脚本 岡本貴也 × 劇団メイカーズ 舞台「プロモーターズ~セカンドチャンス~」とんちゃんさん、今井康揮さん 千秋楽インタビュー!

2月2日(月)脚本 岡本貴也 × 劇場 スタジオアルタ 第1回公演「プロモーターズ!〜セカンドチャンス〜」千秋楽を迎えたとんちゃんさん、そして、そこに応援にかけつけていらした今井康揮さんにお話をうかがいました。
 
—とんちゃんさん、千秋楽おめでとうございます!
舞台「プロモーターズ~セカンドチャンス~」公演を振り返っていかがでしたか?

結構ハプニングの多い座組で、色々問題点もあったんですけれども、
役者さん達が私達パールを引き立てようとしてくれて、私達もスッキリ踊ることができました。

何より2日目に、私は、公演と公演の間に練習している時に、怪我をしてしまって、その日公演出られなくて、すごい悔しい想いをしたんですけれども、その怪我をしたからこそ、みんな一丸となって、その公演はうまく行ったんですね。

評判もよくて、うれしかった反面、悔しかった一面もあったんですけど、それから翌日、ステージに立てて、幸せだなぁーって。あらためて、いやぁー役者って面白いなぁ。素敵な仕事だなぁーって思いました。

—初のアイドル役「Pearl」だったと思うのですが、いかがでしたか?
いやー正直全然キャラじゃないんですよー!(爆笑)
アイドルらしくないんですよ。完全にオッサンなんですよ。男なんですよ~性格が。(とんちゃんさん、ここで、今井康揮さんをチラリ。今井さん、笑)パール自体も、カワイイー!!って感じでもなく、みんなふざけるのが大好きで、アイドルアイドルしてなくて、みんなそれぞれの個性を使ってできたかなって思います。

—今井さん、とんちゃんさんの舞台ごらんになっていかがでしたか?

まず圧巻だったのがオープニングアクト、パール5人組のフレッシュで、勢いのあるダンス。とにかくパワーが凄かった。グッと舞台に引き込まれましたね。途中にはセクシーなダンスシーンもあって、ちょっと普段みないような一面も見れましたね。すごい5人のダンスがしっかりしていたので、オープニングだけで、やっぱりひきつけられました。元気いっぱいのとんちゃんにぴったり役だなぁと。

岡本貴也さんの脚本も流石の一言。芸能界の裏事情を的確に描き、そこに振り回されるプロモーター。悲しくもあり可笑しくもあり、とても上質なお芝居でした。岡本さんのお芝居は「キスしてほしい!」で初めて拝見したのですが、今回も期待以上。ぜひ自分も岡本さんの作品に関わらせて頂きたいと思いました。

—とんちゃんさん、パールでは、歌ったり、しゃべったりして欲しいなぁーと思いつつ、最後まで、ミステリアスでしたね。

そうなんですよーー私たちしゃべんないんですけど、ダンスで表現して、オープニングは、オープニングで踊って、 途中で静かな曲、コンテンポラリーが入ったんですけど、あそこで、感情を表現したりしました。

私達、レコーディングスタジオのシーンで、芸能界の大人たちの事情に振り回されて、一切感情を出さない操り人形みたいだったんですけど、セラビィさんのお陰で色々仕事とか、営業とかいっぱい回ってくれて、やっと打ち解けてきたって時に、最後に連れて行かれちゃう。その時には、私達は、はじめて感情を開放できたんです。だから、声に出せなくても表情だけで、伝わるように意識してやりました。

—役作りとか難しかったんじゃないですか?

そうですね。本当、しゃべれないなのに、顔だけで、表情だけで表現するって言うのが、めちゃめちゃ難しかったですね。でも、セラビィさんの事を考えたら、素のままの表情出せましたね。役作り・・・ダイエットしたことぐらいですかね。(笑)髪の毛染めたくらいですね。

tonchan

—金髪、すごいお似合いですよね。変えてしまわれるのが惜しいぐらい似合ってますよね。

私も次にお芝居の兼ね合いがなければ、このままでいたいです。

—このお芝居を通して、ご自分に変化はありましたか?

メンタルがすごい強くなりました。お芝居って演技じゃなくて、自分の本当の感情が動いているなって、この現場で身を持って感じました。

しかも、アルタって言うところでできるってのも光栄だし、アルタビジョンで、自分の映像が流れたりしたんで、芸能人っぽいなぁって思ったり、良い体験をさせていただきました。両親も観にきてくれてよかったよと一言、言ってくれて喜んで帰ってくれました。次回の公演もまた、みなさん是非、観に来て下さい!よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る