映画『日本で一番悪い奴ら』主演の綾野剛が、演じる時代ごとに異なる“ワル顔”を披露した場面写真が一挙解禁!

nichiwaru_subsub2

6月25日(土)より全国公開、綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』の綾野剛の演じる時代ごとの場面画像が本日一挙解禁となった。

綾野が演じるのは、「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、あらゆる悪事に手を汚していく北海道警察の刑事・諸星要一。「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をベースにしたこの作品で、綾野は一人の男の26年間を演じきっている。

諸星を慕って集まった裏社会のスパイとして捜査に協力者するS(エス)には、中村獅童、YOUNG DAIS、お笑い芸人デニスの植野行雄らが扮しており、警察組織への忠誠を誓い、正義を貫こうとしたために間違った道を突き進んでいく刑事と、その刑事に魅了され仲間になったS(エス)たちとの狂喜と波乱に満ちた物語が描かれている。

今回、全6点の場面写真が一挙公開!解禁された場面写真では、諸星が裏社会に踏み込んでいくなかで、服装から顔つきまで“ワル”に染まっていく様が見比べられる。

諸星が、警察に入ったばかりで制服に身を包んだ初々しい警官姿のシーンや、 先輩刑事の村井(ピエール瀧)が不敵な笑みを浮かべながら、諸星に一流の刑事になるための鉄則を囁くシーン、
nichiwaru_subsub1nichiwaru_sub2
さらに、諸星と仲間のS(エス)たちが集まって拳銃に興じるシーン、
nichiwaru_mainnichiwaru_sub3
そして諸星が警視庁の銃器対策課であるライバルと取っ組み合いするシーンなど、
nichiwaru_sub1
諸星を演じる綾野剛が、演じる時代ごとに様々な表情を魅せている。

『グッドフェローズ』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などスコセッシが描くアウトローの一代記のごとき魅力をはなつ作品としても評価が高まってきている本作。本作で、アウトローな警察官を演じ、役者として新たな境地にたった綾野剛の最狂最愛の“ワル”キャラは必見!

映画『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日[土]全国ロードショー!
最新情報は、『日本で一番悪い奴ら』公式サイトへ

nichiwaru_posters
映画『日本で一番悪い奴ら』
出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)
配給: 日活
©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る