黒鯛プロデュース 第15回公演 【黒鯛版】 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 島崎裕気さんインタビュー!

10月18日(水)より、東京・池袋シアターグリーン Box in Box THEATERにて、黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 が上演。本作は、シェイクスピアの『恋の骨折り損』をモチーフに、女性アイドルグループ所属事務所を舞台に織り成す人情コメディー。

関連記事:演劇ユニット 黒鯛プロデュース 第15回公演 【黒鯛版】笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 PRE☆STAGE 特典付チケットご予約開始!

PRE☆STAGEでは、本作出演キャスト・スタッフへのインタビューを公演まで集中連載!その第7弾は、NHK-FM 青春アドベンチャー『風の向こうへ駆け抜けろ』ご出演、くろいぬパレード島崎裕気さんです。

■島崎裕気さんインタビュー

—和泉ちぬさんとの出会いはどのようなきっかけですか?

島崎裕気さん:私がくろいぬパレードという劇団に所属しておりまして、その劇団の公演を見に来ていただいて、初めてご挨拶させていただきまして、もう1人の劇団員 岩渕敏司と黒鯛プロデュース第6回公演、『異議ある夫婦~夫婦のことは他人にしかわからない』に出演させていただきました。

—参加されてみていかがでしたか?
島崎裕気さん:劇団ですと自分と近い年齢のメンバーと家族のお芝居をすることが多かったのですが、黒鯛プロデュースでは、ストーリーが同じ家族の話でも、夫婦や男と女の話であったり、家族の問題であったり幅広い年代の方とお芝居をすることができて良かったです。

—和泉ちぬさんのお芝居、黒鯛プロデュースのお芝居は、同じ女優としてご覧になっていかがでしたか?

島崎裕気さん:正面を向いて「ニカッ!」って笑ったり、勢いよく入ってくるシーンが本当に気持ち良くって、華やかってこういう事だなぁって思いますね。「あぁ、女優さんが来た!」っていう感じの。でも、お高くとまっているとかいうことではなくて、身近なのに、凄いパワーがあってキラキラしている女優さんですね。黒鯛プロデュースのお芝居の好いところは、主宰のちぬさん以外は毎回違う。そうなったことによって役柄に対するキャストが本当に絶妙なメンバーを集められるんですよ。そのおかげで、観ていても違和感がなく、芝居を観ている最中に「あれ、この人誰だっけ?」って関係性や役柄がわからなくなってしまうこともないんです。そのキャスティングの妙が、お芝居の観やすさにつながっていると思います。

—今回の作品で、最初に脚本を読まれた時のご自分の役の印象はいかがでしたか?

島崎裕気さん:面白い役をありがたいですね!(笑)とってもやり難いのある役です。

—本作のみどころはいかがでしょうか?

島崎裕気さん:実際にこういう事ってあったんじゃないかなって思うようなストーリーになっています。みなさん大人になって、職場や家族でもちょっとした思い違いやボタンの掛け違いで大騒ぎになってしまったり、実はみんなの事をずっーと思っていたという事がキチンと言葉にされていなかったり、そういう事が日々、大切なんだなって 改めて感じる事ができるお芝居なんでじゃないかと思います!

—それでは、舞台を楽しみにしていらっしゃるみなさんにメッセージをお願いします。

島崎裕気さん:男性も女性もどの年代の方がごらんになっても「なるほど!」、「あぁ、せつないなー」ってみなさん共感していただける舞台になっていると思います!少しでもみなさんに楽しんでいただけるように私達頑張っています!是非、劇場にお出かけになってお楽しみ下さい!

黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 『恋の骨折り損』は、10月18日(水)~22日(日)まで、全9公演。

詳細は、黒鯛プロデュース公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る