杉浦タカオさん主宰 SEPT Vol.5 出演者インタビュー 第3弾 Story2 「gift」【主演 後藤 健流(BLOOD LINE)さん、後藤 紗亜弥(BLOOD LINE)さんコメント】&宮本 親臣(aa7)さん、noriさん、藤田 幸士さん、清水 斐子さん 単独インタビュー!!

IMG_6703

前列 左より:noriさん、清水 斐子さん 後列 左より:藤田 幸士さん、宮本 親臣(aa7)さん

11月20日(金)より南青山「Future SEVEN」にて開幕、杉浦タカオさん主宰、SEPT pleasant party night!!!! vol.5「クロックミュージアム~5つの音楽、5つの物語~」 の顔合わせが、去る19日(月)におこなわれました。

PRE☆STAGEでは、当日、 各ストーリーの出演者のみなさんに単独インタビューをさせていたきました。その様子をチーム毎にご紹介させていただきます!

その第3弾は、Story2 「gift」に出演のみなさんです。

SEPT pleasant party night!!!! vol.5「クロックミュージアム~5つの音楽、5つの物語~」
Story2 「gift」
出演:後藤 健流(BLOOD LINE)、後藤 紗亜弥(BLOOD LINE)
宮本 親臣(aa7)、nori、藤田 幸士、清水 斐子

主演の後藤 健流(BLOOD LINE)さん、後藤 紗亜弥(BLOOD LINE)さんは、当日スケジュールの兼ね合いで、後日、いただきましたメッセージをご紹介させていただきます!
st2
写真左より、後藤 健流(BLOOD LINE)さん、後藤 紗亜弥(BLOOD LINE)さん

◆後藤 健流(BLOOD LINE)さん、後藤 紗亜弥(BLOOD LINE)さんコメント

後藤健流さん
—役どころを教えていただけますか。
「ウィル」と言う役を演じます。彼は、、俺以上に素直じゃないね、きっと。けどかわいい奴です。

—脚本読まれた時の印象をお願いします。
うわ、兄妹で兄妹役だ。。。

—本公演ご出演にあたり、杉浦タカオさんへのメッセージをお願いします。
俺はタカオさんが大好きだしSEPTも大好きです。だから参加出来て本当に嬉しい。タカオさんありがとうございます。

ーーー観客の皆様へ本公演の見どころ、意気込み、メッセージをお願いします。
素晴らしいキャストの中、Story2の主役を担当さ せて頂けるので、期待を裏切らないよう全力で挑みます。とにかく、楽しみにしていてね。

後藤紗亜弥さん
—役どころを教えていただけますか。
私が演じるはエルとっても明るくて素直。でも少し天然さん。兄、ウィルにライバル心を抱いてバトルします!作品中のエルの天然っぷり炸裂なセリフやしぐさにも注目しててください。

—脚本読まれた時の印象をお願いします。
わー。兄とダンスバトル。どうしよう、と思いました。笑もし、本当に言葉という概念がない世界に居たら、私もダンスで表現するんだろうなぁと、共感しました。

—本公演ご出演にあたり、杉浦タカオさんへのメッセージをお願いします。
タカオさんが創り上げるSEPTの音楽は、いつも温かいメロディーが流れていて、大好きです。今回もメンバーの一員として、お客様にメッセー ジを届けられること、とっても幸せに感じています。

ーーー観客の皆様へ本公演の見どころ、意気込み、メッセージをお願いします。
5つのオムニバス作品。全てを楽しんで頂けたら嬉しいです。兄とW主演、ダンスと歌の力で観に来てくださったお客様の心に届く生のLIVEをお届けします。最後まで楽しんでいってください!(*^^*)

◆顔あわせインタビュー

—早速ですが、杉浦タカオさんの脚本を読まれた時の第一印象をお願いします。

宮本 親臣さん
「エロいよね。」(一同笑)

藤田 幸士さん
「個人指名ですか。」(笑)「 俺も一通り読んで残った印象は羽生はスケベだなと。ストーリーとしては素晴らしい作品です。」

宮本 親臣さん
「そうね。「あ、こう訴えるんだ」 って感じのところありましたね。」

—あんまりやったことがないキャラクターですか?

