映画『日本で一番悪い奴ら』第15回ニューヨーク・アジア映画祭のオープニング作品に! 綾野剛、ライジング・スター賞の受賞が決定!

nichiwaru_morohoshi-1

<日本警察史上、最大の不祥事>といわれる驚愕の事件を題材に、一人の刑事の歪んだ正義が暴走するエンターテインメント『日本で一番悪い奴ら』。本作が、6月22日(現地日程)より開催される第15回ニューヨーク・アジア映画祭にて、インターナショナルプレミアとなるオープニング上映が決定!また、本作主演の綾野剛が、これからの世界的な活躍を期待する俳優に贈られるライジング・スター賞を受賞することが決定した。

実際の事件をベースにした本作で、綾野剛は「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、あらゆる悪事に手を汚していく北海道警察の刑事・諸星要一の26年間を演じきった。

ニューヨーク・アジア映画祭は、今年で開催15回目を迎え、リンカーン・センター映画協会と Subway Cinema が主催する北米有数のアジア映画祭。ライジング・スター賞は、日本人では過去に、『ミロクローゼ』の山田孝之(第10回、2011年開催)や、『モテキ』の長澤まさみ(第11回、2012年開催)、『私の男』の二階堂ふみ(第13回、2014年)、『さよなら歌舞伎町』『TOKYO TRIBE』の染谷将太(第14回、2015年)が同賞を受賞。今年で3年連続の受賞となる。ニューヨークのリンカーン・センターで行われるオープニング上映には白石和彌監督が、授賞式には綾野剛が参加予定。

ニューヨーク・アジア映画祭ディレクター/サミュエル・ジャミエール氏は、「白石和彌監督の『日本で一番悪い奴ら』で目の当たりにした綾野さんの妥協のない演技が、本年の「スクリーン・インターナショナル」のライジング・スター賞の授賞の決め手でした。綾野さんがこれまで演じてきたすべての役柄に、自制と無謀が共存した今作が加わることで、彼のキャリアが完成したといえます。組織的権力の中心にはびこる腐敗を妥協することなく描写した壮絶な主人公の半生は、深作欣二の『仁義なき戦い』のような往年の傑作を想起させます。このような生々しいエネルギーをスクリーンに呼び戻してくれる作品と俳優を発見できたことにワクワクする気持ちが止まりません。」コメントを寄せている。

映画『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日(土)より全国公開!!
詳細は、映画『日本で一番悪い奴ら』公式サイトへ

nichiwaru_posters

【STORY】
日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?
大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、“S”(“エス”=スパイ)をつくれ。」というものであった。村井に言われた通り裏社会の“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが――。

映画『日本で一番悪い奴ら』
監督:白石和彌  脚本:池上純哉  音楽:安川午朗
出演:綾野剛 ・ YOUNG DAIS 植野行雄(デニス) ピエール瀧
配給:東映・日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 企画協力:フラミンゴ
製作:『日本で一番悪い奴ら』製作委員会(日活 東映 木下グループ カルチュア・エンタテインメント ぴあ GYAO ポニーキャニオンエンタープライズ)
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る