『バイオハザード:ザ・​ファイナル』シリーズ最高のオープニング成​績で初登場No.1

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の究極のアクション超大作シリーズ最終作 『バイオハザード:ザ・ファイナル』(ソニー・ピクチャーズ配給)が世界最速となる12月23日(金・祝)に日本公開を迎え、週末土日2日間で動員400,957人、 興行収入619,388,200円で初登場1位に輝いた。公開初日から3日間の累計成績は累計動員643,754人、累計興行収入978,155,900円となった。

興行収入は前週12月16日(金)に公開された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の週末3日間累計興行収入対比で106.3%と、大きく超えてのオープニング成績。シリーズ対比では、前作『バイオハザードV:リトリビューション』の週末3日間累計興行収入対比で111.7%、シリーズ最高興行収入47億円を上げた4作目『バイオハザードIV アフターライフ』の週末3日間累計興行収入対比で110%となり、本作『バイオハザード:ザ・ファイナル』は シリーズ最高の週末3日間オープニング成績。シリーズ最高の最終興行収入達成へ向けて特大ヒットスタートを切った。

映画 『バイオハザード:ザ・ファイナル』は、大ヒット上映中!
詳細は、映画 『バイオハザード:ザ・ファイナル』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る