今晩、夜10時スタート!遠藤憲一&渡部篤郎W主演 関西テレビ・フジテレビ系 ドラマ『お義父さんと呼ばせて』制作発表会見!

左より:中村倫也、新川優愛、蓮佛美沙子、遠藤憲一、渡部篤郎、和久井映見、中村アン

17日(日)都内にて、1月19日(火)本日、夜10時スタート(初回15回拡大)関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の第1回ドラマ試写後、制作発表会見が行われ、W主演の遠藤憲一&渡部篤郎、蓮佛美沙子、和久井映見、新川優愛、中村倫也、中村アンの7名が登壇した。

関連記事
1月19日(火)夜10時スタート 関西テレビ・フジテレビ系 ドラマ『お義父さんと呼ばせて』制作発表会見に、W主演 遠藤憲一&渡部篤郎、蓮佛美沙子、和久井映見、新川優愛、中村倫也、中村アン登壇!

PRE☆STAGEでは、引き続き、会見当日、舞台挨拶後おこなわれた登壇者7名によるトークセッションの様子をお届けします!

◆出演者セッショントーク

—まずは、ドラマ第一話、遠藤さん、渡辺さん、ドラマ冒頭すごい走ってますよね。

遠藤
「使うのは冒頭のシーンだけですからね。もうしょっと短い距離でもよかったと思ったんですけどね。」(会場笑)
「横浜の埠頭で撮ったのですが、「これ、距離なっげえぇなぁー」って、2人で四ラウンドぐらいしまして、僕はゼイゼイしましたね。」

渡部
「あのシーンの事、遠藤さん色んなところで喋ってるんですけどね。僕は、そんなに気になるような事はないんですよ。」(会場笑)

—渡部さん、あのシーンそんなに軽かったですか。

渡部
「軽いとか、軽くないとか・・・。仕事ですからね!」(会場笑)「でも、遠藤さん僕よりもたくさん走りましたからね。」

—遠藤さん、あのシーンも含め、第1話からドラマで色々やってかなり身体を張ってますよね。

遠藤
「第1話の後のシーンで、前張りも貼ってるですよ。久々だったもので、冗談で衣装さんに「手伝ってね!」って言って「えーっ!」って笑ってたんですけど、当日、本当に自分じゃできなくて、女性のスタッフさんに手伝ってもらいました。」(会場笑)「そこに渡部さんも現れて、「ここをこういう風に・・・えっ?毛剃らないの?」って話になって」(会場爆笑)「僕は、剃るんだってのに、ビックリして。」遠藤の率直な撮影エピソードの披露に、渡部は、目をそむけ下をうつむいた。

—渡部さん、第1話の雑誌の中で肉体美披露されていらっしゃいましたが、遠藤さんいかがでしたか?

渡部
「仕方ないです・・・。」(会場笑)「楽しかったですよ、とっても。うん!楽しかった!」(会場爆笑)

—第1話では、「愛している。結婚してくれ!」って、大勢の前で大声で叫ぶシーンがとても印象的でしたけれども、あのシーンは遠藤さんいかがでしたか?

遠藤
「「結婚して下さい!」って言うのがどうも恥ずかしくって、「これいけるかな?ドン引きされるんじゃないかな?」って思ったんですけど、どうですかみなさん、イケてます?」と遠慮気味にたずねる遠藤に会場から大きな拍手。

遠藤
「なんか、無理やり・・・」(会場笑)

—いえいえ、そんなことないですよ。

「とにかくね。あのシーンから吹っ切ったんで。もう、マジで「結婚して下さい!」ってキッチリ言っていこうと思います。」と第1話、山場のシーンの撮影当時の心境を振り返った。

—役の保と同じですね。

遠藤
「心配なのは、林さんの脚本ってオリジナルで何がどうなって行くかわからないので、最初のオープニングも「何であんな追っかけっこしているんですか?」って聞いたらわからないって言うんですよ。」(会場笑)「俺、最終的に蓋あけたら、俺、詐欺師か犯罪者になってるのが一番怖いよね。」(会場爆笑)

—蓮佛さん、ストレートなプロポーズを受けたあのシーンいかがでしたか?

