『貞子vs伽椰子』トロント国際映画祭ほか、国際映画祭上映決定!

6月18日に公開を迎えた、2大ホラーキャラクター、『リング』シリーズ・貞子と『呪怨』シリーズ・伽椰子が興行でも興収10億円という大ヒットを記録した『貞子vs伽椰子』がこの度、トロント国際映画祭に正式出品されることが決定した。

トロント国際映画祭は、ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に次ぐ来場者数を誇る北米最大の映画祭で、2003年に北野武監督『座頭市』が同映画祭最高賞である観客賞を受賞したことでも知られる。『貞子vs伽椰子』は、夜中11:59から始まることで有名な同映画祭の名物枠であるミッドナイト・マッドネス部門にて上映が決定しており、日本が世界に誇る今年唯一のジャパニーズホラー作品として、世界中から注目が集まる。

また、トロント国際映画祭のみならず、その他各国の国際映画祭でも続々と上映が決定!MOTELX リスボン国際ホラー映画祭(ポルトガル)、シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)、サン・セバスチャン ホラー&ファンタジー映画祭(スペイン)への正式出品もすでに決定!

ジャパニーズホラーとして呪いの形而上的な恐怖を描きながら、のちに貞子と伽椰子の迫力の物理戦を描き話題となった本作が、世界でどう評価され衝撃を与えるのか―。遂に世界へと羽ばたく『貞子vs伽椰子』の世界からの反響が期待される。

『貞子vs伽椰子』正式上映が決定している国際映画祭は、下記のとおり。(8月9日時点)

◎第41回トロント国際映画祭(カナダ/出品部門:ミッドナイト・マッドネス/開催期間:9月8日~18日)

◎第10回MOTELX リスボン国際ホラー映画祭(ポルトガル/出品部門:メインセクション/開催期間:9月6日~11日)

◎第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭

(スペイン/出品部門:ミッドナイトX-Treamセクション/開催期間10月7日~16日)

◎第27回サン・セバスチャン・ホラー&ファンタジー映画祭

(スペイン/出品部門:オフィシャルセクション/開催期間:10月29日~11月4日)

『貞子vs伽椰子』

世界中に呪いをまきちらした2大ホラーキャラクターが激突!ホラー史上最大の歴史的プロジェクト!!

『リング』の貞子と『呪怨』の伽椰子、20世紀から21世紀への変わり目に相次いで出現したホラーヒロイン。

恐怖レベルを別次元に押し上げ、その凄まじい怨念の衝撃が多くの映画ファンのトラウマとなり、共にシリーズ化、ハリウッド・リメイクも製作され、和製ホラーの最恐ブランドとして世界的に認知されているが、ホラー界の二大巨頭を同じ世界観の中に登場させ、まさかの接近遭遇と対決をクライマックスに据えた世紀のスーパープロジェクトがここに完成した!

偶然“呪いのビデオ”を入手したために貞子の標的となる有里を、山本美月。繊細な心を持つゆえに“呪いの家”の魔力に囚われ、伽椰子と俊雄の母子霊に脅かされていく鈴花役は、玉城ティナ。

また佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕といった多彩なキャストが脇を固め、安藤政信が“世紀の二大怨霊対決”のキーマンとなる型破りな霊能力者を怪演する。

監督、脚本を託されたのは、奇抜なまでに斬新な心霊&超常現象シーンを発明し、多くの熱狂的なファンを獲得してきた白石晃士。

待望のメジャー進出作となる本作では、『リング』『呪怨』の恐怖の原点に回帰しながら独自の感性を遺憾なく発揮し、観る者に空前絶後の恐怖を体感させる。

映画『貞子vs伽椰子』大ヒット上映中!

詳細は、映画『貞子vs伽椰子』公式サイトへ

映画『貞子vs伽椰子』

pos_nyu

出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里/甲本雅裕/安藤政信
監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA
©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る