ジェシー・アイゼンバーグ×クリステン・スチュワート出演 映画「エージェント・ウルトラ」 2016年1月23日全国 ロードショー

『ソーシャル・ネットワーク』『グランド・イリュージョン』のジェシー・アイゼンバーグと『トワイライト』シリーズ、『スノー・ホワイト』のクリステン・スチュワートが、鉄板の共演!で注目作、映画「エージェント・ウルトラ」が、2016年1月23日全国 ロードショー!

オリジナル脚本を手がけたのは、『クロニクル』で世界中の映画ファンを驚かせたマックス・ランディス。CIAが実際に行っていたとされる極秘マインドコントロール・プログラムを題材に、ダメ男のプロポーズ計画を織り交ぜた最高にキュートなラブ&アクションムービー。

マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)はバイト中にレジでスーパーヒーローのサルを主人公にした自作漫画を描きながら、のらりくらりと過ごすダメ男。一念発起で最高のプロポーズを演出しようと同棲中のガールフレンドのフィービー(クリステン・スチュワート)とのハワイ旅行を計画する。しかし直前にパニック発作を起こし、飛行機に乗ることさえできない。フィービーは、そんなマイクを責めることなく優しく見守っていた。
サブ4
ある日マイクは店番中に謎の暗号を告げられる。気が付くとスプーン1本で2人の暴漢を刺殺していた。
サブ3
マイクはCIAの極秘計画でトレーニングされた最強エージェントだったのだ!覚醒したマイクは、極秘計画の封印を目論むCIA幹部に命を狙われる。
サブ2
州を封鎖され、殺人マシーン化したエージェントたちが次々と襲いかかる―。
サブ1
ハッパ中毒のダメ男から、最強エージェントとして覚醒したマイク。
サブ5
人質に取られたフィービーを救い、見事プロポーズをキメる事が出来るのか?
_メイン

そのリアルなラブストーリと奇想天外な喜劇に、ジェシー・アイゼンバーグは、脚本を読んで即座に契約書にサイン。この役の為に、ほとんど彼とわからないほど自分を押し殺した演技監督のマックス・ランディスも絶賛。また、本格アクションは、『ミッション:インポッシブル』『オプリピオン』などの大ヒットアクション映画で「スタントコーディネイター」のロバート・アローン。ジェシー・アイゼンバーグのみならず、出演者全員に殺陣のトレーニングをさせ、全員がリアルに戦える準備を整え現場に臨んだ。ロバートの指南で、ジェシー・アイゼンバーグは、スタントのそのほとんどを自分でやってのけたという力作。本作で、ジェシー・アイゼンバーグの新たな一面が引き出されたアクションシーンはまさに圧巻。

映画「エージェント・ウルトラ」は、2016年1月23日(金)全国ロードショー
最新情報は、映画「エージェント・ウルトラ」公式サイトへ
agent-ultra.jp

American Ultra
監督:ニマ・ヌリザデ
脚本:マックス・ランディス
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート
ビル・プルマン、トファー・グレイス、ウォルトン・ゴギンズ、コニ―・ブリットン
2015年/アメリカ映画/上映時間96分/字幕翻訳:稲田 嵯裕里
配給:KADOKAWA
Photo Credit: Alan Markfield/© 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る