黒鯛プロデュース 第15回公演 【黒鯛版】 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 星奈優里さん・和泉ちぬさん インタビュー!

10月18日(水)より、東京・池袋シアターグリーン Box in Box THEATERにて、黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 が上演。本作は、シェイクスピアの『恋の骨折り損』をモチーフに、女性アイドルグループ所属事務所を舞台に織り成す人情コメディー。

関連記事:演劇ユニット 黒鯛プロデュース 第15回公演 【黒鯛版】笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 PRE☆STAGE 特典付チケットご予約開始!

PRE☆STAGEでは、本作出演キャスト・スタッフへのインタビューを公演まで集中連載!その第6弾は、元宝塚歌劇団 星組トップ娘役 星奈優里さん、そして和泉ちぬさんです。

■星奈優里さん・和泉ちぬさんインタビュー

—和泉ちぬさんとの出会いは?

星奈優里さん:第4作『B列車で行こう!』(2004年)での出演になります。

宝塚を退団して、3年目でした。ちぬさんは、おかわりなく。

和泉ちぬさん:だいぶ変わってる。(笑)

星奈優里さん:ちょうどその頃、NHKドラマの『はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜』(2002年)でちぬさんと共演させていただきました。

和泉ちぬさん:あ、じゃぁ『はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜』の方が先ね。

星奈優里さん:撮影は別々のシーンが多くて、撮影現場でお会いするのは少なかったのですが、のみ会でちぬさんとお会いして、黒鯛プロデュースに誘っていただきました。前作では、出演者の方にミュージシャンの方もいらして、空間も面白いところでやったんですよ!

和泉ちぬさん:お台場の日航ホテル・マグレブね。

星奈優里さん:クラブでステージはあるのですが、ラウンジみたいになっていて、その客席間も使いながらのお芝居で、凄く面白かったんですよ。

和泉ちぬさん:ジャズの佐藤允彦さんが出演してーデヤァーってね。

星奈優里さん:そう!凄い大御所の方にご一緒していただいて。ライブもやってましたよね?

和泉ちぬさん:ジャズピアノの佐藤さんのスケジュールの兼ね合いもあって、真ん中の日にライブをやったんですね。それでジャズドラマーの市原康さんが、「やりたかったことがある!」って話になって、立ち上がったのが、『JAZZ TRIO』なんですよ。だから黒鯛は、TORIOの産みの親なんですよ。

星奈優里さん:市原さんは、ドラムのスティックは持ってきているのですが、ガンガンに演奏をしたりは劇中なかったんですね。だけどその市原さんのライブを観て、アーティストって本当、人ったらしというか女ったらしというか、これは惚れるわーと思いましたねースネアをシャー、シャーってやるのなんか、もう、本当カッコイイー!

和泉ちぬさん:懐かしいよね。

星奈優里さん:この間、今回の舞台の振り付けについて、遠藤さんに電話をしたら、「大丈夫です!大丈夫です!」って。その言葉を聞いて、あぁ懐かしいって思い出しましたね。(笑)あの十何年前の遠藤さんの「大丈夫です!」は凄く聞いた気がするって。音で思い出しましたね。

—通し稽古での星奈優里さんのダンスシーンがとてつもなくカッコよくて、宝塚歌劇団の舞台やショーで勝負されていた方の真髄だなと深く感銘を受けました。本作を楽しみにしていらっしゃるみなさんにメッセージをお願いします!

星奈優里さん:はい。今回の作品は、本当、観ていただいたら楽しんでいただける作品ですので、これは是非、生で観ていただきたいです。池袋へ是非是非いらして下さいませ。お待ちしております。

星奈優里さんのダンスシーンは必見!黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 『恋の骨折り損』は、10月18日(水)~22日(日)まで、全9公演。

詳細は、黒鯛プロデュース公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る