藤田 幸士さん
「ないですね。あ、あるわ。」(一同笑)
「脚本読んだ感想が、スケベかスケベじゃないだと、 タカオさんが「なんだよ」って思っちゃうかも」(一同笑)

宮本 親臣さん
「言葉がツールとして使えるって言うのが大きいですね。」

藤田 幸士さん
「そこがStory2 「gift」の一番大きな「言葉のない世界」」

清水 斐子さん
「一番の見どころですね。ダンスで表現する。」

—STORY自体は、 今までのSEPTの公演から続いているSTORYではなく、 まったくの新作ですか?

宮本 親臣さん
「そうですね。今までは、「芝居」の部分と「パフォーマンス」 二つの部分が分かれて、
SEPTであったんですけど、今回だけですね。「芝居」 って言うのは。」

—みなさんお芝居としてはやられるのは、 新境地で改めてお芝居としてやられるのは、 初めてという感じですか。

宮本 親臣さん
「そうですね。」

—役作りとしてはいかがでしたか?

藤田 幸士さん
「スケベの部分は持ってますからね。」(笑)「 そこの部分を引き出して、 後は将棋の知識を挟み込もうかなってのはありますね。 専門用語をちょっと入れようかなってのはあります。」

清水 斐子さん
「羽生さんが将棋なんですが、ユディは、 チェスなんでチェスの勉強をしているので、 ダンスがあると言うこと、身体が動かせるように、 ジムに通ってます。ダンスだけが心配です。」

noriさん
「私も台詞があると思ってなくて、あのSEPTは、 別モノだと思ってまして、「 ちょっと今回出ない?」って感じで、 自分の中でダンスのショーで出る感じで、「今回、 結構台詞あるから」って言われてて、「へっ?」 みたいな感じです。 なので役作りと言うより台詞ちゃんと覚えて行こうと思います。」

宮本 親臣さん
「演出家の原田さんがいるから大丈夫。」

noriさん
「頑張るとしか言えないんですけどね。」

宮本 親臣さん
「兄やん(杉浦タカオさん)が、その人に合わせて書いてくれます。 そのままでいいよって。ここ二人は役者でしょ? 俺は役者じゃないから。みんなは作り込んで、作り込んで。」(一同笑)

—タカオさんとの出会いのエピソードを教えていただけますか。

清水 斐子さん
「タカオさんと初めてお会いしたのは、 2年前の舞台が初めて共演した舞台で、またいつかお仕事がしたいと思っていて。ずっとSEPTも大好きだし、タカオさんのことも大好きだし、 今回共演できた事を光栄に思っています。 これからもどうぞよろしくお願いします。」

noriさん
「こうやってタカオさんと同じ土俵の空間にいさせてもらえることが ありがたいです。 私もほぼほぼ初体験に近いような事を経験させてもらうので感謝し ています。」

宮本 親臣さん
「俺は、舞台「Moonlight Rambler」でご一緒させていだいて、初めましてになって、 SEPTでずーっと一緒になって、 ぶっちゃけ皆さんと比べると付き合いは、短いんですね。 こんな性格を兄やんは知っていて、 俺を上手く動かしてくれたりして、本当に助かってます。 今回も台詞をカットしてもらったりして、 本当にみんなすいません。 僕にとって気さくにしゃべれる兄貴みたいな感じですね。 兄やん愛してるぜ!」

藤田 幸士さん
「僕も3年前に1回共演しまして、 そっからプライベートでも飲みに行ったりとかしてもらいまして、 SEPT自体も何回も観に行ってまして、 SEPTのみなさんとも顔見知りだったんですけど、 今回初出演と言うことで呼んでいただきました。 僕3人兄弟なんですけど、女、女、男の兄弟なんで、男兄弟ってのがいなくて、 タカオさんは、本当にお兄ちゃんな存在に思っています。 僕はタカオくんが好きです。」

—それでは、舞台を楽しみにされている観客のみなさんにメッセージお願いします。

藤田 幸士さん
「今回、「ダンス」もやることになるんですね。見せ場としては、 「ダンス」ですね。技術はないんですけど、 精一杯やらせていただきます。 僕ら役者二人のパートがちょっと多いですね。だからこの2つはダンス」と「お芝居」のシーンに着目していただきたいですね。」

