角田光代原作、主演 岸井ゆき・成田凌 出演、映画『愛がなんだ』超・スウィートな本編映像解禁!

直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』は、‪4/19(金)‬よりテアトル新宿ほかにて全国公開。

本日、本作で、成田凌が岸井ゆきのの口元に 優しく“追い”ケチャップをする超・スウィートな本編映像が公開されました。

‪https://youtu.be/nJn835jPUVA

主人公は28歳のOLテルコ(岸井)。彼女は一目ぼれしたマモル(成田)にずっと想いを寄せている。自分の時間のすべてをマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルがいてくれるならテルコはこの上なく幸せだと思っていたが。。

本シーンに関して今泉監督は「テルコが普通に惚れそうになる空気を成田さんは出しくれてましたね。『追いケチャップ』とか……。あれに関してはマモちゃんじゃなく、成田凌ですが。成田凌が出ちゃってる。もちろん脚本にはないセリフだし、あんなことはモテる人にしか言えないでしょう?(笑)音楽を足したら意外と馴染んじゃいましたけど、最初に「追いケチャップ」を見た衝撃ったらなかった(笑)。追いケチャップ、流行るといいなぁ。」と、本シーンが監督や岸井ゆきのにも全く予告せず行われた、成田凌のアドリブの台詞だったことも明かしています。

終電がなくなれば当たり前のようにマモルの部屋に泊まり、マモルに誘われれば平日の朝からなんのためらいもなく動物園にいく。マモちゃんのためだけに存在するテルコの日常はこれから果たしてどうなるのか?予想もしない方向に走り始めるこの恋の行方を象徴するようなシーンとなっています。

映画‪『愛がなんだ』は、4/19(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー!‬詳細は、映画『愛がなんだ』公式サイトへ

☆作品情報☆

映画‪『愛がなんだ』‬

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉  脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る