2015年再始動!劇団クロックガールズ 第11回公演 舞台「鈴木さんチ」 主宰 江頭美智留さんインタビュー

michiru01

「ごくせん」シリーズ、「1リットルの涙」、「ナースのお仕事」で脚本で知られる
脚本家・江頭美智留さん主宰、劇団クロックガールズ(http://croquegirls.wix.com/croque-web)が、
3月3日(火)~ 第11回公演 【鈴木さんチ】を中野・劇場MOMOにて上演。
再始動に向けての想いを、主宰江頭美智留さんに伺いました。

—2015年、劇団クロックガールズ 再始動への想いと今後へのビジョンをお聞かせいただけますか?

うちはみんなとても仲が良く、その空気が好きだと言って下さるファンの方も多いのですが、
作品を創る、役者として成長するという点では甘くなってしまう部分があり、少し仲間と離れて、
外で切磋琢磨しましょうということで1年、活動休止にしました。
その成果が問われる公演になるはずで、成果が見られなければ、今後の活動を私自身、考えることになると思います。
これはずっと言い続けていますが、趣味ではなく、食える劇団になることが目標です。
チケット代を頂いて公演を打っている以上、趣味ではないはずですから。
今回、多くの客演陣を迎えます。
かなりチケットを売る=ファンを持っている人たちが多いので、ヘタすれば、劇団の本公演でありながら、アウェイ感満載
になるかもしれません。むしろ、そうなってほしいです。その中で、いかにお客様をつかむ芝居が出来るか。
勝負の作品になると思います。

—鈴木さんチ を執筆のきっかけエピソードをお教えいただけますか?

これは、ネタバレになる可能性があるので、控えさせて頂きますが、実際にあった複数の事件がベースにあります。
それらの事件を知る度に、少しずつ大きくなっていった「家族」というものに対する疑問を描いてみました。

重いテーマを扱っていますが、基本はコメディです。
歌あり、ダンスありの肩の凝らないエンターテイメントを目指します。
いい役者も揃ってます!
ぜひ、ご観劇下さい。

劇団クロックガールズ第11回公演 「鈴木さんチ」は、
2015/03/03(火) ~ 2015/03/08(日) 中野・劇場MOMOにて上演。
詳細は、劇団クロックガールズ公式サイトへ
http://croquegirls.wix.com/croque-web

stage48522_1stage_reverse48522_1

劇団クロックガールズ第11回公演
「鈴木さんチ」

脚本:江頭美智留
演出:渕下バナナ

公演日時:2015/03/03(火) ~ 2015/03/08(日)
3月3日(火)19:15A
3月4日(水)19:15B
3月5日(木)15:15A 19:15B
3月6日(金)19:15A
3月7日(土)13:15B 17:15A
3月8日(日)12:15A 16:15B
各回、15分からの開演ですのでご注意下さい。
未就学児童のご入場は、ご遠慮申し上げております。

チケット:
前売  3500円
当日  4000円
初日割 3000円
平日マチネ 2500円
学割 2500円(専門学校OK・当日学生証をご提示下さい)

キャスト:
柿弘美、阿部みさと、坂本七秋、飯尾麻耶、如月ケイ、
谷更紗、葛西祥太、高橋乱、芹玲那、岡本ぽあ、
本間健大、大友恵理、島本裕美、嶋森丈明、塩田結以、
鶴田奈々、馬場結菜、山下菜央、長谷川歩、AMI(Chelsy)

スタッフ:
音楽    鶴田奈々
照明    池田圭子
音響    井上匠
舞台監督  鷲尾亮太
宣伝美術  阿部みさと
振付    小春(六本木香和)

あらすじ:
家族。
それは、空気のような存在。
それは、ふるさと。
それは、かけがえのない存在。
……なんて大嘘じゃね?

長女の結婚話をきっかけに久しぶりに集まった鈴木家の面々。
祝福ムード一色に包まれる中、ひょんなことから家族の秘密が次々と明るみに!

あなたは本当に家族を愛し、愛されていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る