宮本 親臣さん
「このSTORYは、「言の葉」「言葉」を大切にした話なのに、 見せれるところはダンスであったり、 芝居であったりするんですけど、でも、「言の葉」 をどれだけ大事にしたSTORYであるか、 そこを期待していただければと思います。色んな意味で見せれる「 STORY2」です。1~5のSTORYの中でもイロモノ、 他の舞台では見られない内容として楽しんでいただければと思います。」

noriさん
「題名が「gift」という名前がごとく、自分達のやってる「 言葉」と「ダンス」が、「gift」 になってるのが嬉しいなって台本を読んで思います。是非、 皆様への「gift」を楽しみにいらしてください。」

清水 斐子さん
「このタイトルにもあるように「gift」贈り物、 それぞれのキャラクターが誰かへの贈り物の気持ちを持っていて、 それを贈るって物語になっているので、 そういうところを観ていただけたらなと思います。」

—Story2 のみなさん、ありがとうございました!

杉浦タカオさん主宰、SEPT pleasant party night!!!! vol.5「クロックミュージアム~5つの音楽、5つの物語~」 は、
2015年11月20日(金)~23日(月・祝)4日間全7公演

詳細は、SEPT公式サイトへ
【公式HP】http://sept-ppn.com

チラシ画像_表面チラシ画像_裏面

【公演タイトル】
SEPT pleasant party night!!!! vol.5「クロックミュージアム~5つの音楽、5つの物語~」
【公演日程】
2015年11月20日(金)~23日(月・祝)4日間全7公演
【タイムスケジュール】
※()内はStoryの番号(オムニバス作品の為、 公演内容が変わります)
20日(金)19:00(st1 st2 st4)
21日(土)13:00(st1 st3 st4)/18:00(st1 st2 st3)
22日(日)13:00(st1 st2 st3)/18:00(st2 st3 st4)
23日(月・祝)12:00(st2 st3 st4)/17:00(st1 st4 st5)
※受付開始は開演1時間前/開場は開演30分前
【会場】
南青山「Future SEVEN」
(東京都港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F)

【ストーリー/キャスト】
Story1 「ちっぽけなラブソング」
斎藤 このむ(激団リジョロ)
西條 瑠美
雪原 千歳
増山 祥太
流 コウキ
Story2 「gift」
後藤 健流(BLOOD LINE)
後藤 紗亜弥(BLOOD LINE)
宮本 親臣(aa7)
nori
藤田 幸士
清水 斐子
Story3 「いつかまた、どこかで。」
梶 礼美菜
原 義幸
Foxy
高島 洋樹(aa7)
貴峰 康之
Story4 「holly hock」
吉岡 毅志
木村 桜
新宮 明日香
山田 英真
浜崎 正太郎
Story5 「ミッドナイトステージ」
ウチクリ内倉
加藤 ルイ
川田 祐
金馬 貴之
緑川 睦
【ゲスト】
杉浦タカオ(Ex.Bold)
杉浦太陽(Ex.Bold)
【チケット情報】
■前売りチケット先行販売:2015年9月20日(日)12: 00~
¥3,800(ドリンク代別途¥500)
先行購入者特典》対象期間9月20日(日)~10月24日( 土)
特典内容:優先入場権+会場限定アイテム(非売品) が当たる抽選券
https://www.quartet-online. net/ticket/septppn5?o=b00000h
■一般販売:2015年10月25日(日)0:00~
¥3,800(ドリンク代別途¥500)
https://www.quartet-online. net/ticket/septppn5
■当日券
¥4,300(ドリンク代別途¥500)
【スタッフ】
主宰・脚本:杉浦タカオ
演出:原田光規
演出助手:山田英真
音響:須藤健志(Future SEVEN)
照明:小川暁代(Future SEVEN)
デザイン:tadasix
スチール:Foxy
音楽:hoto-D
制作:倉田あいり
制作協力:Zett Stage Planning
【協力】(50音順)
株式会社アース・シー・スカイ/株式会社アリー・ エンターテイメント/aa7/激団リジョロ/(株) スカイコーポレーション/株式会社ゼロステーション/ ツラヌキ怪賊団/花まんまじゃが/株式会社フェイス/ ホリプロコム
【協賛】(50音順)
株式会社セラ・ルージュ/ 株式会社農業生産法人ホワイトファーム熊本四季農園/Honda Cars灘崎
【公式HP】http://sept-ppn.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る