映画 「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」

メイン

永瀬正敏さん主演、映画「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」が、
2015年1月24日(土)新宿バルト9他全国公開!

映画「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」は、
台湾で昨年の2月に公開されると、台湾で興行収入10億円のメガヒット。

kano

台湾のアカデミー賞といわれる台湾金馬奨で、観客賞、国際映画批評家連盟賞 主要6部門ノミネート。
台北映画祭では、観客賞、助演男優賞を受賞するなど高い評価を受け、満を持しての日本公開。

物語は、1931年(昭和6年)、日本統治時代、台湾人と日本そして 台湾 原住民で構成された
「嘉義農林学校」弱小野球部 KANO(かのう)が、
名門・松山商業監督をつとめた近藤兵太郎氏の猛特訓により、
ついには、台湾代表として、夏の甲子園大会に出場。
決勝戦まで勝ち進んだ台湾球児の感動実話の映画化。

近藤兵太郎監督役には、永瀬正敏さん、妻役には、坂井真紀さん、
「嘉南大圳の父」、「烏山頭ダムの父」と呼ばれる八田與一役を大沢たかおさん。

嘉義ナインには、映画公開と共に、人気沸騰、ピッチャー呉明捷 役
ツァオ・ヨウニンさんをはじめを全員が5年以上の野球経験がある素人を起用。
プロデューサー、ウェイ・ダーション (魏徳聖)氏の
リアリティーを追及した選手キャスティングもみどころとなっている。

初日、1月24日(土)には、新宿バルト9にて、初日舞台挨拶も予定されている。
詳細は、映画 「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」公式サイトへ
http://www.kano1931.com

出演:永瀬正敏、坂井真紀、ツァオ・ヨウニン/大沢たかお
主題歌:「風になって~勇者的浪漫~」Rake、中孝介、
ファン・イーチェン、スミン、ルオ・メイリン(EPICレコードジャパン)
製作総指揮:ウェイ・ダーション
監督:マー・ジーシアン
脚本:ウェイ・ダーション チェン・チャウェイ
プロデューサー:ウェイ・ダーション ジミー・ファン
2014/台湾/185分/制作会社:果子電影有限公司(ARS Film Production)
配給:ショウゲート/宣伝:ヨアケ/(C)果子電影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る