英国紳士の超過激スパイアクション 『キングスマン:ゴールデン・サークル』全米&55カ国で初登場No.1の大ヒットスタート!

4億ドルを超えるメガヒットを記録した『キングスマン』の最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、9月22日(金)より全米4,003館で封切られ、週末興行収入3,900万ドル(約43.8億円 ※9月24日時点)を売り上げ、全米初登場No.1の大ヒットスタートを切った。

この数字は前作『キングスマン』の初週成績対比で約108%と上回る記録となり、よりド派手になったキレッキレのアクションや、イギリスを飛び出したキングスマンが遭遇する、豪華キャストによる超個性的な新キャラクター等、前作から常識破りのパワーアップを果たして帰ってきた超過激スパイアクションに、「さらにクレイジー!」「前作の高いハードルを越えた!」「ジュリアン・ムーアの悪役をはじめ、新たなキャストが素晴らしい!」などの声があがり、全米が熱狂中!また全米のみならず全世界で公開された本作は、インターナショナル興収6,120万ドル、55もの国と地域で首位を獲得、特にキングスマンの故郷・イギリスでは前作の2倍以上のオープニング興収を記録するなど絶好調!

日本での公開は、2018年1月5日(金)TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー!

詳細は、『キングスマン:ゴールデン・サークル』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る