歌舞伎町ルネッサンス「新宿スワン」ジャパンプレミアレッドカーペットセレモニーレポート!

0507_04_01

5月7日 映画「新宿スワン」のジャパンプレミアレッドカーペットセレモニーが物語の舞台、新宿歌舞伎町内TOHOシネマズ新宿で行われた。登壇者は、主演の綾野剛さん、山田孝之さん、沢尻エリカさん、伊勢谷友介さん、金子ノブアキさん、深水元基さん、山田優さん、豊原功補さんの8名の豪華出演者。そして、園子温監督、脚本家鈴木おさむさん、山本又一朗プロデューサー登壇した。

原作は、新宿・歌舞伎町を舞台に男たちの熾烈な争いを描いた和久井健さん原作の超人気漫画「新宿スワン」。単行本38巻、2013年に足かけ8年にわたる「週刊ヤングマガジン(講談社)」の連載が終了した後も根強い人気を誇るモンスターコミックを超豪華キャストによる完全実写化。

ストーリーは、新宿歌舞伎町に彷徨いついた金髪、天パー、一文無しの白鳥龍彦が、スカウトマンとして働きながら、様々な人に出会い、そして成長していく物語。周りのスカウトマン仲間たちが競争を繰り広げていく中で、龍彦1人だけがみんなと違うのは、彼は誰よりも純粋で、「自分がスカウトした人には必ず幸せになってほしい」という強い正義感を持っていた。映画では、龍彦を通じて、心の葛藤や、何が正しいことなのか、そして自分の存在とはいったい何か?正義とは何か?などを自分で自分に問いながら、傷つきながらも新しい自分に生まれ変わろうとしていく姿を描く。

プロデューサーは「クローズ ZERO」シリーズ、「ルパン三世」の山本又一朗さん、脚本は、人気放送作家鈴木おさむさん、監督には、コミック映画化には定評のある園子温監督。毎回異なるアプローチで映像化で取り組むことで知られているが、今回、「初めて脚本を自ら書かない」ことを選択。「今までの自分を全部捨て去って、新人、新しい監督となって挑んだ」園子温監督の新境地を切り開く作品となる。

当日の司会は、演劇番組、演劇コラムでご活躍中のアナウンサー中井美穂さん。
原作では、真虎(まこ)さんが好きだと語る中井アナ、映画のあらすじに続き、「歌舞伎町ルネッサンス」についての説明をおこなった。
0507_02

「かつて、ここ歌舞伎町は、スカウトマンも多く、夜の街で生計を立てている人々であふれていました。この新宿スワンは、そんな懐かしかったあの時代を少しだけフューチャーして、心温まる、青春群像劇を!という想いで作られた作品です。そして、今日の会場となりますセントラルロード。たくさんお集まりいただいておりますけれども、セントラルロードは、新宿区をはじめといたしまして、地元商店街振興組合、NPO、民間企業と共に官民一体で推進されております「歌舞伎町ルネッサンス」という取り組みによりまして、歌舞伎町を安全で、そして快適で歩きながら楽しむことができるという魅力にあふれた町に生まれ変わったばかりです。みなさん、この町を健全で新しく生まれ変わりました「エンターテインメントシティ歌舞伎町」を是非、ごゆっくりとお楽しみいただきたいと思います。」

ほどなくレッドカーペットにリムジンにて登壇キャストが、会場到着するや、沿道につめかけた2500名の大歓声に包まれた。
主演 綾野剛さん、沢尻エリカさんらが、観客への握手、サインに応じ、50Mのレッドカーペットは、歓喜の声が上がった。
0507_06

0507_01

フォトセッションのあと、登壇者代表 主演 綾野剛さんより挨拶。
0507_07
「本日、新宿にお集まりのみなさん。おつかれさまです。ありがとうございます。いよいよ第一歩を踏み出したなと思ってます。5月30日が公開ですが、その第一発目として、これだけの皆さんにお集まりいただき光栄です。短い時間ですが、よろしくお願いします。ありがとうございます。」

MCの中井さんの進行により、セレモニーは「歌舞伎町ルネッサンス」の紹介へと続いた。

「新宿スワンの完成、並びに本日のイベントをここ歌舞伎町セントラルロードで、安全に実施できる背景には、本日のイベントタイトルにもなっております「歌舞伎町ルネッサンス」への地元のみなさまによる長年に渡る取り組みがあげられます。本日は、映画「新宿スワン」と地元のみなさまとが一体となりまして新たに生まれ変わる新宿をしっかりと全国に発信していきたいと思っています。そこで「歌舞伎町ルネッサンス」を代表して、ゲストのみなさんにもお越しいただいております。」
0507_00
歌舞伎町商店街振興組合 理事長 片桐基次さん
歌舞伎町タウン・マネージメント 代表 新村雅彦さん
歌舞伎町商店街振興組合 副理事長 杉山元茂さん
新宿駅前商店街振興組合 理事長 蛭川和勇さん
新宿大通商店街振興組合 理事長 竹内勉さん
新宿東口商店街振興組合 理事長 安田眞一さん
一般社団法人 新宿観光振興協会 専務理事 古川哲也さん

「歌舞伎町ルネッサンス」を代表し、歌舞伎町商店街振興組合 理事長 片桐基次さんより挨拶。
0507_08
「本日、こんなに大勢の方々に歌舞伎町においでいただきまして、本当にありがとうございます。私ども新宿駅周辺、新宿東口商店街、新宿大通商店街、新宿駅前商店街ならびに歌舞伎町商店街振興組合画中心となって、この新宿をエンターテインメントな街にしようと、今、一生懸命がんばっているところです。新宿区、新宿警察も私どもの新宿に協力していただきまして、これからのレッドカーペット、イベントを多くやらせていただいて、ここ新宿にお越しいただくお客様に新宿を本当に楽しんでもらおうと、我々商店街の理事長をはじめがんばっております。新宿歌舞伎町のセントラルロードが新しく綺麗になりました。また、東宝ビルが出来上がりまして、東宝シネコンができました。多くのみなさんが安心して来ていただける街になりましたので、これからも是非、お運びいただきたいと思います。今日は、ありがとうございました。」

今回、映画「新宿スワン」が、歌舞伎町の安全、活性化に一役かえないかということで、街全体で取り組まれている「スカウト行為防止PRポスター」をオリジナルで200枚作成。その贈呈式が、主演 綾野剛さんより、歌舞伎町商店街振興組合 理事長片桐基次さんに行なわれた。

0507_03

そして、セレモニー最後は、園子温監督による挨拶で締めくくられた。
0507_05
「この度、新宿スワンジャパンプレミアをこうやって、新宿歌舞伎町でやれるということ、本当に感謝しています。新宿は本当、僕の青春の街であり、また、多くの芸術家、ミュージシャン、色々な表現者を育てた街でもあります。僕が青春時代、色んなことを新宿で過ごした色んな想い、残存がこの映画にはしっかり刻まれていると思います。是非、この映画「新宿スワン」を劇場でみなさん足を運んで観て下さい。よろしくお願いします。ありがとうございます。」

映画「新宿スワン」は、5月30日(土)より、全国300館以上の映画館で公開予定。

詳細は、公式サイトへ
http://shinjuku-swan.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る