映画『日本で一番悪い奴ら』刑務所でも是非上映を!出所後の元受刑者から白石監督へリクエスト!

4日、第一線で活躍する映画作家の声が聞ける人気イベント“Meet theFilmmaker”に映画監督・白石和彌が登場!そして白石和彌監督の長編作品のすべての劇中音楽を担当しており、今年の日本アカデミー賞で優秀音楽賞を受賞した安川午朗をゲストに、撮影エピソード満載でトークイベントを繰り広げた。モデレータは、轟夕起夫が務めた。

IMG_8822

2013年に公開され日本アカデミー賞優秀作品賞など国内の数々の賞を受賞した『凶悪』。「次の作品は?とよく聞かれていました」と、『凶悪』の評価を受けて、いまや数々の企画が持ち込まれるまでになった白石監督。『凶悪』の次に選んだのは、一人の刑事の歪んだ正義が暴走するエンターテインメント『日本で一番悪い奴ら』。

IMG_8684

「この企画は、脚本の池上さんがとある有名なスター俳優主演の企画を出さないといけない状況でたくさんプロットを出していた中の一つでした。さすがにそのスター俳優の企画には当てはまらず、そこでプロットを読んでほしいと言われたのが始まりでした。シリアスに見せるのは『凶悪』でやりきったので、次はエンターテインメント作品をやりたかったんです。よりエンターテインメントに寄せることを意識しました。

この作品は、ギャング映画にしたかったんですが、日本でギャング映画というとヤクザ映画。それはちょっと違うなと。このプロットを見て、警察を主人公にしたらギャングになるんだと気づきました。マーティン・スコセッシ監督作品でいうと『ウルフ・オブ・ストリート』よりも『カジノ』のほうが参考になりましたね」と本作の製作秘話を語る。

<日本警察史上、最大の不祥事>といわれる驚愕の事件を題材に描いた本作。原作「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」を執筆した稲葉圭昭氏に関しては、「人たらしで女性だったらコロッといくだろうなという色気がありました」と印象を語ると、「男っぽさと色っぽさがあったほうがいいなと思い、綾野くんに依頼しました」とキャスティングの経緯にまで及んだ。さらに、稲葉氏は「基本的には真面目で一生懸命で、根本的に優秀な人。マル暴で拳銃をあげようとしても、普通は五丁から十丁。拳銃を出すには企業努力が必要、お金が必要、それをやっていた。取引先がヤクザなだけで、どの組織も同じ」と本作が警察という組織内での話ではなく、社会的な構図が描かれていると語った。

IMG_8699
音楽に関しては、「稲葉さんご本人の写真を見せていただき、リアルに青春を謳歌していた。犯罪者の青春ムービーなんですよととキーワードをくれて、そこから音楽を作り始めたんです」と言うと、会場にでは、新人刑事時、諸星が悪に染まることに覚悟を決めて名刺を配りまくるシーンでかかる音楽が流れる。中近東とデジタル感が融合された独特の音楽に関して「中近東の音楽は、死生観がすごくある。死が裏側にあってそれを受け入れられる人たちにはそういう音楽があるのかなと」と言い、『凶悪』から死生観とデジタルを組み合わせた音楽を映像に乗せたことを明かした。撮影現場では笑いが絶えず、監督が一番笑っていて、監督が笑い過ぎて声が入ってしまってNGになったことも。

IMG_8971

役者も「悪い事を演じるのは、絶対的に楽しい」と言う。綾野の役作りの話になると、「おっさんの時期を演じる際には、『加齢臭がほしい』ってずっと言っていて、撮影前日は焼き肉を食べて、朝歯をみがかなかった」と暴露。「映画を見ると、そこが生きていると感じると思います。『歯垢がほしい』とずっと言っていましたから。すごいですよね、普通なら思いつかないです」と感嘆した様子で語った。

先月末まで刑務所入っていたという一般の方から「こういうジャンルの映画は刑務所内では見せないようにするんですが、僕は(半面教的な意味で)こういう作品をみせたほうがいいと思っています。監督からぜひ(刑務所)にプレゼンをお願いします」という声に、「この作品が刑務所にいる人たちによいか分かりませんが(笑)世の中がインモラルなものに蓋をして終了になっている。そうじゃなくて、必要なものは見せるべき。インモラルなもの、不道徳なものを観て、学んでいくことが必要。両方知ってどう判断させていくのが教育だと思います。プレゼンしてみます(笑)」と返した。

最後に、「テレビや映画が当たり障りのない表現が多くなっている。クリエイターは皆、振り切ったことをしたいんです。師匠(若松孝二監督)の言葉ですが、『観客にナイフをつきつけるような映画をつくらないといけない』と思っています」と意欲をたぎらせ、「映画ってまだまだ可能性があって広がりがあって、イマジネーションと野心があればまだまだメッセージを届けられるコンテンツだと思っています。頑張って日本映画を含めて社会を盛り上げて行ければと思います。この作品は単純に楽しめる映画になっていると思うので、ぜひ劇場で観てください」と熱く語りイベントは終了した。

映画『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日[土]全国ロードショー!
最新情報は、『日本で一番悪い奴ら』公式サイトへ

nichiwaru_posters
映画『日本で一番悪い奴ら』
出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)
配給: 日活
©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る