドラマ。

キャストには、『17歳の肖像』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ実力派若手女優として一気にブレイクしたキャリー・マリガンが、自身の出産後、初の母親役に挑み、子供と引き離されながらもその未来のために立ち上がるしなやかで愛情深い女性を演じた。3度のオスカーに輝くメリル・ストリープはマーガレット・サッチャー役に続いて再び実在する強い指導者に扮し、鮮やかな存在感を放つ。モードの夫に『007 スペクター』(15)の“Q”役、ベン・ウィショー。同志のイーディスを演じたヘレナ・ボナム=カーターは、参政権運動を弾圧したその当時の首相の曾孫にあたる個性派。

監督のサラ・ガヴロンは「(原題の)“Suffragette=サフラジェット”という語彙は、女性の参政権を求める活動家の蔑称としてイギリスのマスコミが作り出したもの。やがてその呼び名が女性運動を指す言葉として定着した。こんな驚異的でパワフルな物語を、今までどうして誰も映画化しなかったのか、不思議だった」と語る。脚本は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(11)のアビ・モーガンが担当。強力な女性チームが、これからの百年も語り継ぐべき物語を完成させた。

映画『未来を花束にして』は、2017年1月下旬TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る