17日より開幕!SEPT PRESENTS 「ZEST」 出演、峯田大夢、齊藤真生、後藤紗亜弥、竹田雄祐、今吉めぐみ、斎藤このむ、山本太陽、杉浦タカオ 稽古場インタビュー!【後編】

IMG_0940

月17日(金)より、東京・南青山Future SEVEN にて杉浦タカオ主催、SEPT presents「ZEST」が開幕!本作は、役者・歌手として活躍する杉浦タカオ自らが主催・企画・脚本を担当、音楽と芝居で綴るオムニバスストーリーを、ダンス、アクロバットで彩る総合エンターテイメントショー「SEPT」の最新作。

昨年末より「カラオケの鉄人」で、過去の公演で発表された劇中歌全12曲が絶賛配信中!また、配信後初の本公演では、プレミアムチケットは即日完売!さらに追加公演も完売の人気を誇る。PRE☆STAGEでは、今、勢いにのる SEPT PRESENTS 「ZEST」 の稽古場に潜入!出演キャストのみなさんにその喜びと見どころ、そして、杉浦タカオさん率いる「SEPT」の魅力についてお話をうかがいました!

関連記事:17日より開幕!SEPT PRESENTS 「ZEST」 出演、峯田大夢、齊藤真生、後藤紗亜弥、竹田雄祐、今吉めぐみ、斎藤このむ、山本太陽、杉浦タカオ 稽古場インタビュー!【前編】

インタビュー【後編】では、Ep.2「double」に出演、後藤紗亜弥さん、竹田雄祐さん、そして主催の杉浦タカオさんです。

■Ep.2「double」

真琴役

後藤紗亜弥(ごとうさあや)

隼人役
竹田雄祐(たけだゆうすけ)

杉浦タカオ:紗亜弥ちゃんに関しては、SEPT Vol.2からずっとダンスボーカルユニット「BLOOD LINE(ブラッド・ライン)」 で兄の後藤健流くんとアーティストとして参加してくれていて、Vol.5「クロックミュージアム」では兄妹でW主演を務めてもらいました。そして今回のZESTでは「後藤紗亜弥」として、初のSEPT単独主演出演になります!

竹田雄祐くんは「COLOR COLOR CLOWN」というバンドのマニュピュレーター共通の知人の紹介でオーディションに来てくれました。実はオーディション前に会う機会があってそこで話をさせてもらった時に「あれ、 この人なんでもできるぞ」と思いましたwそれからオーディションの時に既に効果音やら何やら作ってきてくれて「こういうのできますよ!」って提示してくれてみんなで一緒にやりたい!ってなりましたね。出演以外にも今回の「ZEST」の音響部分も一部やっていただいています。あ、紗亜弥ちゃんと竹田くんが出てくれる「double」 以外の曲もいくつか竹田くんがやることに なっているって噂を聞いた。(一同笑)

竹田雄祐:そうですね。(笑)

杉浦タカオ:このエピソードだけもう歌があるんですよ。 あんまり褒めるなって言われてるのですがこれがまた僕と作曲の「hoto-D」のなかで最高に良すぎてw できあがったものを仮歌で僕が歌って、それを1月の「SEPT Artist Collection」実際に紗亜弥ちゃんに歌ってもらったのですが、僕とhoto-Dの想像の域を越えていまして、「これが正解や!」って思いました。今回、 紗亜弥ちゃんが1人で主演をやってくれるって引き受けてくれたのも凄くうれしかったです。「double」は女性3人で、 マニュピュレーターあり、キーボードあり、三味線あり、 アクロバットありで、ここは、盛り盛りで楽しみなチームです!

後藤紗亜弥:私は今回、真琴という役を演じます。 真琴の中にもう1人の自分がいるという役で1人2役を今回演じま す。声や表情をそれぞれ変えて役を作っていこうと思っています。 そういうところを見ていただきたいのと自分が幼い頃からダンスを やっていますので、そのダンスを存分に出せて、 歌も歌えるのでそこが今回の私自身の見どころです!

—ご自宅でもついお兄さんと稽古しちゃいませんか?

後藤紗亜弥:ありますよ。 普段BLOOD LINEというユニットで兄と活動していますので、 スタジオが取れない時は、 リビングで姿身を見ながらやっています。親に怒られながら。(笑)音が出ますし、猫もかっているので自宅ではあまりできないのですね。(笑)兄とは身近過ぎて、たまに稽古がのんびりしてしまう時があるかもしれませんね。

—作品をわかってくれている方が身近にいると心強いですね。

後藤紗亜弥:そうですね。今回の「ZEST」への兄の出演は、 元々は決まっていなくて、急遽決まって凄く心強いです。そしてSEPT特別アーティスト枠の兄とはダンスバトルも披露しますので、楽しみにしていて下さい!今回、「 double」の中で、宮本親臣さんがアクロバットだったり、 マニュピュレーターの竹田雄祐さんもそうですが、 みんな技術を持った方がガッと集まっているからこのチームはかなりエンターテイメント感のある作品になると思います!

