河瀨直美監督作品 映画『Vision』に岩田剛典、美波、森山未來、田中泯(特別出演)、夏木マリら出演決定!

初めて手がけた劇映画『萌の朱雀』を発表した1997年から約20年。世界中で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る俳優永瀬正敏をダブル主演に迎え制作する映画『Vision』。本作の新たなキャスト情報が解禁となった。

昨年5月、「第70回カンヌ国際映画祭」の公式ディナーで偶然にも河瀨監督と同席となった本作プロデューサーであるマリアン・スロットが河瀨監督にビノシュを引き合わせ二人は意気投合。ビノシュは河瀬監督の次回作出演に意欲を見せ、翌6月には制作が決定。河瀨監督はオリジナル脚本を執筆し、わずか3ヶ月あまりで世界各国の注目を集める河瀬直美監督最新作はスタートを切った。昨年9月の撮影開始から、夏パートの前半、秋パートの後半に分けて撮影を敢行。12月初旬に全編奈良でのオールロケ撮影は無事クランクアップを迎え、現在、編集作業中。映画の公開は2018年を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る