蓮佛
「そうですね。あれも撮影始まって数日後とかで、以前、遠藤さんとは一度違う作品でご一緒させていただいてのですけれでもその時は、「俺じゃない!」って感じの怖い役だったんですが、今回は、彼氏って事で、最初は、距離感とかどうなのかなぁって思ってたのですが、単純に嬉しかったです。「結婚して下さい!」って初めて言われたんじゃないかと思うんですね。しかも、涙ぐまれていて、本当に真剣に走ってきて「みぃちゃん、結婚して下さい!」って言われた時に、なんて素敵なドラマなんだって思いました。私は恥ずかしさとかないですね。第1話とか一緒に手をつないでるところとか、美蘭としては、たまたま好きになった人が51歳の人だったっていうだけで、普通のカップルとして美蘭はいるので、全然恥ずかしくないですね。キュンキュンしていて可愛くて仕方ないですよ。」

—彼氏「保さん」と父「紀一郎さん」どっちがいいかなぁーって観ている女性も思うと思うのですが、出演者の女性陣のみなさんいかがですか?
ご自身の役と関係なく、和久井さんからよろしいでしょうか。

IMG_9988

和久井
「役は外してですよね。私個人としては、この先撮影が半分くらい残っている事を考えるとどちらとも言えないなぁ」(会場笑)

—もし、このドラマをご覧になっていたらどっちを応援したいですか?

和久井
「これは、どっちの言い分もわかるんで・・・。」(会場笑)

—それでは51歳、ないよなあーとおっしゃられていた中村さん聞いてみましょうか。

中村(ア)
「正直に言うと結婚したいのは、安心感のある保さんですかね。恋人で常にドキドキ、ワクワクしたいの紀一郎さんですね。保さんの大きな心でみぃちゃんを愛しているって言う大きな心に私は「いいなぁー」って思いますね。」

—新川さんどうですか?

IMG_0049

新川
「お父さんというより、お父さんに対するお母さんの接し方が好きで、女性が一歩引いて歩くようなその夫婦にあこがれますね。」

—おじ様好きを公言していらっしゃる蓮佛さんいかがですか?

蓮佛
「本音で言うと、1週間くらい前は断然、「保」だったんですよ。」

遠藤
「お疲れ様でした!」席を立つ遠藤に会場は爆笑。

IMG_0064

蓮佛
「違うんです!違うんです!」(会場笑)「本当に第1話をご覧いただいたらお分かりいただけると思いますが「保」は可愛いなと思うんですね。美蘭の方が断然年下なんですけど、お尻を叩くって感じで「ちゃんとしてよ!」みたいな場面があるんですね。そういう関係性が素敵で可愛いなって思ってたんですけど、ちょうど撮影が今、3話、4話と撮ってきますと、この脚本の中で誰が一番ヒートアップしてるかと言うと紀一郎さんなんですね。それはどんな手を使ってもこの二人を引き離そうと、色んな事を仕掛けて、それが本当「小学生?!」ってくらいくだらないことで張り合って、「いや、俺の方が勝ってるから」みたいなところが、1週間くらい前から、「あら、お父さん可愛い。」って思うようになって、今、揺れてる感じですね。」

遠藤
「お疲れ様でした!」と再び席を立つ遠藤。

蓮佛
「違うんですって!」(会場笑)「だから、最終回までに決めたいので仲良くやらせていただきたいなぁって。」

—ちょっとかっこ悪い姿とかにね。

蓮佛
「はい、キュンとします。」

—女性陣の話を聞きましたけど、中村さんご自身はこの保と紀一郎2人のキャラクターどう思われますか?

中村(倫)
「あぁ、よかった。」(会場笑)「今年一真面目に聞きました。芝居をしてる最中は、お父さん馬鹿だなって思いつつ、そんなお父さんを憎めないところもありつつ、保さんに関してはそこまで関心がない段階だったりするので、2人共、芝居をしている最中は面白いなと思ってやってますね。結婚するなら保さんですね。」(会場笑)「くだらない事で笑ってくれそうで、お父さんは怒りそうなので。笑ってくれる人がいいなって、僕は保派です。」(会場笑)

—遠藤さん、渡部さんとこれまでも共演されてきて、今回こういう役で共演されて、お互いの事、どう思われてますか?