竹田雄祐:今回、Ep.2「double」 で「隼人」という役をやります。僕は、舞台がはじめてになります。

後藤紗亜弥:初めて感、全然ないですよ。

竹田雄祐:嘘ですよ。そんなのー(小声)(一同爆笑)

後藤紗亜弥:さっき本読みやった時に、 隼人と真琴ってこんな感じなんだろうなって二人の関係見えました! 演出家の山田英真さんに何て言われるかわからないけど。(笑)

竹田雄祐:ボロクソに言われるかもしれない・・・。(苦笑)

後藤紗亜弥:それ覚悟で!w

竹田雄祐:覚悟でね。それも含めて楽しみにしています! あと音楽面でEp.2「double」 以外でもちょこちょこ作らせていただいているので、 音楽も音も聞いていただければより楽しんでいただけるかなと思います。僕もそういうに作っていきたいと思っています。

—竹田さんは、 オーディションに作品を自ら作って臨まれたそうですが。

竹田雄祐:僕の意気込みとしてグイグイ行ってみようかなと思いまして。(笑)SEPTは、映像で前回の公演を拝見しまして、オーディションにパソコンも持参して「こういうことできるんですけど!」ってアピールさせていただきました。今回の「ZEST」に少しでもお役に立てたらと思ってます。

後藤紗亜弥:SEPTは、タカオさんが作詞・ 作曲ができる方なので、歌詞に凄いメッセージが込められていて、 それが脚本にもまっすぐ出ていて、 曲がったことがひとつも書いていなくて、 これが伝えたいんだなって凄くわかりやすくて、 めちゃくちゃ心にドカンとくる舞台です!

杉浦タカオ:「音楽はいつだって僕たちの心を突き動かす」をメッセージとして今回のSEPTの新シリーズとなる「ZEST」はライブハウスへと原点回帰をし、ライブハウスでしかできないより音楽と寄り添った物語になっています。心にストレートに届くような、そこにしかない「音色」を届けるために、全力で皆様に最高の「ステージ」をお届けいたしますのでぜひ、会場にて体感してみてください!お待ちしております!

SEPT PRESENTS 「ZEST」 は、南青山 Future SEVENにて、2017年3月17日(金)~20日(月・祝) の全7公演。
詳細は、SEPT公式サイトへ

IMG_0377IMG_0378

◇公演情報
SEPT PRESENTS 「ZEST」

▼公演日程
2017年3月17日(金)~20日(月・祝) 全7公演
17日(夜 19:00) Ep.1/2/3
18日(昼 13:00) Ep.1/2/4
18日(夜 18:00) Ep.1/3/4
19日(昼 13:00) Ep.2/3/4
19日(夜 18:00) Ep.1/2/3
20日(昼 13:00) Ep.1/3/4
20日(夜 18:00) Ep.1/2/4

▼会場
南青山 Future SEVEN
東京都港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F
Tel.03-6861-7777

▼キャスト
Ep.1「Bremen」
峯田大夢・齊藤真生
和地つかさ・塩原康孝・佐々木仁・谷川華子
Ep.2「double」
後藤紗亜弥・後藤健流(SEPT特別アーティスト出演)
山上綾加・竹田雄祐・相原えみり・宮本親臣・山中裕史・笹川大輔
Ep.3「repeat」
今吉めぐみ・斎藤このむ
陽田翔大・亀井理那・キラナ・渡部慎
Ep.4 「Tricyrtis」
山本太陽・杉浦タカオ
西條瑠美・大橋佳奈・中嶋優太 ・安部良治・浜崎正太郎

▼バンドキャスト
hoto-D・瀬戸圭介・長沼良

▼日替ゲスト
・3/17(金)
19:00 ウチクリ内倉
・3/18(土)
13:00 金馬貴之
18:00 金馬貴之
・3/19(日)
13:00 緑川睦
18:00 緑川睦&ウチクリ内倉
・3/20(月)
13:00 金馬貴之
18:00 金馬貴之

▼入場料
一般チケット4,000円(ドリンク別)
※一般チケットは会場にて当日精算(カード不可)になります。
※先行プレミアムチケット(前列確保・キャスト特典ブロマイド・ZEST特製オリジナルチケット付き)は完売致しました。

▼チケット取り扱い(CoRich)
http://stage.corich.jp/stage/80473/ticket_apply

▼スタッフ
主催・企画・脚本:杉浦タカオ
演出:山田英真
演出助手:浜崎正太郎
美術:斎藤このむ
映像:坂内友樹
撮影:たきもとななえ
音響:須藤健志(Future SEVEN)
照明:小川暁代(Future SEVEN)
ヘアメイク:伊﨑瑞穂(株式会社EXTENDED)
デザイン:tadasix
音楽:hoto-D
制作:株式会社アルケミーブラザース、倉田あいり、松永翔太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る