キャスト傳川光留さんコメントも!FUERZA BRUTA 『Panasonic presents WA!! Wonder Japan Experience』 新シリーズ開幕!

14日、東京・品川プリンスホテル ステラボールにて絶賛上演中の FUERZA BRUTA 『Panasonic presents WA!! Wonder Japan Experience』 が第3期新シリーズを開幕初日を迎えました。

フエルサブルータは、南米アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスに誕生したフエルサ・ブルータが、劇団でも、サーカスでも、ダンス・カンパニーでもなく、まったく新しいショーを提供する体験型エンターテイメントカンパニー。台詞に頼らず、五感を刺激する演出は、国境を越え、多くの人に愛され、ニューヨークでは、10年に渡るロングランを達成し、その総動員数は500万人を誇る本作。舞台を率いるのは、アルゼンチンの舞台芸術をリードするクリエイター、芸術監督のディキ・ジェイムズと、音楽監督兼作曲家のガビー・ケルペル。

アルゼンチン建国200周年記念パレード(2010年)やリオのカーニバルのパレード演出(2016年)等も手掛けるディキ・ジェイムズが、日本をテーマとした新作のアイデアを描き、準備を始めたのは2009年。それから8年間の構想期間を経て、新作『Panasonic presents WA !! – Wonder Japan Experience』が今年8月に開幕!『WA!!』チーフ・アンバサダーには、岸谷五朗。そして、大谷亮平、松井愛莉、吉沢亮、恒松祐里ら人気若手俳優の就任で話題のステージをPRE☆STAGE編集部も体感してきました!

会場では、家紋と城にしきられたブースに通され、多くの来場者と開演を待機。オープニングと共に視界が開け、音楽と映像、そしてアートの中をパフォーマーが縦横無人に跳び舞うアートエンターティメントショーで開幕!その幻想的で美しい造詣の素晴らしさはまさに問答無用。類まれなる身体能力でアートに溶け込むパフォーマンスは、驚きと感動の連続!この感動は、次世代クリエイターを産み出すこと間違いなし!感動が次の感動に連鎖していく「WA!!」を確かに目撃しました!

キャストの傳川光留さんは、「8月に第1期、10月第2期、そして今日から始まった第3期と、このメンバーで迎えることができて本当に嬉しく思っています。公演に関わった全てのみなさまに感謝申し上げます。昨年の12月にオーディションがありまして、そこから1ヶ月半に渡る、アルゼンチンでのリハーサル、その後、岡山で太鼓合宿などを経て、ようやく8月に開幕しました。はじまった頃は、まだまだみんな細かったのですが、今では、精神的にも肉体的にも一回りも二回りも大きくなりました。(笑)アルゼンチンキャスト、ニューヨークキャストの僕たちに多大な影響を与えてくれました。彼らは僕らに知識とパッションを教えてくれました。それは僕らの今の自信になっています。意外と知られていないのですが、この公演は、毎日1時間前に配役が決まります。男性は男性役、女性は女性役を全部演じられるように備えています。それはこれからも変わらないので日々観に来て下さる方は、日々日々全然違うものを観ていただけるものが醍醐味でもあります。さらにロングランがんばっていきますよろしくお願い致します!」と今後のロングラン公演への意気込みを力強くコメント。今後、ますますの盛り上がりを見せる FUERZA BRUTA 『Panasonic presents WA!! Wonder Japan Experience』を是非お見逃しなく!公演の詳細は、FUERZA BRUTA 『Panasonic presents WA!! Wonder Japan Experience』公式サイトへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る