遠藤
「渡部さんは、男の色気があるね。表情にしても立ち振る舞いにしても。これは持って生まれたものですのでね。俺にはまるでないところなんで、そういうのは凄いなって思いますね。今回、コメディーチックなところもあって、その両面が見れていいですよね。1話のラストのシーンとかもね。こうこうすれば良いのにって言うと、本当にやってましたからね。俺、途中から腹かかえって笑ってて、本当に面白いシーンです。」

IMG_0002

渡部
「お金貯めてますよね。最近。」(会場爆笑)

遠藤
「お金ないよ。おこづかい制。」

渡部
「本当色んなところ出てるから、ずーっと忙しいからね。」

遠藤
「なんで、金の話に。」(笑)

渡部
「ほら、奥さんニコニコしてるよ。」(会場笑)

—現場で、ここはこうして欲しいなぁーとか遠藤さんにありませんか?

渡部
「いやいや、こんなに長く一緒に居たことないから、本当に楽しいですよ。僕からしたら楽しくついて行ってる感じですよ。」

遠藤
「本当に全然タイプが違うんでね、良かったなって思って。本当、マイペースで面白いですよ。」

—NGとかみなさん大丈夫ですか?シリアスなシーンの後に必ず笑いがありますが大丈夫ですか?台詞のテンポが大事かなって思いますが。

中村(倫)
「NGにはなってないのですけど、お父さんと保さんとの2人の掛け合いをずっと見てる新川さんが、ずっと肩を揺らしている事はよくありますね。」

新川
「そうですね。笑わないようこらえてはいるのですが、本番だけいきなり違う事やったりされるので、肩が震えていて、こっちにカメラ向かないでって!こらえてます。」

◆記者からの質問

—遠藤さんと渡部さんに質問ですが、今回のドラマは、28歳年下の彼女との話になりますが、ご自身にとって28歳年下っていうのはありかなしかという事と、ありの場合どのように相手にアプローチされるのですか?

遠藤
「俺はありと思います。俺の女房は一歳上ですけれども、年の差があろうがなかろうが、最終的には、本人が持ってるキャラクターとかありますからね。だいたいダメな人間なんで、怒られてばっかりですからね。最終的にはそうなるんじゃないかと思いますけどね。アプローチは無理せず入っていくと思いますよ。でも、すぐに底の浅さがばれて、説教ばっかされてると思いますね。」(会場笑)「説教されるの結構好きなんですよね。強い女性というか、芯のある男っぽい女性好きなんですよね。サバサバした人好きなんで、最終的にはそういう人が好きなんだと思います。怒られてても悪い気がしないって感じですね。」

渡部
「あるとかないとか解らないですね。でも、そういうのを自分の中で決めていないと範囲が広がるでしょ?」(会場笑)「大人として、善と悪を考えるが普通の大人だと思うんですよ。」(会場爆笑)そりゃ恋愛としては自由ですよ。でも、そういうことは一応考えてはいますね。」

—では、ドラマの保さんは大人として全然ないなと。

渡部
「全然ないですよ!」(会場爆笑)

—このドラマを観て、同年代の40代、50代の方、俺も・・・と希望を持つ方もいるかもしれないですけど・・・その辺りはいかがでしょう。

渡部
「持ってもいいよ。希望はね。」(会場笑)

—持ってもいいけど、ちょっと冷静にということでしょうかね。

ドラマさながらの遠藤憲一&渡部篤郎W主演2人の息のあった掛け合いトークに、ドラマ試写を終えた会場は大いに盛り上がった。

PRE☆STAGEでは、引き続き、ドラマ『お義父さんと呼ばせて』制作発表会見後の囲み記者会見の様子を続報でお届けします!

ドラマの最新情報、詳細は、ドラマ『お義父さんと呼ばせて』公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る