超人気脚本・古沢良太が初の小説執筆!脚本:古沢良太×主演:野村萬斎 映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』原作「小説版 スキャナー」3月18日(金)発売!

image

『探偵はBARにいる』『リーガルハイ』『デート~恋とはどんなものかした~』等、数々の話題作を次々に生み出し続け、今や稀代のヒットメーカーとな人気脚本家・古沢良太。その彼が書き下した予測不能な異色の謎解きミステリー映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』が4月29日(祝・金)より全国ロードショー!

主演は、初めて“平成の男”に初挑戦する狂言師・野村萬斎。残留思念<物や場所に残った人間の記憶や感情など>を読むことができる特殊能力を持つがために、芸人になるものの、その能力のために人間嫌いとなった、超ネガティブ男・仙石和彦を熱演。かつてマイティーズとして仙石とお笑いコンビを組んでいた丸山竜司を演じるのは“雨上がり決死隊”の宮迫博之。さらに、関ジャニ∞でも活躍する安田章大、杉咲花、木村文乃等、様々なフィールドで活躍する唯一無二の個性を持ったキャスト陣が異色のコンビにさらに色づける。

本作の脚本を務める古沢良太が初めて小説を執筆し、描き下ろした「小説版 スキャナー」が映画公開に先立って3月18日(金)本日発売を迎えた。
image
本小説は古沢自身が執筆した脚本をもとに、映画では描き切れなかったキャラクターのバックボーンなどが加えられた内容となっています。小説を読んでから映画を観るのも、映画を見てから小説を読むのも、どちらでも楽しめる本作。ただし、衝撃の展開を迎える最後の結末は “ネタバレ厳禁!”にご注意!

「前から小説を書くことには挑戦してみたいと思っていて、この作品はオリジナルかつ、ミステリーなので、小説というかたちに向いていると思いました」と今回挑戦した理由を語った古沢。さらに「映画は俳優の演技や監督の演出でお客さんへ届けるが、小説は僕が書いたもの全てが直接届くことに魅力を感じました。面白さとプレッシャーがある中で、難しくて大変でしたね。今の自分としては“これが私の力です”という気持ちです」と全力を注いで完成させたと明かす。また、映画と小説それぞれの魅力について、「映画は魅力的な俳優さんたちが演じてくれているので、それを楽しんでいただきたいです。小説版は展開が少し違うこともあって、映画では描き切れなかったキャラクターのバックボーンや、シーンの間に足しているので、“実はこんなことがあったんだ”と補完して楽しんでもらえたらなと思います」と語る。

image
タイトル:『小説版 スキャナー 記憶のカケラをよむ男』
著者:古沢 良太
発売日:3月18日(金)
価格:本体500円+税(税込み540円)
出版:集英社文庫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る