女性参政権を求めて立ち上がった女性たちの実話、メリル・ストリープ主演 映画 『未来を花束にして』 予告編解禁!

180314SH_08374.nef

女性には投票権も親権さえも認められていなかった1912年のイギリスを舞台に、女性参政権を求めて立ち上がった名もなき女性たちの感動の実話、映画 『未来を花束にして』 に予告編が本日解禁された。

物語は、主人公は洗濯工場で働く平凡な母親モード。ある時“別の生き方があるのでは?”と疑問が芽生えたことから、愛する我が子には自分とは異なる人生を歩んでほしいと思い始める。その一心で運動に身を投じることを決め、変貌してゆくモードをキャリー・マリガンが凛として演じた。実在する女性運動の指導者エメリン・パンクハーストにはメリル・ストリープが扮する。モードの夫には、ベン・ウィショー。モードの同志のイーディスを演じたのはヘレナ・ボナム=カーター。監督はサラ・ガヴロン。脚本は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のアビ・モーガンが担当。強力な女性チームが、これからの百年も語り継ぐべき物語を完成させた。

2016年、日本では6月に18歳以上が選挙権を持つ参院選が初めて実施され、8月には小池百合子東京都知事が就任。女性たちが当たり前の権利として享受する“一票”は世界中に存在したであろうモードのような“名もなき花”の勇気ある行動によってもたらされたと言える。自分たちの意思で社会を変えていった女性たちの心揺さぶられる物語がいよいよ公開される!

『未来を花束にして』は、1月27日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次ロードショー!
詳細は、映画『未来を花束にして』公式サイトへ

suff_chirashi

監督:サラ・ガヴロン 
脚本:アビ・モーガン『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』出演:キャリー・マリガン『華麗なるギャツビー』、ヘレナ・ボナム=カーター『アリス・イン・ワンダーランド』ベン・ウィショー『007 スペクター』、メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
提供:KADOKAWA、ロングライド 配給:ロングライド
© Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2015. All rights reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る