映画『ライチ☆光クラブ』大阪・初日舞台挨拶で古川雄輝が、ライチの定例挨拶をまさかの封印! 中条あやみの故郷凱旋、舞台挨拶!

0227_litchi2

独創的な世界観と圧倒的な画力で支持される鬼才漫画家・古屋兎丸氏のロングセラーコミックを、気鋭の監督・内藤瑛亮が映画化『ライチ☆光クラブ』。本作は、2月13日より関東から先行公開をスタートし、興行通信社調べのミニシアターランキングで初週1位を獲得。王様のブランチ調べのミニシアターランキングでは、2週連続1位を獲得し、2月27日の全国拡大公開の初日を迎えた。

大阪・梅田ブルク7、ティ・ジョイ京都にて、ゼラ役の古川雄輝、カノン役の中条あやみが登壇する初日舞台挨拶を実施。最大キャパが完売した梅田ブルク7では、大阪でもファンの多い古川、大阪出身の中条が登場すると、歓声と拍手で大歓迎。古川は、ゼラのセリフによる定例の挨拶を待ち構えるファンを前に、「おはよう・・・・・・、ございます」と第一声。

ファンからのリクエストにも笑顔でスルーし、東京の舞台挨拶でも言い続けた「おはよう、廃墟の恋人たち」をまさかの封印!大阪出身の中条は、故郷での凱旋舞台挨拶ということもあって客席から「おかえり!」とたくさんの声援をうけ、さらに、古川に変わって「おはよう、廃墟の恋人たち」と挨拶。二人のツンデレなやりとりに、和やかなムードで初日舞台挨拶がおこなわれました。

◆舞台挨拶

古川雄輝:「先に木村了くんの舞台を観ていて、その後で原作を読みました。オーディションから1年後に出演が決まって、もう落ちたと思っていた頃だったので、ゼラ役にきまった時は驚きました。でも、いままでの自分のイメージを壊すような、狂気的な役を一度演じてみたいと思っていたので、思う存分やらせていただきました。脚本にはないことも監督に提案してやらせていただいてます。この映画を観た後に、僕の演じたゼラというキャラクターに嫌悪していただけたら、役者としては嬉しいですね。(中条さんの印象について)現場にいる男性キャストは、みんな中2っぽくて。 中条さんが一番大人だったと思います。」

中条あやみ:「(水槽に落とされる薔薇の処刑のシーンについて)スタントの方がいるものだと思っていたら、「よろしく」といわれました、笑。あのシーンの撮影は、NGがでると、服など乾かしたりして大変なので、1発OKをもらいました。撮影現場はとても寒くて、男の子たちとストーブの前で温まっていたら、ライチもストーブの前にやってきて一緒にあたたまっていて。かわいいなと思いました。ご覧になった方には、めっちゃよかったでと宣伝してほしいです。(古川さんの印象について)現場でもすごくゼラでした。徹底して役に入り込んでいて凄く勉強になりました。

映画「ライチ☆光クラブ」は、絶賛上映中!
最新情報は、映画「ライチ☆光クラブ」公式サイトへ

Litchi_poster_B1_OL.ai
出演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗
池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音
監督:内藤瑛亮
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮
原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)
配給・宣伝:日活
制作:マーブルフィルム
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る