Cafe40 vol.2 at 中村中学校・高等学校 「happy skip」 右近良之さんインタビュー

丸の内朝劇で、演劇界に新風を巻き起こした右近良之さんが、「お芝居を持って街に出て、人と人を繋げ、人と場を繋げ、人と街を繋げたい。」というコンセプトの元、新プロジェクト Cafe40 を今年1月に始動!

現在、第2弾 Cafe40 vol.2 「happy skip」を中村中学校・高等学校 新館LADY1階 CAFE MiyaKoDo にて絶賛公演中!

作・演出は、ミュージカル「忍たま乱太郎」、つんく♂シアターの菅野臣太朗さん。出演者には、ミュージカル「アニー」主演、劇団新感線・松竹『髑髏城の七人〜アオドクロ』の田畑亜弥さん、舞台「マルガリータ~戦国の天使たち~」石田ローザ役 小峰めぐみさん、劇団ハーベスト、現役女子高生の望月瑠菜さん、ミュージカル『忍たま乱太郎』学園長役 迫英雄さん、そして朝劇・Cafe40 の右近良之さん

school

いよいよ今週末、千秋楽を迎える右近良之さんにお話をうかがいました。

—上演おめでとうございます!朝劇・丸の内で、Cafe40をやりたいとおっしゃられていて、第2弾、着々と夢を実現されていらっしゃいますね。 (当サイト朝劇・丸の内インタビューは、こちら

ちょうどその時期に、朝劇をご覧になった飲食業界の方から
朝ではなく通常の時間帯にやって欲しいと話をいただいたのでタイミングがよかったんです。

お芝居の時間も、朝劇は40分前後なんですが、これを通常公演にも生かそうと思いました。
お芝居を、より日常に溶け込ませ、ひとつのコミュニケーションツールとして、お芝居を生かしたいと思っていましたのでCafe40も40分前後のスタイルになっています。

それと、カフェを使って、1時間30分、2時間のお芝居をしてしまうと、カフェを特別な場に変えてしまうんですね。
生活の中に溶け込む、カフェの役割はなるべく変えたくないので、40分前後という時間にはこだわっています。

—今回のお芝居、「happy skip」は、公演会場の中村中学校・高等学校そのものがストーリーになっていらっしゃるのですね。

朝劇を通じて「CAFE MiyaKoDori」のプロデューサーの方と知り合いまして、
その方から「中村でやってみない」と、中村中学校・高等学校の校長先生を紹介していただきました。

この校長先生、CAFEの横に「足湯」を作ったり、授業のチャイムを廃止したりと
自分が「いい!」と思ったことは、たとえ周囲の反対にあおうと、実行してしまう先生なんです。
僕も、周りから「無理だ」と言われながら「朝劇」を始めたり、自分の直感を信じて動いてしまうタイプなので
最初から非常に話しが合いましたね。

もう話せば話すほど、共感ポイントが多くて、出会ったその日に「早くやって下さい!」と言っていただけました(笑)

—言うならば、ドキュメンタリー舞台のような「Cafe40」ですが、
当事者の生徒さん、先生方を目の前に、舞台を演じてみられての感想はいかがですか?

Cafe40は毎回、実際にその場で生活している人の前で演じています。
そういう方が、Cafe40を観たり、Cafe40に参加したりする事で、あらためて場の想いを感じ
自分の生活の場をより好きになり、そこに居ることに誇りを感じてもらえたらと思ってるんです。

日々繰り返される日常のなかで、ややもすると、自分の存在価値とか、意義とかを見失いがちですが

「ただそこにあなたが居るということだけで、誰かの力になってる」
「あなたのその日々の経験を、必ず誰かが必要としてる。無駄なんて何もないんだよ」

という想いを伝えたいと思っていますので、終演後に、先生や、生徒さんのキラキラした表情を見たり、 感想に「もっとここが好きになりました!」とかあると、やってよかった。と嬉しくなります。

考えてみると、自分が伝えたいメッセージが、全部自分に返ってきてるんですね。
自分を通して、日々何を出していくのか、出していきたいのか、あらためて考えさせられます。

—それでは、いよいよ今週末で千秋楽の「happy skip」ですが、みどころをお願いします。

Cafe40は、場の想いを脚本に生かすというスタイルですので、今回も、校長先生、カフェテリアのプロデューサーと何度も打合せをして、想いを脚本に生かしています。
そしてそこに「Cafe40」の想いを重ね、創り上げました。

そしてその想いは、決して特別なモノではなく、どんな人にも届く想いだと思います。
観にきていただいた方それぞれの、共感ポイントがどこかに入ってると思いますので、それぞれに何かを感じてもらえたら嬉しいです。

そして、最後のラインナップでは、通常は役者のみですが、Cafe40では、校長先生、カフェテリアのスタッフさん、Cafe40に関わってくれた方全員で挨拶をします。
その時間もCafe40にとって、お芝居と同じように、想いを感じてもらえる大切な時間です。

学食、お芝居、挨拶、そしてそれ以外の時間、どこを切り取っても想いが込められていますので、学食同様、味わっていただければと思います。

あっ、大好評の足湯にも、観劇後に入っていただけますので!
もちろんタオルの用意もあります(笑)

 

Cafe40 vol.2 at 中村中学校・高等学校「happy skip」は、4月12日(日)より、全7公演。

詳細は、公式サイトへ
http://ukonyoshiyuki.com/cafe40.html

Cafe40 vol.2 at 中村中学校・高等学校「happy skip」

作・演出:菅野臣太朗

キャスト:
田畑亜弥
小峰めぐみ
望月瑠菜(劇団ハーベスト)
迫英雄
右近良之

会場:
中村中学校・高等学校 新館LADY1階 CAFE MiyaKoDori
東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河」駅A3出口より徒歩3分。
〒135-8404 東京都江東区清澄2-3-15
TEL (03)3642-8041
http://www.nakamura.ed.jp/new_outline/access

公演日程:
4月12日(日)13:15~/17:15~
4月18日(土)17:15~
4月19日(日)13:15~/17:15~
4月26日(日)13:15~/17:15~

*受付:12時45分〜13時15分(ご来場順に学食) お芝居終了14時15分:15時closed
*受付:16時45分〜17時15分(ご来場順に学食) お芝居終了18時15分:19時closed

★お芝居約40分
★時間には若干の変更の可能性があります。
★上記受付時間を過ぎますと、学食のご提供は出来ませんのでお気をつけ下さい。

チケット料金:
日時指定・全席自由/全学食付き(ご来場順でのご案内。ご相席あり)
前売 4,500円(税込)当日清算

ご予約はコチラから↓
http://ticket.corich.jp/apply/63837/006/

学食内容
献立1
・豚の塩麹焼き
・切り干し大根のアラビアータ
・ごはん、お味噌汁
・プティフール
・コーヒーor紅茶

献立2
・サーモンのムニエル タルタルソース
・切り干し大根のアラビアータ
・ごはん、お味噌汁
・プティフール
・コーヒーor紅茶

*1か2の、どちらかをお選びいただき、お申し込みの際
備考欄に「献立1」or「献立2」をご記入ください。

スタッフ:
脚本・演出:菅野臣太朗
プロデューサー:Chiharu
イラストレーター:Shige
アートディレクター:作間由美子
楽曲提供:ナミヒラアユコ

協力:
スーパーエキセントリックシアター、菅井洋仁、ソニー・ミュージックアーティスツ、メディア・サーカス、ランウェイフィールド、和田剛
Dig-est、Ask(五十音順)
お問い合わせ:
E-mail info@ukonyoshiyuki.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る