映画『SING/シン​グ』長澤まさみ演じる、アッシュの恋人役・​ランスを熱演!演技力と共に高い歌唱力を持​つ声優谷山紀章の歌唱シーン&インタビュー​特別映像が到着!

日本も含め世界中で大ヒットし、ミニオン旋風を巻き起こした『ミニオンズ』、『ペット』と立て続けに大ヒット作を生み出しているユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画最新作『SING/シング』が、3月17日(金)より日本公開を迎える。

いよいよ来週の公開に先立ち、本作で、長澤まさみ演じるアッシュ(ヤマアラシ)の相方であるランス(ハリネズミ)を演じ、演技力だけでなく歌の評価も高い声優・谷山紀章の歌唱シーンとインタビューが収められた特別映像が到着!

演技力に加えて高い歌唱力を兼ね備え、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」や「黒子のバスケ」、「進撃の巨人」と数々の人気作に出演するほか、自身がボーカルとして所属する音楽ユニット“GRANRODEO”では、男性声優ながらに、歌手として武道館で初めての単独ライブを開催させた実績を持つ人気声優の谷山紀章。インタビュー内では、出演オファーを受けたときのことについて「海外のオリジナルキャストがすごく豪華で、制作している会社もすごいじゃないですか。(笑)そんな中、キャスティングされたのは素直に嬉しかったですね」と振り返り、また自身が演じるランスについては「ランスは浮気性ですね。頑張っているアッシュの足を引っ張るような感じになるけれど、結果的にそれがアッシュの飛躍にも繋がるのでいいサポートをしたなと。」と説明、また「だらしないところは似ているかもしれませんね。ただ、イイヤツだと思います!」と自身との共通点も明かした。本作で重要なポイントとなる歌唱シーンについては「キャラクターの声で歌うことは本職なので、違和感なくできたと思います。ランスが歌うのはパンクな曲なんですけど、普段歌わないタイプの曲なので楽しんで歌うことが出来ました」と自信をのぞかせる。最後には「子どもから大人まで老若男女楽しめる作品になっています。我々も日本語吹き替え版で(キャラクターに)魂を吹き込みましたので、是非吹き替え版も楽しんで頂きたいと思います。歌も最高です!」と音楽をはじめとした本作の魅力をしっかりとアピール!

映画『SING/シング』は、3月17日(金) 全国ロードショー!
詳細は、映画『SING/シング』公式サイトへ

映画『SING/シング』

監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、
     ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、
     ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット

吹替え版/演出:三間雅文 日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置 日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、
        山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
コピーライト:(C)Universal Studios.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る