昨年の夏休みを席捲した興収52億『ミニオンズ』、興収95億『ジュラシック・ワールド』を上回る初日成績で大ヒットスタート!!

sub1

全世界で空前の大ヒットとなり、日本でもメガヒットを記録した映画『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ最新作『ペット』が8月11日(木・祝)に公開を迎え、全国348館、363スクリーンで封切られ、公開初日の観客動員数23万3,322人、興行収入2億9,524万円という驚異的な大ヒットスタートを切った。

これは昨年の夏休み興行を牽引し、興収52億円を記録した『ミニオンズ』、さらに興収95億円を突破した超大作『ジュラシック・ワールド』の初日成績をも凌ぐ数字を記録しており、配給の東宝東和は「興収50億円代も狙える成績」とコメント。

main (1)

※『ミニオンズ』全国330館、619スクリーン
2015年7月31日(金)日計:1億9,266万円(公開初日)
2015年8月 1日(土)日計:2億6,379万円(公開2日日)
2015年8月 2日(日)日計:2億8,220万円(公開3日目)

※『ジュラシック・ワールド』全国353館、767スクリーン
2015年8月 5日(水)日計: 2億94,89万円(公開初日)

本作は、「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語。

日本語吹替版キャストに、人気お笑い芸人のバナナマンの設楽統、日村勇紀をはじめ、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖さんといった豪華声優陣が集結した話題作。

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。そして公開5週目で3億2451万ドルを突破!7月から8月にかけて全米公開された夏の作品でトップの成績。さらに、スペインやベルギー、デンマークにドイツ、アルゼンチンなど、世界各国で公開されるや興行収入ランキングで1位を獲得。全世界興収もついに5億877万ドルを超え、2016年に公開された全作品において、興収ランキングベスト10に入る驚異的な数字を記録し、早くも続編の制作も決定。(8月12日時点、Box Office Mojo調べ)

PETS_NORMAN_CA_01PETS_TIBERIUS_CA_01

公開初日から劇場に足を運んだ人たちから、「『ペット』観てきた!めっちゃ笑った!!!」「うさぎのスノーボールが最高すぎ!キャラがよすぎよ😆」「ペット面白いよ!!おすすめ!」「これはDVD出たら買おう(笑)♪」といった満足度の高い声がSNSでもたくさん見られるほか、グッズ展開でもその人気は盛り上がりを見せ、トイザらスなどで販売が開始されている各キャラクターのぬいぐるみは、売り切れする店舗が続出。渋谷にて実施されたスタンプラリーでは早朝から多くのファンが列を作り、予定よりも大幅に早くスタンプ帳が配布終了になるなど、子供たちを中心に人気の高さがうかがわれる。

映画『ペット』は、大ヒット公開中!
最新情報は、各公式サイトへ

公式HP
公式facebook
公式twitter
 0331
◆声の出演:設楽統(バナナマン)、日村勇紀(バナナマン)、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴 ほか

◆日本版イメージソング:家入レオ「Brand New Tomorrow」(ビクターエンタテインメント)

◆製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

◆監督:クリス・ルノー、ヤロー・チェイニー

◆脚本:ブライアン・リンチ、シンコ・ポール、ケン・ドーリオ

◆原題:The Secret Life of Pets/全米公開7月8日

◆配給:東宝東和

◆(C) Universal Studios.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る