映画『海よりもまだ深く』 カンヌより凱旋!阿部寛、樹木希林、真木よう子登壇 初日舞台挨拶!

21日、東京・新宿ピカデリーにて、映画『海よりもまだ深く』の初日舞台挨拶が行なわれ、主演の阿部寛、樹木希林、真木よう子が登壇した。満席の会場に、阿部、真木、樹木が現れる中、まだカンヌにいるため、この場には来れなった是枝監督は等身大パネルで登場。カンヌ国際映画祭から帰国したばかりキャストたちはそれぞれに挨拶。是枝監督は、音声のみでメッセージを寄せた。

◆初日舞台挨拶

阿部寛
阿部さん
ようやく皆さんのお目にかかることができます。フランスでは良い評価をいただき、充実した日々を過ごせました

真木よう子
真木さん
この作品が大好きで、早く観てもらいたいと思っていったので、この日を迎えられたことを嬉しく思っています。

樹木希林
樹木さん
なんとかカンヌへ行って、ヨレヨレになりながら戻ってきました。

是枝監督(音声メッセージ)
637215461_IG_3937_A7A1AC926DADE374EF769620F5ABBC04
僕はまだカンヌに残っております。一足早く、阿部さん、真木さん、希林さんは帰られてしまいまして、ちょっと寂しい気持ちもいっぱいですけれども、皆さん帰られた後もたくさんの取材を受けたり、この映画を買ってくれた各国の配給会社の方にご挨拶をしたり、セールスマンとしての活動を続けております。日本の国内でも本当にたくさんの人にこの映画を届けたいと思って、スタッフ・キャスト一丸となって、いろんなキャンペーンを続けてきましたけれども、今日無事に公開を迎えられたということで、ここからまだ新たなスタートということで、本当に気に入っていただけたら2度3度劇場で見ていただければ本望です。僕もあと2日後には日本に戻って、また公開後のキャンペーンに奔走するつもりですので、応援宜しくお願いします。是枝でした。いい天気です、今日も。

◆セッショントーク

初のカンヌ参加となった阿部が、カンヌの印象について「街中が活気に溢れていました。天気も良く、3日間でしたけど、夢のような日々を過ごせました。たぶん一生忘れないと思います。」と感慨深けにコメント。2度目の参加となった真木は「前回『そして父になる』のときに行ったときは連日ドシャ降りだったので観光ができなかったんですが、今回は晴天に恵まれ、歴史ある街々を見られたので嬉しかったです。」同じく2度目の参加となった樹木は「バアさんよりも若いひとが経験しておくべき場所よね。」とそれぞれに振り返った。

カンヌでは、海と鶴の柄をあしらった振袖に真っ赤な鯉がデザインされた帯をしめていた姿が印象的だった樹木さん。
637215461_IG_3931_3849DCC0042B7DD3C35B255301ECC442
実はこの着物は、樹木の娘さんが結婚式のお色直しにきていた着物をリメイクしたものだといい、会場を驚かせた。

また、カンヌでの阿部の様子を尋ねられると「この風体がカンヌにピッタリなんですよ!団地よりもよく馴染んでいました。」と答えると会場からは笑いが起った。現地ではレッドカーペットを揃って歩き、公式上映も共に鑑賞したキャストたち。上映後の約7分間にもわたるスタンディングオベーションは話題となった。

「レッドカーペットは距離的にはあまりなかったんですけど、忘れられない経験をさせていただきました。あと、観客の方たちと一緒に上映を観れて、笑いどころが日本と変わらなかったりと、反応を直に知れて、とても面白かったです。スタンディングオベーションは本当に嬉しくて、僕はもっといたかったんですけど、樹木さんが早く行こうというので、仕方なく帰りました(笑)」(阿部)「レッドカーペットは前回歩いたときはまた違う雰囲気で楽しめました。スタンディングオベーションは、自分の予想をはるかに超えていた反応だったので、とても嬉しかったです」(真木)「私の知り合いの作品が、去年ブーイングが起きたらしくて、もし今日この場でブーイングが起きたら気絶しちゃうって思ってたの!だから舞台挨拶したときに、上映が終わったらすぐに逃げられるようにするってって言っていたんだけど、ああやってたくさん拍手がいただけて本当によかったと思います。カンヌは、出品したからって評価されているとは限らないと思ったわね。」(樹木)

夢見がちで、息子としても夫としてもダメダメな男を演じた阿部。演じての感想を尋ねられると「是枝監督作品で、こんなダメ男を演じてもいいものかと思ったけど、楽しんで演じられました。」といい役との共通点を尋ねられると、「自分もダメなときありましたから共感するところもありましたよ」と明かした。

そんな阿部さん演じる良多に厳しい現実をつきつけながらも、ちょっとした優しさもみせる響子を演じた真木は、演じる際に気を付けた点について「息子役の太陽くんと本当の親子にみえるよう遊んだりしました。」といい、樹木は「初号で観て、カンヌでもう一度観ましたけど、別れても夫やその母親も気にかけたりと、良い夫婦だと思ったわね。うちのケースに比べたら、全然大丈夫なのに!と思いましたけど。」と自身の家庭と比較し、会場の笑いを誘った。

また、是枝監督についての印象を尋ねられたキャストたちは、カンヌでの監督の人気についても含めそれぞれにコメント。

「本当に優しいです。カンヌで驚いたのはカンヌでとても人気があることです。歩いているとたくさんの人に握手を求められていました、」(阿部)「これだけの映画をつくる方なので、人が好きで人のことをよくみいている方なんだと思います。いつも温かな目を向けてくださるので心地よいです。」(真木)「カンヌで私たちの名前が呼ばれた後に、監督の名前が呼ばれると、わーっと歓声があがってすごいんです。監督が取材を受けているとき、海外の記者にいわれていたのが、毎回カンヌに来ているから間をあけて来た方がもっと盛り上がるんじゃないの?と言われていて面白かったですね。」(樹木)フォトセッションでは、『海よりもまだ深く』のときに”海”にちなみ、観客に海の一部になってもらうという演出も施され、「大ヒット!」という掛け声の基にヒットを祈願した。

最後に阿部から「是枝監督の描く作品は、家族の何気ない会話のやりとりとささやかなな日常を切り取った繊細作品なかりで他の映画にはないものがあります。多くの方に観ていただきたいと思っていますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします。と挨拶があり、イベントは終了した。

映画『海よりもまだ深く』は、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国公開中!
最新情報は、『海よりもまだ深く』公式サイトへ

海よりもまだ深く_ポスター

【ストーリー】
台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”
夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。

15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、
周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。

元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、
彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。
そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。

ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真吾は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。
こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――

『海よりもまだ深く』
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 (『海街diary』『そして父になる』)
主題歌:ハナレグミ「深呼吸」(Victor Entertainment / SPEEDSTAR RECORDS)
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
配給:ギャガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る